2018年7月30日 更新

「歩く」時間をコツコツ使って「時間を味方に積み上げる」

──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第10回]

gettyimages (17023)

2018.6.29

お金は気にしても、「歩く時間」には無頓着!?

gettyimages (17016)

毎日のお金のやりくりや節約には余念がないというしっかりさんでも、時間の使い方にはまだまだ無頓着だったりしませんか? 近頃は電車やバスでの通勤時間を有効に使うようにしている人は多いかもしれませんが、通勤や買い物などで普段何気なく積み重ねている「歩く時間」ともなれば、その使い方を意識したことのある人などほとんどいないかもしれませんね。
当たり前のように過ごしている「歩く時間」を具体的な数字に置き換えて“見える化”してみると、そのボリュームに驚きます。家から駅までが徒歩15分、電車を降りて駅からオフィスまでが徒歩5分としたら、通勤で歩いている時間は片道20分。往復にすると40分にもなります。月20日出勤するとして、月換算で800分=13時間以上も「歩く時間」に費やしていることに。通勤以外の時間もプラスすると、もっともっとふくらみます。
この歩く時間、何もしないのはもったいないと思いませんか? この時間を自分を磨くための時間としてフル活用できれば、大きなリターンが期待できるのです!

価値のない行動をやめる

gettyimages (17029)

やるべきことは2ステップ。まずは無意識に時間を割いてしまっている「価値のない行動」をやめてみましょう。最近、街中の風景に増えたのはスマホ(スマートフォン)中毒の人たち。交差点で止まるたびにスマホ画面をチェックする人、中には歩きながら画面にくぎ付けになっている人までみかけます。そんなに急いでなにをしているかというと、急ぎではないメールの返信や芸能ニュース、ゲームなど、それほど価値を感じられない目的の行為が多いような気がしています。
これは世の中にあふれる情報の誘惑に引っ張られ、時間を盗まれてしまっているのに他なりません。時は金なり。時間を大切にできることは、マネーコンシャスの必須条件です。常に「今の私の時間の使い方にはそれだけの価値があるかな?」と厳しく点検する意識を持ちたいもの。無意識に続けてしまっていた「価値のない行動」があったとしたら、まずはその行動習慣をダイエット。例えば、「家から駅までの道ではスマホを見ない」など自分にルールを課しましょう(もちろん、通勤中にチェックすべき大事な情報がある場合はスマホチェックを止める必要はありません)。

空いた時間を意識的にプランニング

gettyimages (17034)

これまでやっていた行動を止めたとしたら、空いた時間が生まれます。その時間を何に使うか、これが時間をお金に換えるためのポイントです。
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

“3年先の自分”になりきって本棚に本を並べてみると起こること

“3年先の自分”になりきって本棚に本を並べてみると起こること

あなたの自宅の本棚には、どんな本が並んでいるでしょうか。あなたの本棚に並んでいる本は、あなた自身を映し出す鏡。だったら、意識して本棚をセットアップすることで、自分を変えることだってできてしまうのです。──『美しく生きる女のお金の作法』特別編集[第6回]
高級マンションコンシェルジュが富裕層に教わった時間管理術

高級マンションコンシェルジュが富裕層に教わった時間管理術

筆者がライターになる前、マンションコンシェルジュとして働いていたことがありました。富裕層である居住者の方々は、時間管理の方法も違うのだなと実感することも多くあったことを覚えています。そんな居住者の方に教えていただいた、時間管理のコツを3つ挙げてみました。
頑固な肩こりをスッキリ改善!スキマ時間にできる集中エクササイズ

頑固な肩こりをスッキリ改善!スキマ時間にできる集中エクササイズ

マッサージをしてもらってもすぐに肩がこる、デスクワーク中に肩が張って辛い…そんな頑固な肩こりで悩んでいる人はたいへん多いです。そこで今回は、 なかなか改善しない頑固な肩こりを解消するための集中エクササイズについて解説していきます。
成功者の睡眠時間に法則性はない?自分に合うパターンこそ大切

成功者の睡眠時間に法則性はない?自分に合うパターンこそ大切

成功者の睡眠時間を眺めてみると、ロングスリーパー、ショートスリーパー、分割型など様々です。もちろん、一般的な睡眠時間の成功者もいます。性別や業界、専門領域もバラバラで、成功者と睡眠時間との間には法則性はないようです。自分に合う睡眠パターンこそが大切です。
眠りの質を改善!理想の睡眠時間とショートスリーパー

眠りの質を改善!理想の睡眠時間とショートスリーパー

10時間以上寝ないとつらいロングスリーパーもいれば、6時間以下の睡眠でも平気ないショートスリーパーもいますが、睡眠で重要なのは「眠りの質」です。眠りの質を改善することで、効率的に活動できるショートスリーパーになれる可能性があります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

大竹のり子 大竹のり子