2017年9月4日 更新

サッカー日本代表キャプテン長谷部誠選手に学ぶ「心を整える」習慣

2017年現在140万部超。異例の売り上げを誇る、サッカー日本代表キャプテン長谷部誠選手の著書『心を整える。』。実はスポーツ選手が書いた書籍として初のミリオンセラーを達成。発売当初は大学の入試問題にも数多く採用されるなど大いに話題になりました。

gettyimages (3746)

2017.8.23
書籍『心を整える。』が、なぜこれほどのヒットを記録したのかというと、それはおそらくこの本が「自己啓発本」としてビジネスマンなどの社会人に支持されたためでしょう。長谷部選手はビジネスとは異なる世界で戦うサッカー選手ですが、浦和レッズに加入した02年以来、日本とドイツで4つのクラブを渡り歩きながら13人の異なるタイプの監督の下で働き、日本代表ではジーコ監督以降7人もの監督の信頼を得ています。

つまり、アスリートとしての経験だけでなく「上司とのコミュニケーションの取り方」「組織のなかで信頼を得る方法」「苦手な仲間・ライバルとの接し方」「キャプテンとしてのチームのまとめ方」などなど、組織の中で得た経験が非常に豊富!だからこそ、そのノウハウが社会人にもウケたのではないでしょうか。

ということで、長谷部選手が身に付けた「勝利をたぐり寄せるための56の習慣」の中から、社会人でも使えそうな心の整え方をピックアップしてみました。

「夜の時間をマネジメントする。」

thinkstock (3735)

あくまで個人的にですが、この本を読んだ私にとってある意味最も衝撃的だった一文がこちら。
僕は電気をつけたまま寝たことがない。本を読みながら、テレビを見ながら、ゴロンと横になって、いつの間にか寝たことがない。
テレビやゲームといった誘惑に惑わされることなく、ベッドに入るまでの時間をコントロールしているというのです。しかも毎日!
しょっちゅう夜更かしをしてしまっている私にとって「こんな人がいるのか?」と思うレベルの話。それほどアスリートにとって体調管理が大切ということもありますが、もうひとつ「ある理由」で長谷部選手はこの習慣を続けているそうです。
それは『勝負強さ』を身に付けるため。「寝る」という行為は意外と難しく、大事な日が近づくほど緊張が高まり質の良い睡眠がとれなくなるもの。だからこそ、日ごろから自分自身をマネジメント出来ているかがカギになる。この考えがあるからこそ、特に誘惑が多い「夜の時間」にこだわるのだそうです。
ちなみに一方で、ドイツ移籍した当初は海外選手からの飲みの誘いを絶対に断らなかったそうですが、それはチームメイトとの協調性を高め自分の性格を知ってもらうチャンスだと考えたから。ストイックすぎるのではなく、このような柔軟な考え方も参考にしたいですね!

同じメンバーと「群れない」

gettyimages (3738)

毎年のように移籍市場を賑わすサッカー界。それだけ選手や監督が激しく入れ替わっていることを意味しますが、長谷部選手自身も新人になったり、ライバルが移籍してきたり、はたまたキャプテンを務めたり。組織の中で様々な状況に置かれながら、心を整える方法を身に付けてきました。
ちなみに南アフリカW杯の大会期間中、代表メンバーたちが食事をする席は大体決まっていたそうですが、岡田監督はチームキャプテンの川口能活選手だけは食事ごとに各テーブルを回るように指示していたそうです。この時の代表は、結果はもちろん組織としてすごく魅力的だったのを覚えていますが、あれは岡田監督の細かい努力の賜物だったのかもしれません。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈川島永嗣〉川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。〜前編〜

〈川島永嗣〉川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。〜前編〜

今では、世界で活躍し、日本の守護神と呼ばれている、サッカー日本代表の川島永嗣。 でも昔から今の状態だったわけではない。 川島永嗣が自分自身を育ててきた秘訣を、聞いてみた。 ビジネスにも、そして人生にも、大きなヒントを見つけるために。
〈川島永嗣〉川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。〜後編〜

〈川島永嗣〉川島永嗣が育てた自分自身。その7つの秘訣とは。〜後編〜

今では、世界で活躍し、日本の守護神と呼ばれている、サッカー日本代表の川島永嗣。 でも昔から今の状態だったわけではない。 川島永嗣が自分自身を育ててきた秘訣を、聞いてみた。 ビジネスにも、そして人生にも、大きなヒントをみつけるために。
「スポーツ」で社会問題を解決する。その可能性を探るための新たなレースが始まった。(為末大)

「スポーツ」で社会問題を解決する。その可能性を探るための新たなレースが始まった。(為末大)

陸上男子400mハードル選手として、シドニー、アテネ、北京と過去3度の五輪に出場してきた為末大さん。日本でも数少ないプロ陸上選手としても活躍してきました。一方で数々の著書を出すなど、アスリートきっての理論派としても人気を集めています。今回は為末さんに、引退後の目標やお金、投資についての考え方を伺いました。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部