2019年8月7日 更新

女性成功者ならではの特徴とは?6つの共通点に注目

女性成功者の特徴とは何でしょうか。男性成功者には見られない、女性ならではの共通点はあるでしょうか。成功者の基準は人それぞれですが、ここでは経済的な意味での成功者を見てみます。成功したい女性は、これらの特徴をまずマネするのが近道でしょう。

2019.8.7

長く成功している女性には共通の特徴がある?

gettyimages (44256)

ビジネスの世界で成功者となった女性の特徴と聞いて、あなたはどのようなイメージを持つでしょうか。「男勝りで気が強そう。」「テキパキしていて怖そう。」この辺りはステレオタイプ的なイメージですが、実際にはパッと見「おっとりした雰囲気」の方もいますし、「エレガントで優しい雰囲気」の方もいます。成功者の女性の特徴も人それぞれです。
それでも、企業や官庁内での昇進であれ、起業やフリーランスとしての独立であれ、長く成功者でいられる女性には、明らかに共通の特徴が見て取れます。これは、女性の職業やバックグラウンドに関係なく共通に見られるものですね。

私や周囲の知見も交えて、その特徴を紹介してみます。
パッと思い付く面識ある範囲でも、総合商社に総合職で入社・MBA留学を経て、シンガポールの事業投資先で経営を任されている女性、国内MBA取得後にIT系企業の財務戦略担当を経て、外資系コンサルファームでプロジェクトマネジメントを統括している女性、中央省庁にキャリア官僚として入り、現在は環境行政の課長職を任されている女性、大手企業の人事畑で培った人脈・知見を活かして独立し、人事コンサル・ヘッドハンティングファームを経営している女性、大手新聞社に記者として入り、社会部デスクなどを経てNPO法人を起ち上げた女性など、職業は様々です。

女性の成功者に共通する6つの特徴とは?

gettyimages (44257)

ビジネス領域を問わず、女性の成功者に見られる特徴6つを以下に説明します。
ただし、女性/男性いずれも成功者ならば共通して持っていると考えられる特徴については、今回は省きます。

・知識や会話の引き出しが多い

成功者の女性の特徴として、筆頭は知識や会話の引き出しが多く、明るいことです。当然のこと、交友関係も拡がりやすいため、有力な人脈も築きやすいと考えられますね。他方、一部のエキスパートとして活躍する女性の中には、自身の専門領域を深く掘り下げて成功者となった方もいます。このような方は、パッと見は控え目で、社交下手な感じの方も少なくないのですが、お話ししてみると意外とユニークで楽しい方が多かったりします。

・聞き上手で相手のモチベーションを上げる

こちらも女性成功者には目立つ特徴です。とりわけ経営者や、上級管理職として成功している女性には顕著ですね。相手の話を遮って、自説を一方的に押しつけるようなことは、決してしないものです。仮に相手がずっと年下で、経験値が低かったとしても、まずは傾聴し、話を引き出して相手のモチベーションを上げてゆくような感じです。この辺は、男性よりも女性の方が遙かに上手な方が多い印象です。

・さり気ない配慮(気遣い)ができる

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

今年2月、日本とEUの間のEPA協定が発効しました。ワインが安くなりましたが「天然塩」の関税も撤廃されました。岩塩、海水塩など欧州産高級天然塩の輸入が増えそうですが、海外で日本食が定着しているので、日本産の天然塩にも輸出拡大のチャンスです。
経済 |
本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本物のセレブのお金の使い方、気になりませんか?セレブと呼ばれるお金持ち層が一体どういったことにお金をかけ、どういったお金の使い方を避けるのか。実例を紹介しながら解説していきます。
米国ハイテク株の動向に注目

米国ハイテク株の動向に注目

サマーバケーションに入り世界の株価と為替相場が乱高下を繰り返しています。乱高下を繰り返しながら徐々に株安、ドル安に水準を切り下げる中、未だ強気派と弱気派の数は拮抗しているようにみえます。私達はどのように考えるべきなのでしょうか。
日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

国連も問題視する途上国の「水」問題の解決は「井戸」の建設に託されています。日本の伝統の井戸掘り技術「上総掘り」は、機械を使わないので途上国向き。アジアで、アフリカで、上総掘りで掘った井戸が現地の人たちの生活や社会を変えようとしています。
経済 |
20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

アメリカでは、20代、30代の若さで職業生活を早期リタイアし、働くことに縛られずに生きる「FIRE」のムーブメントが起きています。貯金があり支出を抑えれば「4%ルール」で生活していけるといいますが、彼らはどんな暮らし方をしているのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部