2018年7月31日 更新

富裕層になる人に共通する職業観

代々の富裕層以外で自分の力で富裕層になれる人。その人たちをざっくり区分けすると起業家と投資家そして専門性の高い人です。その人たちには、職業を選ぶ際に共通する職業観があります。その職業観とは。

gettyimages (18596)

2018.7.30

安定性や成長性より経験値を優先する

gettyimages (18598)

企業にはライフサイクルというものがあり、創成期、成長期、成熟期、衰退期の4期に区分されます。
さて、新卒に人気の就職先といえば、成長期か成熟期のサイクルにある企業が大人気です。理由は、これらの企業の知名度が高く給料が高そうだからです。次に、転職市場においては、新卒と同じように成長期の企業は人気が高いのですが、成熟期企業よりも創成期の人気が少し高いようです。みなさんも雑誌など転職理由の上位に「会社の歯車になりたくない」というコメントをみなさんも読んだことがあるのではないかと思います。そのため、創成期の人気が高いようです。
では、富裕層になるような人は、転職や新卒の時にどのサイクルの企業を選ぶ人が多いのでしょうか。答えは、少しずるいのですが、「企業のライフサイクルでは選ばない」です。また、「その企業で何をできるかだけにフォーカスする」という傾向があります。
富裕層になる人は、「お仕事はなんですか?」と聞かれた時に、「****」と会社名でいう人はほとんどいません。多くの人は、「事業再生です」「インキュベーションです」など、業務、専門分野を伝えます。
このようなことから、一般的には一番敬遠される衰退期の企業への就職も富裕層になるような人は積極的なことがあります。衰退期企業は、どうしても積極的な新規事業投資などを行わないことが多いため、企業が成長するためのビジネスセンスを身につけることは難しいのですが、一方で、投資資金の回収、事業の売却、統廃合など消極的な業務にふれる機会は多く、事業清算やコスト削減などの特殊なビジネススキルを身につけるチャンスに溢れています。衰退期にある企業だからこその、このような業務に携われる「企画部」「財務部」「事業戦略部」に属して高いスキルが身につけ自分の将来価値を高めることを目指すことができます。
資産を築く人には、成長企業を起業したり、または、成長企業に投資をする人が多いのも事実です。しかしながら、事業再生、企業再生の能力を使い企業の再生をして資産を築き富裕層になる人もたくさんいます。
ここからのヒントは、どの企業で働くかではなく、その企業でしか得られないようなスキルが身につく業務に携わることを最優先すべきだということです。

売上や知名度よりビジネスモデルで選ぶ

gettyimages (18609)

2000年頃までは、企業を評価する方法とえいば、「売上高」「知名度」「従業員数」など、規模の大きさを評価する風潮がありました。しかし、現在は、「優れたビジネスモデル」を持つ企業の方がバリューが高く将来性を評価する風潮に変わりました。
その背景には、プラットフォーマーといわれる企業が大きく成長したことがあります。プラットフォーマーとは、第三者がビジネスを行うための基盤を提供する企業のことでグローバル経済においては欠かせない存在です。例えば、FANGとよばれるアメリカを代表するネット企業4社、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグルがこれに該当します。このように優れたビジネスモデルさえあれば、旧態然とした規模の経済を求める企業、業態などあっという間に追い越したことが大きく影響しています。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊