2018年3月27日 更新

今年のお花見コストはインフレ傾向?

いよいよ桜のシーズンになりました。さて、この時期は卒業や入学や入社など人の動きが多くなにかと出費も多くなる季節です。それでも、花見にも行って楽しみたい!と思っているみなさん。今年の花見を楽しむには昨年までより少し費用が高くなりそうな感じです。その原因は忍び寄るインフレのようです。

gettyimages (12214)

2018.3.27

需給ギャップがプラスに

thinkstock (12264)

いきなり硬めの話ではありますが、2018年3月19日の内閣府から明るいニュースが発表されました。日本経済が順調に回復していることを示すものです。簡単に説明すると「需要が供給を上回る状態」、つまり「需給がプラス」に転じたという内容でした。
具体的には3月8日に年10~12月期のGDP改定値が発表され、その数値を元に17年の実質GDPは531兆4042億円、供給力を示す潜在GDPは529兆円という推計がなされました。その結果、2017年の日本の需給ギャップは+0.4%となり、消費や企業の設備投資などが引き続き好調であるこということが広く認識されました。ちなみに、需要が供給を下回る「マイナス」な状態が2008年のリーマンショック以降、9年も続いていましたので、デフレからの脱却を目標としていた政府と日銀にしてみれば9年越しの念願が叶ったといえます。
これをきっかけに政府としてはデフレ脱却の確信を強めたのではないかと思います。
このニュースは経済的にどのようなインパクトがあるのでしょうか。
たとえば将来的に物価は上昇する可能性が高まる、物価上昇前に消費や設備投資の前倒しが起こる、金利上昇に備える投資家が増える、業績相場への以降のため株価が調整するなどの影響がありそうです。

インフレ脱却を確認するためのもう2つの指標

thinkstock (12263)

さて、このように需給ギャップがプラスになったことで物価が確実に上昇トレンドに入ったかと判断する前にもう少し確認しておきたい指標があります。
1)コアCPI
コアCPIは物価の上昇率を示す、すごく大事な指標です。3月23日に総務省から2月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除くコアCPI)が発表され前年比1%上昇となりました。3年ぶりの高水準となり、上昇は14カ月連続で、主要因はガソリンを含む石油製品の押し上げ効果ということです。また、物価の基調を示すコアコアCPI(生鮮食品とエネルギーを除く)も徐々に伸び率を高めています。
また、花見に直結する生鮮食品を含む総合指数はというと前年比1.5%も上昇し、1月の1.4%から微増ではありますがプラス幅が拡大しています。昨年から話題になっていた野菜や果物など生鮮食品は引き続き高値が続いていますが、魚介類の価格が下落したことで、このように0.1%増で収まったようです。
これからも分かるように花見で食べるおつまみや惣菜は、魚中心で野菜と果物を少し減らすとコストが上がらないといえそうですが、みなさんいかがでしょうか? 少しさみしい気もしますが。
gettyimages (12244)

2)GDPデフレーター
この指標は、国内で生産されたモノやサービスの価格水準を示すものです。あまり聞きなれない人も多いかもしれませんが、GDPデフレーターは政府も日銀も物価上昇率を計る重要な指標として注目しています。17年10月〜12月期の数値は、前年同月比で+0.1%とあまり強くなかったのでまだまだ弱い印象ですが、長くマイナス圏内であったことを考えればこちらも時間とともに上昇する傾向が見られるといえます。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。
世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

さらに世界経済の先行きを不透明にしているのは、米国が金融引き締め路線の修正を明確にしたということです。2019年に入ってFRBは利上げの停止と保有資産縮小の計画見直しを表明し、利上げに関しては早ければ2019年のうちに終了するかもしれません。FRBは十分な緩和余地をつくるため、政策金利の3.5%までの引き上げを目指していましたが、足元では2.25~2.50%にとどまっています。
NTTが米スマートシティ化で高評価の理由 Googleは難航

NTTが米スマートシティ化で高評価の理由 Googleは難航

「スマートシティ」への取り組みが遅れ気味だった日本ですが、昨年はNTTが米ラスベガス市のスマートシティ化に技術を商用提供することが決まるなど、日本企業の取り組みが目立つようになりました。一方、注目のGoogleトロントスマートシティ計画は難航しているようです。その理由とNTTが評価された理由に迫ります。
経済 |
成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

成功したIT起業家の親子関係(ザッカーバーク・孫正義・堀江貴文)

親になったら、子どもにたくさん愛情を注いで才能を開花させたい。すべての親がそう思うでしょうが、現実にはそう上手くはいきません。「毒親離れ」「育てなおし」など、まず自分の生い立ちの穴埋めが必要な場合も。天才的なIT起業家達の親子関係はどうだったのか調べてみました。
アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

アマゾン社ニューヨーク進出断念 地元民・政治家の反対理由は?

なぜ、米アマゾン社は第2本社にニューヨークを選び、そして、3カ月後その計画を撤回することになったのか。資本主義の象徴、米アマゾン対ニューヨーク労働者階級層の戦いは、アメリカの政治、経済、社会問題、それぞれの現状の縮図として全米で注目の的となりました。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊