2018年9月27日 更新

孫正義氏も認めた男が教える!「1分で話す」技術

2011年。ソフトバンクを率いる孫正義氏は、自身の後継者を育てるための育成機関「ソフトバンクアカデミア」を設立して社内はもとより社外から優秀な人材を集めました。倍率100倍とも言われた選考試験の内容は「3回のプレゼン」。筆記試験や面接はなく、すべてプレゼン。いかに孫氏が「伝える技術」を重要視しているのか分かります。

gettyimages (22132)

2018.9.27
その難関試験に合格し、さらに国内CEOコースで年間トップの成績を収めたのが伊藤羊氏。現在プレゼンのエキスパートとしてヤフーの企業内大学「ヤフー・アカデミア」の学長、グロービズ経営大学院の客員教授を務める人物です。そんな彼がプレゼンの知見を詰め込んだ話題の一冊『1分で話せ』には、決して義務教育では教えてもらえないノウハウが詰め込まれていました。
「1分でまとまらない話は、結局何時間かけて話しても伝わらない」と考え、最短で伝える技術に磨きをかけてきた筆者の「話の組み立て方」に迫りたいと思います。

「理解してもらえた」はゴールではない!

gettyimages (22139)

「すべてのプレゼンは、ゴールを達成するためにあります。」これは一見当たり前のようですが、多くの人がプレゼン準備をする中で、うまく資料を作り、内容をきちんと説明しようと考えているうちにゴールを見失ってしまうのだといいます。ゴールとは具体的に
・聞き手が賛成にせよ反対にせよ、何らかの意見を表明する
・聞き手が賛成してくれる
・聞き手に動いてもらう
このように聞き手が「どこまでやればいいのか」を最初に決めてしまえば、それを実行するための資料作りなどをブレることなく行うことができるのです。そして、ここで大切なのはゴールはあくまで「相手を動かすこと」だという点。どんなに上手に説明できても聞いて終わりのプレゼンでは意味がありません。「理解したうえで、何をしてほしいのか」というメッセージを明確に伝えることが必要になります。聞き手に「内容は分かった。で、結局何がしたいの?」と言われてしまうようなプレゼンでは意味がないのです。

相手を動かすために、できることはすべてやりきる!

gettyimages (22149)

「相手を動かすのがゴール」と決まれば、そのためにできる事は資料作りとスピーチだけではありません。筆者は
・事前の挨拶で聞き手とコミュニケーションを取り、距離を縮めておく
・「こういう話をするんだ」と可能な限り相手に伝えておき、心の準備をしてもらう
・プレゼン後のフォロー
などを実行しているのだそうです。なぜなら、その方が「相手が動いてくれやすいから」。よく「根回しは嫌いだから…」などと言いこれを嫌う人もいますが、相手を動かしてなんぼのプレゼンにそんな美学は無用。相手と話す前後のアクションもトータルでプレゼンだと考え設計していくことが大切です。

「1分で伝える」秘訣はピラミッド!

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ソムリエが教えるワインをもっと楽しむマナー|ワンランク上の飲み方

ソムリエが教えるワインをもっと楽しむマナー|ワンランク上の飲み方

ワインは本来難しいことを考えずに楽しむべきものですが、レストランでの食事など場合によっては最低限のマナーが求められる場合もあります。今回はワインのマナーについて紹介します。
余暇とSDGs(持続可能な開発目標):あなたのレジャーは持続可能か?

余暇とSDGs(持続可能な開発目標):あなたのレジャーは持続可能か?

SDGs(持続可能な開発目標)が話題になっています。SDGsとは、2030年までに達成すべきとされる世界共通の目標のこと。自治体や企業の活動だけでなく、私たちの休暇の過ごし方にも関わっています。レジャーとSDGsはどのような関係にあるのでしょうか。
夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏バテ対策には運動がおすすめ!スタミナアップで暑さを乗り切る

夏は、食欲が落ちる、やる気が出ないなど、夏バテの症状で悩む人が増える季節です。この時期に体を動かすと余計にひどくなると思われがちですが、夏バテ対策には運動がおすすめです。今回は、スタミナアップで夏バテに負けない運動について解説していきます。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。
ゲノム編集で夢が実現? 応用事例と倫理的問題

ゲノム編集で夢が実現? 応用事例と倫理的問題

ゲノム編集食品がそろそろ私たちの手元に届くかもしれません。近年では人間に対するゲノム編集も問題となりました。ゲノム編集とは何なのか、どんな規制があるのか、倫理的問題とは何か。かつてSFだった世界に、私たちは向き合わなければなりません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部