2019年5月10日 更新

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。

gettyimages (37756)

2019.5.10
その際たる都市が首都のデリーです。多民族な側面だけでなく、アジアを代表する大都市として「IT産業」を中心に急成長を遂げる側面を持ちながら、少し車を走らせれば、牛やバッファローが闊歩しているという様子まで…。世界的に見ても、ここまで様々な“色”が混沌しエネルギッシュな魅力が詰まっている都市は珍しいでしょう。
そんなデリーでいつか暮らしてみたいと思った人のために、実際に生活する際に掛かる生活費などを紹介します。1カ月あたりどのくらいのお金が必要なのか? 日本の暮らしとどんな点が異なるのか? 今後の人生設計の参考にしてみて下さい。
(※ 記事では、1ルピー(INR)=1.6円として計算しています)
(※ 2019年5月時のレート)

食料品は格安

gettyimages (37758)

物価指数の各種データでは、インドは世界でもトップクラスに物価が安いと発表されています。都市部では物価が高くなりつつありますが、東京や大阪と比べるとまだまだ安いと言えます。
食料品の物価に関してですが、例えば…ミネラルウォーター1ℓは約20ルピー(32円)、カップヌードル1つは約15ルピー(24円)が相場です。
野菜や果物に関しては…ジャガイモ1kgは約25ルピー(40円)、たまねぎ1kgは約40ルピー(64円)、マンゴー1kgは約50ルピー(80円)が相場です。
そして、インドの国民食・カレーですが…庶民向け食堂での外食(ミールスという定食が一般的)は1食50ルピー(80円)もあれば十分食べることができます。ただし、衛生面のチェックは忘れないようにしましょう。
ある程度敷居の高い中級以上 のレストランとなると、1食300ルピー(480円)からが相場となります。よほどの高級レストランにいかない限り、日本よりも高くつくことは少ないといえるでしょう。
一方で、宗教的に食べる人が少ない牛肉・豚肉などは、販売場所が限られている上に、非常に高価です。トイレットペーパーやティッシュペーパーの紙類も、日本と比べて割高な傾向にあります。
その他、寿司やパスタなど、インドの文化・習慣にないものは基本的に高くつくと考えておいて下さい。
とはいえ、週の食事の7割程度を自炊にすれば、食費・日用品・その他諸経費を合わせても約1万5,000ルピー(2万4,000円)あれば生活ができると計算できます。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。
「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

スウェーデンは、ノルウェーとフィンランドの中間に位置する北欧の国です。スタイリッシュな雑貨や衣類などでも知られており、「IKEA」や「H&M」などもスウェーデン発祥のブランドです。
「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

ブラジルは、日本のほぼ反対側、約17,000km離れた場所に位置する南米の国です。 サッカーの国…などといったイメージが先行しがちですが、その人口は日本よりも多い約2億人で、世界5位。豊富な労働力と資源を持ち、現在はBRICS(Brazil、Russia、India、China、South Africa)の1つに数えられるなど、経済大国として注目を浴びています。
「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

「いつかは住みたい」クロアチアでの生活費

近年、日本でも人気急上昇の旅先となっているのがクロアチアです。アドリア海に面するバルカン半島に位置しており、その美しい自然と中世の街並みが調和した景観は、ヨーロッパ随一とも。特にドブロブニクは“アドリア海の真珠”とも称され、映画「紅の豚」のモデルになった街としても有名です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部