2019年1月9日 更新

逆境を成功に変える方法 プレッシャーへの挑み方

逆境を成功に変えるには様々なアドバイスがありますが、基本的にはピンチはチャンスになる、今に集中するということに集約されるでしょう。しかし、それが分かっていても行動に移せない時はどうすればよいのでしょうか。そのような時のプレッシャーへの挑み方をご紹介します。

gettyimages (28317)

2019.1.9

逆境を抜け出すアドバイスが心に響かない理由

gettyimages (28323)

人によって逆境と思える状況は異なりますが、おそらく誰もが失望感を感じたり、そのプレッシャーにより無力感に捉われたりするでしょう。そのような状況で逆境から抜け出すためのアドバイスを受けても、行動に移せない人は多いと思います。
逆境を乗り越えた人は確かにメンタル面で強くなりますし、その言葉は説得力を持っています。そして逆境のときに集中するというのは、不安に思う気持ちを取り除くという理由があります。
それを頭では理解できても、一歩前に踏み出す行動を起こせないのはなぜでしょうか。それは逆境から抜け出そうという気力を、不安感やプレッシャーといった感情が押さえつけているからです。
ここで問題点がふたつあります。その不安感やプレッシャーをどのように払拭するのかということと、そもそも逆境から抜け出そうという気力が湧かない時はどうすればよいのかということです。

どんな逆境にある人でも立ち直ろうとする希望を持っている

gettyimages (28325)

まず逆境というプレッシャーから生まれる不安感などの感情に心を包まれると、そこから抜け出す気力が生まれるのかどうかを考えてみます。結論からいうと、どんな逆境にある人でもそのような気力、立ち直ろうとする希望は持っています。
その根拠は、“自分が逆境に立たされていると認識していること”そのものにあります。逆境とは順境ではない状態を意味します。つまり意に反した不遇な出来事などにより、自分が望んでいない状況に陥っている状態であるということです。
つまり自分にとって順境と思える生活と今の状況を比較しているわけですが、自分にとってのあるべき状況と現在とのギャップの大きさが、不安感やプレッシャーを生み出しているといえます。これは明らかに、理想とする“あるべき生活”を望んでいるといえるのではないでしょうか。
たとえばもし苦労のない生活を知らずにいたならば、人から見たら逆境と思うような生活も当たり前に思うことでしょう。そしてそこから抜け出そうという発想も生まれないかもしれません。
しかし今置かれている状況を逆境と感じているのであれば、それは自分が望んではいない状態であると認識しているわけですから、逆説的な見方ですが自分が望んでいる順境とよべる生活を希望しているといえるでしょう。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

旅にまつわる名言は多くあります。人生を旅に例えれば、生きてきて感じたことや思うことが凝縮されるからです。今回はそんな旅にまつわる名言を7つご紹介します。読めば視野を広げるために旅に出たくなったり、仕事の活力を与えてくれたりすることでしょう。
豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

雄大な自然と絶景で知られる「カナディアンロッキー」。今度の夏のお休みに、このカナダの世界遺産に出かけてみるのはどうでしょう。それにはバンクーバーから出発する豪華列車の旅がおすすめです。美しい公園のあるバンクーバーもあわせ、観光の見どころをご紹介します。
結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局のところ、幸せとは何なのでしょうか。憧れの企業に就職したり、世間より多い年収を提示されたりすれば、幸せを感じる人がほとんどですね。それでも、その幸せな気持ちは長続きしません。最近の研究では、自分で幸せをコントロール可能なことが分かってきました。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

「美術作品を自分の思うままに楽みましょう。」 「美術館で、本物の迫力や繊細さをじっくり味わってみてください」 ・・・と毎回力強くお勧めし、それはもちろん心からの思いではありますが、実際に“美術館に行く”って、結構いろいろな選択ハードルがあるのですよね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部