2018年8月6日 更新

ミニマムマネー思考が自由で幸せな人生へ導いてくれる

いま、恋をしていて、あなたが目指す恋のかたちが、お互いに成長しながら信頼関係を築き、生涯をともにできるパートナーにまでなることなのであれば、「金銭感覚の相性」を見極めてみましょう。「金銭感覚」はどこに表れるかといえば、それはその人の「お金の使い方」です。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[最終回]

gettyimages (19016)

2018.8.6

毎月いくら稼げたら、満足できますか?

gettyimages (19011)

人が成長するために、欲はプラスに働きます。「もっと素敵な暮らしがしたい」「もっと仕事で活躍したい」「もっといい出会いに恵まれたい」――この「もっと」を求める気持ちがあるから、私たちは成長できます。
でも、お金に関しては、「もっと」を上手にコントロールできる作法を身につけることが、私たちが心地よく生きるための大事なコツになります。
例えば月収20万円の人が「あなたは月にいくら稼いだら満足できますか?」と聞かれた時に「30万円くらいです」と答えたとします。もし本当に月収30万円稼げるようになったとき、同じ質問を受けたらどうでしょうか? きっと「今の収入で満足です」と答えるのではなく、もっと大きな金額を答えるでしょう。誰だってお金があれば安心できますし、もらえるならば100万円より1000万円、1000万円より1億円のほうがいいに決まってます。
わたしたちの「満足できるお金の額」にはきりがないのです。

ミニマムマネーを知るというお金の作法

gettyimages (19042)

では、どうしたら満足できるのでしょうか? がむしゃらに働くこと? それとも収入を増やす手段を見つけることでしょうか?
その答えは、「ミニマムな暮らしの金額を知っておく」という作法を身に着けること。
日々の自分の暮らしを振り返って、「最低限、これだけあれば十分に暮らしていけるお金」
つまり、ミニマムマネーを把握しましょう。
際限のないお金の欲は一旦、横に置いておいて、まずは自分が満足できる日常の生活に目を向けます。ここでポイントになるのは「いくら貯金があれば安心できるか」というストックで考えるのではなく、「毎月の収入がいくらあれば暮らしていけるか」というフローで考えるということです。私たちの生活は日々の支出の積み重ねで成り立つものですので、収支のバランスでミニマムマネーを算出する考え方が、実際の生活に即すものになるからです。
34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人生のパートナーに巡り会えるお金の作法

人生のパートナーに巡り会えるお金の作法

いま、恋をしていて、あなたが目指す恋のかたちが、お互いに成長しながら信頼関係を築き、生涯をともにできるパートナーにまでなることなのであれば、「金銭感覚の相性」を見極めてみましょう。「金銭感覚」はどこに表れるかといえば、それはその人の「お金の使い方」です。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第12回]
美しさが手に入るマネーセンスの磨き方

美しさが手に入るマネーセンスの磨き方

──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第9回]
こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

こころとお金に“ゆとり”が生まれる1分+5分のプチ習慣

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第8回]
今年こそ人生を変えたい人のための、バッグの中身の整理法

今年こそ人生を変えたい人のための、バッグの中身の整理法

新しい年の到来は、誰にとっても気持ちが改まるもの。「今年は、こんな1年にしたい」「今年こそ、こういう自分に成長したい」と、声を大にして言わないまでも、心の中で自分なりの目標を掲げた人は多いはず。実は、そんな想いを実現に導くために年始にやっておきたい意外な“あること”があるんです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第7回]

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

大竹のり子 大竹のり子