2018年9月27日 更新

孫正義氏も認めた男が教える!「1分で話す」技術

2011年。ソフトバンクを率いる孫正義氏は、自身の後継者を育てるための育成機関「ソフトバンクアカデミア」を設立して社内はもとより社外から優秀な人材を集めました。倍率100倍とも言われた選考試験の内容は「3回のプレゼン」。筆記試験や面接はなく、すべてプレゼン。いかに孫氏が「伝える技術」を重要視しているのか分かります。

gettyimages (22132)

2018.9.27
その難関試験に合格し、さらに国内CEOコースで年間トップの成績を収めたのが伊藤羊氏。現在プレゼンのエキスパートとしてヤフーの企業内大学「ヤフー・アカデミア」の学長、グロービズ経営大学院の客員教授を務める人物です。そんな彼がプレゼンの知見を詰め込んだ話題の一冊『1分で話せ』には、決して義務教育では教えてもらえないノウハウが詰め込まれていました。
「1分でまとまらない話は、結局何時間かけて話しても伝わらない」と考え、最短で伝える技術に磨きをかけてきた筆者の「話の組み立て方」に迫りたいと思います。

「理解してもらえた」はゴールではない!

gettyimages (22139)

「すべてのプレゼンは、ゴールを達成するためにあります。」これは一見当たり前のようですが、多くの人がプレゼン準備をする中で、うまく資料を作り、内容をきちんと説明しようと考えているうちにゴールを見失ってしまうのだといいます。ゴールとは具体的に
・聞き手が賛成にせよ反対にせよ、何らかの意見を表明する
・聞き手が賛成してくれる
・聞き手に動いてもらう
このように聞き手が「どこまでやればいいのか」を最初に決めてしまえば、それを実行するための資料作りなどをブレることなく行うことができるのです。そして、ここで大切なのはゴールはあくまで「相手を動かすこと」だという点。どんなに上手に説明できても聞いて終わりのプレゼンでは意味がありません。「理解したうえで、何をしてほしいのか」というメッセージを明確に伝えることが必要になります。聞き手に「内容は分かった。で、結局何がしたいの?」と言われてしまうようなプレゼンでは意味がないのです。

相手を動かすために、できることはすべてやりきる!

gettyimages (22149)

「相手を動かすのがゴール」と決まれば、そのためにできる事は資料作りとスピーチだけではありません。筆者は
・事前の挨拶で聞き手とコミュニケーションを取り、距離を縮めておく
・「こういう話をするんだ」と可能な限り相手に伝えておき、心の準備をしてもらう
・プレゼン後のフォロー
などを実行しているのだそうです。なぜなら、その方が「相手が動いてくれやすいから」。よく「根回しは嫌いだから…」などと言いこれを嫌う人もいますが、相手を動かしてなんぼのプレゼンにそんな美学は無用。相手と話す前後のアクションもトータルでプレゼンだと考え設計していくことが大切です。

「1分で伝える」秘訣はピラミッド!

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

社会的事業を多く手がけるリバースプロジェクトは、株式会社として利潤も追求します。そこに存在するジレンマとは? そして、同社代表である龜石太夏匡氏の波乱万丈な人生から導き出した「お金」とは?を問います。価値観が揺さぶられるインタビュー後半。
〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」の違いがわかりますか? 専門性を磨くキャリアアップと比べると、専門性をご破算にして一から出直すキャリアチェンジは覚悟とエネルギーが必要ですが、幕末、明治の激動の時代、両方やってのけたのが渋沢栄一でした。
英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

海外からの観光客や外国人労働者が増え、東京2020も控える日本。そろそろ本気で英会話を何とかしたいと考えていても、なかなかスクールでは上達しなかった人もいるかもしれません。そこで、自宅でできる海外ドラマや映画を用いた勉強法とレベル別おすすめ作品を紹介します。
日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS