2018年11月27日 更新

海外留学のプロ直伝!失敗しない社会人向け留学先の選び方とは?

今年、大人の語学留学も渡航者数が増えており、日本人の全年代に留学への関心が高まっています。もはや、高校や大学の交換留学などだけではない「留学」ですが、どのように渡航先を決めればよいのか、失敗しない留学先の選び方をご紹介します。

gettyimages (25735)

2018.11.25

失敗しない留学先の選び方

1 )まずは、あなたが留学する目的・目標を明確にしましょう。
「語学の習得」だけを目的にするのではなく、「なぜ語学習得したいのか」を考えて留学しないと、ダラダラと時間を浪費する結果になりかねません。
2 )インターネット上の情報だけを鵜呑みにしない
インターネットで見た情報だけで学校を決めて留学したところ、受講するはずだったクラスが存在せず、生徒の国籍バランスも偏っていてクラスメイトが英語を使ってくれないといった問題に直面し、卒業前に学校をやめて帰国された方もいます。語学学校を選ぶ時は、必ず経験者や留学カウンセラーから最新の情報・苦労話・失敗談などを含む「リアルな体験談」を聞くようにしましょう。
3 )極端に考えすぎない
英語を使いたい一心で日本人と距離を取りすぎると、友達作りや情報収集、トラブルに巻き込まれたときの対応で苦労することがあります。特に初めて海外へ行くような方は、ある程度日本人がいる都市を選ぶ方がいいでしょう。
4 )あくまで、あなたが留学する目的・目標を最優先すべき
「費用が安いからとりあえずアジア圏に留学した」という留学の仕方では、帰国後の自分の成長に納得できず、留学に行った経験自体を黒歴史にしてしまうことになります。留学費用やお手軽さは留学プランを決めるうえで重要なファクターですが、そこから留学プランを決めることは絶対にやめるようにしましょう。

学びたい言語で渡航先の国を選ぶ

gettyimages (25738)

1 )英語…アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、アイルランド
日本人は北米英語に慣れ親しんでいるため、アメリカやカナダで話される英語の方が違和感なく受け入れることができると思います。イギリスやオーストラリアでは日本人になじみのない言い回しや発音が使われているので初めは戸惑うかもしれません。
2 )フランス語…フランス、カナダ
カナダの北東部ではフランス語が多用されており、英語だけでは生活に苦労するかもしれません。

3 )ドイツ語…ドイツ
ヨーロッパ圏の国々は英語を第二言語としながらもその国独自の言語を使っていることが多いので、国選びの際には気を付けてください。
4 )注意点
しっかりと英語を学ぶのであれば、必ず「第一言語が英語の国」に渡航するようにしてください。アジア圏など英語がある程度浸透している、第二言語になっている国でも英語を学ぶことができますが、どうしてもその国の第一言語を使う・学ぶ必要が出てくるため、英語を使うことに集中することができません。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

就活の話題作りだったはずが、僕はフィリピンで涙を流した。

就活の話題作りだったはずが、僕はフィリピンで涙を流した。

フリーランス国際協力師としてアフリカのウガンダ共和国で働く筆者。今でさえ国際協力の最前線で活動していますが、大学に入学した当初はこの分野に全く興味がなかったと語ります。 一年生の時、「就活の話題作りになればいい」と思って参加した海外ボランティア。そこで、彼の人生を大きく変える出来事が起こりました。
ワーホリで英語力は伸びる?オーストラリアの留学経験で得たこと

ワーホリで英語力は伸びる?オーストラリアの留学経験で得たこと

海外へ渡航する前に一番気なることは、やはり英語ではないでしょうか。英語力が生活とどう関わるかを、 オーストラリアのゴールドコーストで働いた経験を交えて紹介します。
ワーホリの新制度「サードビザ」とは 留学で上手にステップアップ

ワーホリの新制度「サードビザ」とは 留学で上手にステップアップ

ワーキングホリデービザは通常1カ国につき1年の滞在が認められていますが、2019年7月からオーストラリアで年目のワーホリを認める「サードビザ」が発行されます。しっかりと長期渡航の計画を立て、自分を成長させる大きなチャンスを掴みませんか。
カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
フィジーでのんびりお安く英語留学。ユニーク体験の宝庫でした

フィジーでのんびりお安く英語留学。ユニーク体験の宝庫でした

皆さんフィジーと聞いて何をイメージされますか?フィジーはリゾート地としても有名ですが、留学先としても魅力がたくさん詰まった国なのです。しかも、物価や学費が非常に安い為、欧米諸国での留学の3分の1の費用で留学できるとも言われています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部