2018年10月9日 更新

田舎に住みたい人におすすめ!ケース別移住サポート3選

田舎暮らしと言えばスローライフやシンプルライフ。都会とは違った自然の中での暮らしは非常に魅力的です。 現在、田舎に移住するためのサポートが多数あるのをご存知ですか。 3つのケース別に、移住に役立つサポートやサービスをご紹介します。

gettyimages (18478)

2018.7.28

「週末だけ田舎で過ごしたい」人へ

©ヒューマンアカデミーライフスタイルクラブ

「多拠点ライフ」で週末だけ田舎暮らしを体験できるサポート

里山に学ぶ。大人のための「多拠点ライフ」in山梨県塩山
多拠点ライフとは週末や夏休みなど期間限定で移住し、現在の住まいや仕事を変えること無く、田舎に住む生活スタイルのことです。
山梨県甲州市塩山では月に一度、多拠点ライフを気軽に体験できるフィールドワークを行っています。手しごとや料理、有機農場づくりといった毎月違うテーマで、里山の魅力に触れる田舎暮らしを体験し、自分なりの「多拠点ライフ」を発見することができます。

「田舎に拠点を移して暮らしたい」人へ

各自治体によって、田舎暮らしを叶えるための様々なサポートを行っています。その例をご紹介します。

©長崎県五島市

移住先の仕事や起業について相談できるサポート

「帰ってこんかな」移住・就職相談フェアin五島市ではお盆の期間を利用して、移住だけでなく、就職について相談できる移住相談会が開かれています。
求職者や学生を対象として、就職説明会から面談までできるブースを設置しています。
その他、五島市ではUターン・Iターンで移住、就職、起業を考えている人に対し旅費や宿泊費の一部を助成する支援があります。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

話題のHIIT「タバタ式トレーニング」の効果とやり方を徹底解説

話題のHIIT「タバタ式トレーニング」の効果とやり方を徹底解説

「ジムに通いたいけどなかなか時間がとれない」このような人には、自宅ででき、さらに短時間で高いダイエット効果が期待できるHIIT(高強度インターバルトレーニング)がおすすめです。そこで今回は、 HIITの効果ややり方について解説していきます。
出世する女性の特徴は?ヘッドハンターが選ぶ年代別の条件

出世する女性の特徴は?ヘッドハンターが選ぶ年代別の条件

20代から40代。女性は、キャリアを開始し場合によっては結婚や出産も経験する人生の正念場です。男女同権とはいえ、事情によりキャリアが中断することも少なくありません。欧州のヘッドハンターのプロが、女性たちに求める資質を年代別に語っています。
オリパラ登用の「分身ロボット」にみる人間とロボットの未来

オリパラ登用の「分身ロボット」にみる人間とロボットの未来

日本の最新AIロボットは知能に加えて生活をサポートできる「体」を持ったものが増えています。2019年に実証実験が始まったAIロボットや東京オリパラで活躍予定のロボット、重度障がい者の働きがいにつながる「分身ロボットカフェ」に注目が集まっています。
堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

堀江貴文×西野亮廣の痛烈アドバイス!「バカと付き合うな」

実業家・堀江貴文氏と芸人・西野亮廣氏の共著『バカと付き合うな』。2人とも日頃からいろんな発言が議論を呼び、もはや日本の炎上ツートップなのでは? と個人的に思っているのですが、彼らの炎上発言の特徴は「必ず賛否両論になる」こと。突飛なことを言い過ぎても興味を持たれないし、ただ悪口を言ったのでは叩かれるだけ。その炎上商法はいずれ通用しなくなるでしょう。
廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

全国でいま年間約500校のペースで「廃校」が生まれています。それを利用し、起業家やスタートアップ企業にシェアオフィスを格安で貸す施設が増えています。その最大のメリットは月々1万円台から安く借りられ、起業の初期費用を抑えられることでしょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部