2018年7月31日 更新

富裕層になる人に共通する職業観

代々の富裕層以外で自分の力で富裕層になれる人。その人たちをざっくり区分けすると起業家と投資家そして専門性の高い人です。その人たちには、職業を選ぶ際に共通する職業観があります。その職業観とは。

gettyimages (18596)

2018.7.30

安定性や成長性より経験値を優先する

gettyimages (18598)

企業にはライフサイクルというものがあり、創成期、成長期、成熟期、衰退期の4期に区分されます。
さて、新卒に人気の就職先といえば、成長期か成熟期のサイクルにある企業が大人気です。理由は、これらの企業の知名度が高く給料が高そうだからです。次に、転職市場においては、新卒と同じように成長期の企業は人気が高いのですが、成熟期企業よりも創成期の人気が少し高いようです。みなさんも雑誌など転職理由の上位に「会社の歯車になりたくない」というコメントをみなさんも読んだことがあるのではないかと思います。そのため、創成期の人気が高いようです。
では、富裕層になるような人は、転職や新卒の時にどのサイクルの企業を選ぶ人が多いのでしょうか。答えは、少しずるいのですが、「企業のライフサイクルでは選ばない」です。また、「その企業で何をできるかだけにフォーカスする」という傾向があります。
富裕層になる人は、「お仕事はなんですか?」と聞かれた時に、「****」と会社名でいう人はほとんどいません。多くの人は、「事業再生です」「インキュベーションです」など、業務、専門分野を伝えます。
このようなことから、一般的には一番敬遠される衰退期の企業への就職も富裕層になるような人は積極的なことがあります。衰退期企業は、どうしても積極的な新規事業投資などを行わないことが多いため、企業が成長するためのビジネスセンスを身につけることは難しいのですが、一方で、投資資金の回収、事業の売却、統廃合など消極的な業務にふれる機会は多く、事業清算やコスト削減などの特殊なビジネススキルを身につけるチャンスに溢れています。衰退期にある企業だからこその、このような業務に携われる「企画部」「財務部」「事業戦略部」に属して高いスキルが身につけ自分の将来価値を高めることを目指すことができます。
資産を築く人には、成長企業を起業したり、または、成長企業に投資をする人が多いのも事実です。しかしながら、事業再生、企業再生の能力を使い企業の再生をして資産を築き富裕層になる人もたくさんいます。
ここからのヒントは、どの企業で働くかではなく、その企業でしか得られないようなスキルが身につく業務に携わることを最優先すべきだということです。

売上や知名度よりビジネスモデルで選ぶ

gettyimages (18609)

2000年頃までは、企業を評価する方法とえいば、「売上高」「知名度」「従業員数」など、規模の大きさを評価する風潮がありました。しかし、現在は、「優れたビジネスモデル」を持つ企業の方がバリューが高く将来性を評価する風潮に変わりました。
その背景には、プラットフォーマーといわれる企業が大きく成長したことがあります。プラットフォーマーとは、第三者がビジネスを行うための基盤を提供する企業のことでグローバル経済においては欠かせない存在です。例えば、FANGとよばれるアメリカを代表するネット企業4社、フェイスブック、アマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグルがこれに該当します。このように優れたビジネスモデルさえあれば、旧態然とした規模の経済を求める企業、業態などあっという間に追い越したことが大きく影響しています。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊
お金の教養講座