2018年5月29日 更新

可愛いままで年収1000万円!ゆるふわ系「ワークライフスタイル」とは?

著者の宮本佳実さんですが、ごく普通の高卒OLから個人向けのスタイリストに転身。現在は名古屋を中心にワークライフスタイリストとして公演活動などを行っている方。自身の体験をもとに『可愛いままで年収1,000万円になる』という本をヒットさせた経歴の持ち主です。

thinkstock (8664)

2018.1.9
今回は普段あまり読まないジャンル、というか自分としては、ほぼ初ジャンルの本に手を伸ばしてみました。タイトルは『WORK LIFE STYLE BOOK』。最近はインスタグラムの流行などでスタイルブックを出版するモデルや芸能人たちが人気を博していますが、こちらは女性起業家の働き方を切り取る形式で紹介したスタイルブックという位置づけですので、写真メインの一般的なスタイルブックよりは文章が多いタイプの書籍です。
自分のイメージ通りのスタイルで、やりたい事だけをテーマに働くことは誰にでもできると断言する彼女の主張とはどんなものなのでしょうか? その中身に迫りたいと思います。

私の毎日を私が決める!理想のワークスタイル!

thinkstock (8667)

高校卒業後、アパレル企業に就職して働き始めた彼女の月収は15万円程度。それでも深夜まで残業する日もあれば、上司に理不尽に怒られる日もあったそうです。さらに、自分より高学歴の社員には「できない子」認定されてしまうほど。つまり、周囲が驚くような才能があったわけではなくごく普通の女性でした。
そして「必死で働く」という状況は独立後も大きく変わらなかったそうですが、こんな時、同じ状況に置かれた人の多くは、①「お金のために耐えて働く」②「転職して働く環境を変える」③「逃げ出す」という選択肢をイメージするのではないでしょうか? しかし彼女は違いました。彼女がとった行動は「自分の生活スタイルを自分が決める」ことだったのです。
具体的には、理想とする日々の働き方を文字に書き起こして意識しながら生活すること。会社勤めの場合、早起きして出社前にお気に入りのコーヒーショップで読書すること…などでもOK。どんな小さなことでも実現するとそれが成功体験となり、積み重ねることで理想に近づくことができたのだといいます。
この考え方にはまだ現実離れしていて抵抗がある人もいるかもしれませんが、個人的には、いま実際に様々な企業が「働き方改革」で会議の時間を短縮するといった改革を行っているのを考えると、「働き方は変えられる」と意識することはとても重要だと感じます。ですので、この方法は非常にためになるというのが率直な感想でした。

すごい人と自分は大差ない!

thinkstock (8671)

会社員時代、周囲から「できない子」と思われている自分がはがゆかったそうですが、彼女が今になって思うのは「すごい人」と「普通の自分」に大差はなかったのではないか?ということ。
彼女の分析によるすごい人の特徴は、
・自分の得意なことが分かっている
・行動量が多い
・自分のことを「すごい」と思っている
の3点に絞られるのだとか。
中でも「自分の得意なことが分かっている」というのは、勉強やスポーツなどの分かりやすい才能はもちろん、「人の話を聞くのが得意」「整理整頓が上手」といった気が付きにくいものもあり、出来る人ほど自分の細かい長所に気が付いているのだといいます。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

砂漠のオアシス「ラスベガス」観光、梅雨を逃れて満喫しよう!

もうすぐ始まる梅雨の季節。こんな季節には雨を逃れて海外に脱出するのはどうでしょう。アメリカネバダ州の砂漠の中にある「ラスベガス」では、カジノだけでなく、テーマホテルやナイトショーなど、ゴージャスな観光が楽しめます。そんなラスベガス観光の見どころをご紹介します。
東京駅の隣にある「驚異の部屋」。レトロモダンな博物館を楽しもう

東京駅の隣にある「驚異の部屋」。レトロモダンな博物館を楽しもう

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は趣向を変えて、「博物館」です。
人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

なかなか気分が上がらないとき、きっかけになる好きなモノがあれば、もっとスムーズに実行できそうです。身の回りにあるモノにこだわりを持つだけで、少しモチベーションが上がるのだとしたら、私たちはもっとモノ選びにこだわる必要があるでしょう 堀口英剛著『人生を変えるモノ選びのルール』 より、ミニマリストではなく「モノマリスト」という、ときめくモノに囲まれて生きるあり方をご紹介します。
騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

騙されてない? フェイクニュースの実態と仕組み

SNSが日常風景となった今、私たちはフェイクニュース問題に直面しています。偽情報は思わぬところに顔を出すもの。自分は偽情報には惑わされないと感じている人ほど注意が必要です。災害の時など、情報に振り回されないよう、フェイクニュースの実態を把握しておきましょう。
参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

参加型アートで誰もがアーティスト!全国に広がるアートプロジェクト

アートは、見るだけでなく参加もできる時代です。鑑賞者が作品制作に関わった参加型アート作品が全国のアートプロジェクトで増えています。国際的な公募展では一般審査とは別に、お金を払ってインターネット投票で審査に参加できる「賞」が新設されました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部