2020年3月2日 更新

フリーランスに転身し8カ月で年収1,000万円を超えた話

「働き方改革」という政府の取組みにより、昨今では会社だけに留まらず複業(副業)を始めたり、フリーランスに転身する人々が増えている。そんな中、フリーランスに転身し8カ月目で年収1,000万円を超えた筆者の経験や気づきを連載していきます。

gettyimages (52461)

2020.2.25

みなさん、年収はいくら欲しいですか?

まずは1,000万円!という方もいれば、自分1人が生きていける額の300万円くらいで十分!という方もいらっしゃるでしょう。私は「●歳の時は年収▲▲万円欲しい」と決めています。しかし、以前は全くお金に関心がありませんでした。毎月当たり前に月末に決まった額が会社から給与として振り込まれ、その金額の中でやりくりをする。しかし、私はフリーランスに転身して気付きました。「お金を稼ぐことがいかに大事か」ということを。
さて、まず簡単に自己紹介をさせて頂きます!
私は現在27歳で2019年の3月よりマーケティングのフリーランスとして独立し活動しはじめました。具合的な働き方としては、大手通信会社に業務委託としてフルコミットで企画やディレクション業務をこなしながら、女性のコミュニティ作りに注力されているベンチャー企業で広報戦略まわりに従事。また不定期で企業様のマーケティングに関するコンサルに入ったり、複数メディアにてライターとして執筆活動も行っています。有難いことに幅広くお仕事をさせていただいてますが、フリーランスに転身してから様々な困難に衝突し乗り越えてきました。
今回は、フリーランスになり学んだ2つのことをみなさんにお伝え出来ればと思います。
gettyimages (52463)

どのように独立して8カ月目で年収1,000万円ベースを達成したのか

タイトルにも書きましたが、私はフリーランスに転身して8ヵ月目で年収1,000万円ベースに乗りました。フリーランスの中でも年収1,000万円ベースに乗るのは全体の2.1%くらいだそうです。
ではなぜ私が短期間で年収1,000万円ベースを達成出来たかというと、「年収1,000万円稼ぐぞ!」と決めていたからです。私は冒頭で「みなさん、年収はいくら欲しいですか?」と投げかけましたが、私は1,000万円稼ぎたい!そのためなら意図と方法で何でもすると決めていました。
ここでお伝えしたいことは、具体的な目標を決める重要性です。
「ぼくもフリーランスになりたいです!!」と相談に来て下さる方が時々いらっしゃいますが、フリーランスになりたい理由がとても大事です。例えば、好きなことを好きなだけやりたいから独立するのか?それとも、やることは何でもいい!とにかく会社員は限界があるから独立して目標を達成したいのか、です。
私はどちらかと言えば後者の「目標を達成したい」タイプでした。やりたいことを好きなだけやっても十分な報酬がもらえず生活に影響が出るのは嫌だし、将来親や家族に対して金銭が問題で選択の自由を奪いたくないからです。
だからこそ、「年収1,000万円ベースに乗せるためにはどうすべきか」を考えながら仕事の取捨選択をし、今のお仕事に携わらせて頂いた結果、独立8カ月目で目標を達成しました。
gettyimages (52464)

目的地を決めてから、手段を選ぼう

まずは目標を決める重要性をお話しましたが、次に大事なことは「現在の手段が目標(目的に)に対して適切かどうか」ということです。分かりやすく例を挙げますと、例えば「年収1,000万円を稼ぎたい!」という目標を立て、手段を「昔からお菓子作りが好きだからパティシエになる」ことにしたとします。もしかしたら薄々お気づきの方はいるかもしれませんが、パティシエで年収1,000万円稼ぐことが現実的だと思いますか?
年収(労働単価)は大よそ各業界に依存しますが、ここでのパティシエの平均年収は200~300万円くらいだそうです。とすると、パティシエで年収1,000万円稼ぐことは難しい、即ち目的に対して適切な手段ではないことが明確になります。
しかし、頭では理解出来ても適切な手段を選べない方が多くいます。なぜならば、「自分の好きなことで目標達成したい」という思考の方が多いからです。
「好きなことで稼ぐ」ことが出来れば多くの方がハッピーかと思いますが、そんな方は一握りかもしれません。(だって、痩せたい!でも好きなものを気にせず食べる!なんてことしませんよね。笑 痩せたいなら、適切な食事制限なのか運動をする必要があります。。。)

「好きなことをしたいのか」それとも「目標達成をしたいのか」。2択だとした場合、あなたはどちらを選択しますか?
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ギグワークとは?時間もお金も自由になる|自分をコンテンツ化する働き方

ギグワークとは?時間もお金も自由になる|自分をコンテンツ化する働き方

不安定な世情の中で、現在の生き方を見つめ直す岐路に立っている人が多いのかもしれません。昨今、よく耳にするギグエコノミーというあり方に注目が集まっています。 長倉顕太著『GIG WORK』 より、元・編集者が語る人生100年時代の自分をコンテンツ化する働き方をご紹介します。
自分らしく幸せに生きるために知っておくべきお金と働き方の関係性

自分らしく幸せに生きるために知っておくべきお金と働き方の関係性

激動の2020年、日本はこれからいろいろな出来事が控えています。働き方も大きく変化している今、私たちは幸せに対する価値観をどう構築していけばいいのでしょうか。 新井和宏著『幸せな人は「お金」と「働く」を知っている』 より、知っておくべきお金や働き方の捉え方についてご紹介します。
20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

アメリカでは、20代、30代の若さで職業生活を早期リタイアし、働くことに縛られずに生きる「FIRE」のムーブメントが起きています。貯金があり支出を抑えれば「4%ルール」で生活していけるといいますが、彼らはどんな暮らし方をしているのでしょうか?
仕事のパフォーマンスを上げる 持つべき資本家マインドセットとは

仕事のパフォーマンスを上げる 持つべき資本家マインドセットとは

お金と働き方に縛られない生き方が何かと賞賛されています。サラリーマンとして働いている場合、実生活においてどんなマインドを持っていけばいいのでしょうか。
アフリカで働く私が、長期的に「安定」した収入を得ている理由

アフリカで働く私が、長期的に「安定」した収入を得ている理由

収入源を多様化させることによって、長期的な視点での「安定」を築くことができる-。フリーランス国際協力師として日本・アフリカで働く筆者が、これからの時代に必要な「収入源」の話をします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

笹本康貴(ささもとこうき) 笹本康貴(ささもとこうき)
お金の教養講座