2019年2月1日 更新

働きやすい職場環境とは?人生の転機に合わせた働き方を

近年、「働き方改革」という言葉を頻繁に耳にするようになりました。政府が働き方改革を推進しているのには、少子高齢化にともなう人材不足が大きく影響しています。これらを解消する方法のひとつが、それぞれの状況にあった多様な働き方です。 今回は、女性にとっての働きやすい職場環境について考えていきます。

gettyimages (28589)

2019.1.14
女性にとって、仕事で自分の力を存分に活かし、やりがい・生きがいを持ち、キャリアを積んでいくことは大きな喜びです。そして結婚・妊娠・出産と、仕事を続けながら「人生のターニングポイント」を迎えたいと考える女性もみえるでしょう。

今回は、女性にとって働きやすい職場環境について、働き方改革とともに考えていきます 。

政府が推進する働き方改革の要因「少子高齢化」の現状

gettyimages (28454)

現在の日本では、少子高齢化が進んでいます。内閣府がまとめたデータによれば、2017年10月1日現在の国内総人口は1億2,671万人。そのうち65歳以上が3,515万人で、全体の27.7%を占めているのが現状です。

(参考:内閣府|平成30年版高齢社会白書(全体版)https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2018/html/zenbun/s1_1_1.html
一方で主に生産活動の中心となる生産年齢(15歳以上65歳未満)人口は、7,596万人。総人口の約6割にあたりますが、今後の推測では、2040年に5,978万人、2065年には4,529万人と、減少化が加速していくことが深刻な問題と考えられています。

そもそもの労働者人口が減少しつつあるのに加え、優れた人材が育っても、出産・家族の介護など、家庭の事情などで退職を余儀なくされている従業員がいるのも現実です。そこで柔軟な人材採用・多様な働き方が求められ、働き方改革につながっています。
実際に働き方改革関連の取り組みとして、時間外労働の上限規制・有給休暇取得の義務化・勤務間インターバル制度・フレックスタイム制の見直し・高度プロフェッショナル制度の創設・産業保健機能の強化・同一労働同一賃金などが進められています。

女性の働き方の実情は?結婚・出産との影響

gettyimages (28460)

女性の多くは「結婚・出産」というターニングポイントで、それまでの働き方を変える傾向が見られます。総務省がまとめたデータによれば、2017年平均の雇用者数(役員除く)は5,460万人と、前年比69万人の増加でした。

(参考:総務省統計局|労働力調査(詳細集計)平成29年(2017年)平均(速報)https://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/nen/dt/pdf/index1.pdf
女性については、正規職員・従業員が前年比34万人増の1,114万人、非正規職員・従業員が前年比16万人増の1,389万人です。それぞれ増えているものの、女性で非正規のうち13.3%が25~34歳、22.0%が35~44歳となっているのが現状です。

非正規で勤めている理由には、「自分の都合のいい時間に働きたい」「家計の補助などのために収入を得たい」といった回答があげられています。つまり、現在・直近に勤めていた企業では、自分の求めている働き方ができないため、非正規の働き方を選んでいるのが現実です。
政府は2022年度末までの目標として、25~44歳の女性就業率を80%まで引き上げることを目指しています。2018年8月時点では76.7%となっていますが、できれば正規雇用で継続してキャリアを大切に働き続けたいと考えている女性も多いもの。

では、どういった働き方ができれば、女性にとって「働きやすい」と感じられるのでしょうか?


女性が望む職場環境とは?

gettyimages (28466)

22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

顧客が求めているサービスとは何なのか知りたい。あるいは、新商品のいいアイデアを見つけたい。どんな職業・職種でも、真のニーズや問題を適切に見つけ出し、解決に導く方法を知っておくことは大事であるといえるでしょう。 ジャスパー・ウ著『実践スタンフォード式デザイン思考』 より、これからの時代を生き抜くために必要なデザイン思考という考え方をご紹介します。
クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。
テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

毎月定額で全国のシェアオフィスを利用できる日経の「OFFICE PASS(オフィスパス)」。東京2020に向けて政府主導でテレワークが推奨される中、経費としても扱いやすい仕組みになっています。興味はあるけど評判が気になるーー今回は実際に利用したメリット・デメリットをレビューします。
セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

AIに仕事を奪われるとか、人生100年時代であるとか。この世は、今まで聞いたことがない前例のない世界になりつつあります。スピーディーに意思決定をしていかなければ、ますます時代に取り残されてしまうでしょう。 南章行著『好きなことしか本気になれない。』 より、確固たる正解のない現代を生き延びるための考え方をご紹介します。
「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

湊音 湊音