2018年3月27日 更新

今年のお花見コストはインフレ傾向?

いよいよ桜のシーズンになりました。さて、この時期は卒業や入学や入社など人の動きが多くなにかと出費も多くなる季節です。それでも、花見にも行って楽しみたい!と思っているみなさん。今年の花見を楽しむには昨年までより少し費用が高くなりそうな感じです。その原因は忍び寄るインフレのようです。

gettyimages (12214)

2018.3.27

需給ギャップがプラスに

thinkstock (12264)

いきなり硬めの話ではありますが、2018年3月19日の内閣府から明るいニュースが発表されました。日本経済が順調に回復していることを示すものです。簡単に説明すると「需要が供給を上回る状態」、つまり「需給がプラス」に転じたという内容でした。
具体的には3月8日に年10~12月期のGDP改定値が発表され、その数値を元に17年の実質GDPは531兆4042億円、供給力を示す潜在GDPは529兆円という推計がなされました。その結果、2017年の日本の需給ギャップは+0.4%となり、消費や企業の設備投資などが引き続き好調であるこということが広く認識されました。ちなみに、需要が供給を下回る「マイナス」な状態が2008年のリーマンショック以降、9年も続いていましたので、デフレからの脱却を目標としていた政府と日銀にしてみれば9年越しの念願が叶ったといえます。
これをきっかけに政府としてはデフレ脱却の確信を強めたのではないかと思います。
このニュースは経済的にどのようなインパクトがあるのでしょうか。
たとえば将来的に物価は上昇する可能性が高まる、物価上昇前に消費や設備投資の前倒しが起こる、金利上昇に備える投資家が増える、業績相場への以降のため株価が調整するなどの影響がありそうです。

インフレ脱却を確認するためのもう2つの指標

thinkstock (12263)

さて、このように需給ギャップがプラスになったことで物価が確実に上昇トレンドに入ったかと判断する前にもう少し確認しておきたい指標があります。
1)コアCPI
コアCPIは物価の上昇率を示す、すごく大事な指標です。3月23日に総務省から2月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除くコアCPI)が発表され前年比1%上昇となりました。3年ぶりの高水準となり、上昇は14カ月連続で、主要因はガソリンを含む石油製品の押し上げ効果ということです。また、物価の基調を示すコアコアCPI(生鮮食品とエネルギーを除く)も徐々に伸び率を高めています。
また、花見に直結する生鮮食品を含む総合指数はというと前年比1.5%も上昇し、1月の1.4%から微増ではありますがプラス幅が拡大しています。昨年から話題になっていた野菜や果物など生鮮食品は引き続き高値が続いていますが、魚介類の価格が下落したことで、このように0.1%増で収まったようです。
これからも分かるように花見で食べるおつまみや惣菜は、魚中心で野菜と果物を少し減らすとコストが上がらないといえそうですが、みなさんいかがでしょうか? 少しさみしい気もしますが。
gettyimages (12244)

2)GDPデフレーター
この指標は、国内で生産されたモノやサービスの価格水準を示すものです。あまり聞きなれない人も多いかもしれませんが、GDPデフレーターは政府も日銀も物価上昇率を計る重要な指標として注目しています。17年10月〜12月期の数値は、前年同月比で+0.1%とあまり強くなかったのでまだまだ弱い印象ですが、長くマイナス圏内であったことを考えればこちらも時間とともに上昇する傾向が見られるといえます。
20 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?
日本はインフレにできないって本当?『MONEY』の本質に学ぶ!

日本はインフレにできないって本当?『MONEY』の本質に学ぶ!

今回、私が手にした本は『MONEY ~もう一度学ぶお金のしくみ~』。アメリカの有名大学で教鞭をとる経済学者チャールズ・ウィーラン氏の著書です。これまで全米ベストセラーとなった『統計学をまる裸にする』『経済学をまる裸にする』などを上梓されているそうですが、私はこれが初めての本でした。
インフレが忍び寄るかも2018

インフレが忍び寄るかも2018

日本は長い間デフレに苦しめられてきました。その状況を脱するために日銀を中心に懸命に取り組んでいましたが、あまり効果が確認できていません。そのため、日本ではもう二度とインフレが訪れないのではないかという言う人さえいます。しかし、2018年は、「海の向こう」からインフレが忍び寄る可能性がありそうです。
「いつかは住みたい」ソウルでの生活費

「いつかは住みたい」ソウルでの生活費

地理や気候も近い韓国は、日本人にとって最も身近な国の1つ。韓国の料理・美容・芸能などは日本でも流行ることが多く、最近ではチーズタッカルビ・オルチャンメイク・TWICEといったものも人気を博しています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊
お金の教養講座