2018年3月27日 更新

今年のお花見コストはインフレ傾向?

いよいよ桜のシーズンになりました。さて、この時期は卒業や入学や入社など人の動きが多くなにかと出費も多くなる季節です。それでも、花見にも行って楽しみたい!と思っているみなさん。今年の花見を楽しむには昨年までより少し費用が高くなりそうな感じです。その原因は忍び寄るインフレのようです。

gettyimages (12214)

2018.3.27

需給ギャップがプラスに

thinkstock (12264)

いきなり硬めの話ではありますが、2018年3月19日の内閣府から明るいニュースが発表されました。日本経済が順調に回復していることを示すものです。簡単に説明すると「需要が供給を上回る状態」、つまり「需給がプラス」に転じたという内容でした。
具体的には3月8日に年10~12月期のGDP改定値が発表され、その数値を元に17年の実質GDPは531兆4042億円、供給力を示す潜在GDPは529兆円という推計がなされました。その結果、2017年の日本の需給ギャップは+0.4%となり、消費や企業の設備投資などが引き続き好調であるこということが広く認識されました。ちなみに、需要が供給を下回る「マイナス」な状態が2008年のリーマンショック以降、9年も続いていましたので、デフレからの脱却を目標としていた政府と日銀にしてみれば9年越しの念願が叶ったといえます。
これをきっかけに政府としてはデフレ脱却の確信を強めたのではないかと思います。
このニュースは経済的にどのようなインパクトがあるのでしょうか。
たとえば将来的に物価は上昇する可能性が高まる、物価上昇前に消費や設備投資の前倒しが起こる、金利上昇に備える投資家が増える、業績相場への以降のため株価が調整するなどの影響がありそうです。

インフレ脱却を確認するためのもう2つの指標

thinkstock (12263)

さて、このように需給ギャップがプラスになったことで物価が確実に上昇トレンドに入ったかと判断する前にもう少し確認しておきたい指標があります。
1)コアCPI
コアCPIは物価の上昇率を示す、すごく大事な指標です。3月23日に総務省から2月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除くコアCPI)が発表され前年比1%上昇となりました。3年ぶりの高水準となり、上昇は14カ月連続で、主要因はガソリンを含む石油製品の押し上げ効果ということです。また、物価の基調を示すコアコアCPI(生鮮食品とエネルギーを除く)も徐々に伸び率を高めています。
また、花見に直結する生鮮食品を含む総合指数はというと前年比1.5%も上昇し、1月の1.4%から微増ではありますがプラス幅が拡大しています。昨年から話題になっていた野菜や果物など生鮮食品は引き続き高値が続いていますが、魚介類の価格が下落したことで、このように0.1%増で収まったようです。
これからも分かるように花見で食べるおつまみや惣菜は、魚中心で野菜と果物を少し減らすとコストが上がらないといえそうですが、みなさんいかがでしょうか? 少しさみしい気もしますが。
gettyimages (12244)

2)GDPデフレーター
この指標は、国内で生産されたモノやサービスの価格水準を示すものです。あまり聞きなれない人も多いかもしれませんが、GDPデフレーターは政府も日銀も物価上昇率を計る重要な指標として注目しています。17年10月〜12月期の数値は、前年同月比で+0.1%とあまり強くなかったのでまだまだ弱い印象ですが、長くマイナス圏内であったことを考えればこちらも時間とともに上昇する傾向が見られるといえます。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今、世界の投資家は一番何に気をつけているのか

今、世界の投資家は一番何に気をつけているのか

7月10日にパウエルFRB議長が議会証言を行いました。その内容が「7月利下げ」を強く示唆したことで、FRBが次回の7月末FOMCで利下げを行うと織り込んでいます。これを踏まえ代行業平均は2万7,000ドルの大台を超えました。決して危うく見えない市況において世界の投資家はどのようなことに気をつけているのでしょうか。
実店舗がない「ゴーストレストラン」が外食ビジネスの常識を変える?

実店舗がない「ゴーストレストラン」が外食ビジネスの常識を変える?

実店舗がないゴーストレストラン、シェアキッチン、クラウドキッチンのような「アウトソーシング系外食業態」のような、自分の腕やアイデアを試したい人が低コスト、低リスクで独立・起業できます。アメリカ・ニューヨーク発のトレンドですが、日本にも上陸しました。
経済 |
チャート分析や経済指標では見抜けない「投資家の心理」とは

チャート分析や経済指標では見抜けない「投資家の心理」とは

FXや株式投資をしていると、相場が意に反した動きをして驚くことばかりですよね。相場の動きが読めるようになるためチャートを読むテクニカル分析を学んだり、経済指標を読むファンダメンタル分析を学んだりしている人も多いはずです。
経済 |
孤独が人を滅ぼす?

孤独が人を滅ぼす?

経済コラムニストの大江英樹氏は、著書「定年楽園」で、定年後の最大の不安は、孤独になること、と書かれています。 その本を初めて読んだ時、僕は老後を乗り切るのはやっぱりお金でしょ、なんて考えていたので、孤独?と多少疑問に思いました。
経済 |
米中貿易摩擦は最終的には沈静化する

米中貿易摩擦は最終的には沈静化する

20カ国・地域首脳会議(G20)における米中首脳会談では、米国は中国に対する制裁関税・第4段を先送りし、米中は貿易交渉を継続することが決定されました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊