2019年1月24日 更新

英国の救世主マーガレット・サッチャー 鉄の女の信念と行動力

「鉄の女」こと元英国首相マーガレット・サッチャー女史が、その強固な信念を持って英国の経済社会の低迷を救った偉業は計り知れませんが、その陰では常に「戦い」を強いられ忍耐の道でもありました。彼女が残した名言を紐解きながら、彼女の鉄と茨の生涯を辿っていきましょう。

gettyimages (29292)

2019.1.24

人間として必要なことは全て父から学んだ

gettyimages (29295)

1925年、イングランド東部のリンカンシャー・グランサムで食糧雑貨商を営む家に生まれたマーガレット・サッチャー(旧姓ロバーツ)は、地元の名士でもあり市長を務めた父アルフレッドの影響を強く受けました。時間や規律を守って規則正しい生活を守るメソジスト派の宗教に熱心だった父親の影響で、「質素倹約」「自己責任・自助努力」の精神の精神は彼女の成長過程で培われ、後の政治指針の中で活かされることになるのです。
読書家であった父親の影響で読書にふけり、10代で「デイリー・テレグラフ」紙や「タイムズ」紙を読み、父親と政治や社会問題について議論を重ねるといった習慣が、彼女を政治の世界へと関心を抱くきっかけになったと自身も語っています。
思春期に父親から言われた言葉、「他の人がやるからというだけの理由で、何かをやってはいけない」という教えは、彼女が政治家になった後も、閣僚や官僚が前例を重視する慣例的な主張に対して同様の言葉で「多数に追随するな。自分自身で決断せよ。」と反論しています。

リーダーは好かれなくてもよい。しかし、尊敬されなくてはならない。

gettyimages (29286)

名門オックスフォード大学に進んだサッチャーは、化学を専攻するも大学の保守党協会に入会し、政治に関心を持つ同士で議論を交わして雄弁術も身につけ、選挙集会で演説を行ったり、学生最後には保守党協会の代表を務めるまでになりました。この頃、フリードリヒ・ハイエクの経済学にも傾倒しており、この時培われた経済的な思想が、後の新自由主義的な「サッチャリズム」と呼ばれる経済改革の源流となります。
政治の世界へ進んだサッチャーは2度選挙に落選しますが、その頃出会ったデニスと結婚し、子供も設け出産・育児に明け暮れます。1952年にエリザベス2世が即位し、新女王時代の幕開けとともに女性の活躍が期待されるようになると、その翌年弁護士資格を取得したサッチャーは、「子を持つ母でも政治家としての職務を全うするのは可能である」ことを証明するために、1959年ロンドンから3度目の出馬をし初当選を果たしました。

34歳で政治家となり、1970年に教育相に任命されたサッチャーは、経費削減対策として児童への牛乳無料配布を6歳以下に限定し、給食費値上げを実施すると、「ミルク泥棒」と世間からバッシングに遭います。しかし彼女は「好かれようとしているだけなら、いつでも何でも妥協する用意があり、何も達成しないだろう。」との名言を残して批判を振り払います。

お金は天から降ってこない。地上で稼ぎ出さねばならない。

gettyimages (29291)

1975年に保守党党首に就任すると、ヘルシンキ宣言を批判したことでロシアから「鉄の女」と揶揄され、このニックネームは生涯彼女の愛称として親しまれてきました。当時の英国は「ゆりかごから墓場まで」を謳う手厚い福祉政策により、人々の労働意欲は失われ、国に依存する体質は国民にしみつき、「英国病」「ヨーロッパの病人」と呼ばれるほどに衰退していました。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成功者に共通する意外な生活習慣3つ 

成功者に共通する意外な生活習慣3つ 

成功を目指す人は、成功者の生活習慣を参考にしてみるとよいでしょう。意外な生活習慣もありますが、そのいずれにしてもその理由を知れば納得するものばかりだと思います。そこで、ぜひ今日からでも取り組んでいただきたい生活習慣を3つご紹介します。
お金持ちはタクシーが大好き。驚くべきタクシー活用法

お金持ちはタクシーが大好き。驚くべきタクシー活用法

裕福層はタクシーを積極的に利用するのをご存知でしょうか。一般的な所得の人から見れば「タクシーは割高」というイメージが強く、通勤にも電車やバスを使う人が多いですよね。今回は裕福層がなぜタクシーを活用するのか、その考え方についてご紹介します。
サラリーマンがお金持ちになるために必要な教養とは 

サラリーマンがお金持ちになるために必要な教養とは 

日本では資産1億円以上を保有する富裕層が増えています。景気拡大による金融資産の拡大も理由のひとつですが、そのようなお金持ちになるため必要な「教養」があります。
お金持ち社長が車を持たない理由|節税とリスクヘッジが狙い?

お金持ち社長が車を持たない理由|節税とリスクヘッジが狙い?

お金持ちの社長は車を持たない人が多い、と聞いたら信じられるでしょうか。正確な表現をすれば、お金回りの良い中小企業のオーナー社長は、車を自ら購入せずに社用車を使うケースが多い、ということなのですね。しかも、4年落ち中古車のMercedes4ドアセダンなどが人気です。
お金持ちの考え方は普通の人と何が違う?判断・行動に投資家目線

お金持ちの考え方は普通の人と何が違う?判断・行動に投資家目線

お金持ちの考え方(マインド)は、実はとてもシンプルです。結論から言えば、あらゆることを「投資目線」で検討・判断して即実行に移す、これに尽きます。お金持ちほど、投下したお金・時間(コスト)を上回るリターン(メリット)が期待できることならばGO、という考え方なのですね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部