2019年11月22日 更新

世界が景気後退に陥るまでは、円高は進まないだろう

世界経済が減速し円が買われやすい地合いのなかで、ここ数か月の円相場は107円台~110円台で落ち着いた動きを継続しています。これまでのようにリスク回避の円高が起きないのは、主に2つの需給要因が海外の投機筋による円買いを防いでいるからです。実のところ、円相場の中長期的な動向に影響する需給要因が、夏場あたりから円安方向へ強く作用しているようです。

世界経済が減速し円が買われやすい地合いのなかで、ここ数か月の円相場は107円台~110円台で落ち着いた動きを継続しています。これまでのようにリスク回避の円高が起きないのは、主に2つの需給要因が海外の投機筋による円買いを防いでいるからです。実のところ、円相場の中長期的な動向に影響する需給要因が、夏場あたりから円安方向へ強く作用しているようです。

円高を防ぐ要因1【日本の貿易赤字】

まず1つめの要因は、日本の貿易赤字が円高を防いでいるということです。2019年の前半は輸入額と輸出額がほぼ均衡する状態にあったのですが、7月以降は輸出額の落ち込みのほうが大きく、3カ月連続で輸入額が輸出額を上回るかたちとなっています。2019年度上半期(4月~9月)の貿易統計によれば、輸出額は38兆2,332億円と前年同期比で5.3%減、2期連続の減少となっているのです。

日本の輸出額が減少したのは、中国への輸出が7兆2337億円と9.1%減、中国を含めたアジア全体への輸出額が20兆4648億円と8.4%減だったことが影響しています。その結果として、2019年上半期の貿易収支は8480億円の赤字に陥っているのです。企業は海外から商品を輸入する際に、必要なドルを得るために円を売ることになるため、貿易赤字は円安へ振れる要因になるというわけです。

中国の2019年7-9月期のGDP成長率は6.0%の伸びにとどまり、2四半期連続で減速しています。比較が可能な1992年以降では、最低の水準を更新しているのです。中国経済の減速が続くかぎり、アジアの国々の減速も続くことになるため、2019年のうちに日本の輸出が回復するという見込みは立てることができません。米国の経済も減速傾向にあり、2020年に入っても貿易赤字が定着する可能性を視野に入れておくべきでしょう。

円高を防ぐ要因2【日本の外国債券投資の活発化】

2つめの要因は、日本国内の機関投資家が外債投資を活発化させているということです。財務省の統計によれば、日本から海外への中長期債の投資による買い越し額は、2019年の9月の時点で2016年以来3年ぶりの高水準に達しています。2019年に入って再び外債投資が増えてきたのは、世界各国で金融緩和へといっせいに舵を切っているからです。国内の機関投資家は日本国債に投資しても妙味が薄いので、プラスの利回りを得られる米国債市場への投資を加速しているのです。

国内の主要な生命保険10社の2019年度の運用方針では、国内債券への投資額は1兆円程度の減少となる一方で、外国債券への投資額は2.5兆円程度の増加になるとのことです。そのうえ、2018年度は外債投資2.2兆円のうち、為替変動の影響を避けるヘッジ取引を組み合わせた投資が1.7兆円と8割弱を占めていましたが、2019年度は対照的に外債投資2.5兆円のうち、ヘッジのない投資が1.7兆円程度と7割弱に増える見通しだということです。

ヘッジのない投資が増えているのは、米国の2015年からの利上げの継続によって、ヘッジにかかる費用が増えていたためです。ヘッジしない米国債投資であれば、為替リスクを負うことになっても利回りは確保できるため、生保の機関投資家のあいだでは108円台でも米国債を積み増したいとの声が多いということです。当然のことながら、ヘッジのない米国債投資は実需の円売りを伴うので、円安ドル高の要因になります。

円相場は年内は安定か

以上の2つの需給要因から、円高が進む環境はしばらく訪れないだろうと見ています。今後100円に迫るような円高が起こるとすれば、世界経済が不況になるという見通しのもと円買い需要が強烈に強まるか、あるいは、米国や中国の企業債務を発火点とした危機が起きるか、といったケースでしょう。ですから、円相場は少なくとも年内は安心して見ていられる環境にあると思われます。

1日で経済オンチが克服できる!「経済入門スクール」

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

株式市場が波乱の幕開けでも見誤らないための3つ視点

株式市場が波乱の幕開けでも見誤らないための3つ視点

2020年の株式相場は波乱の幕開けとなりました。日本の株式市場が1月6日からと遅いスタートであることから警戒する投資家も多かった中で、やはりかという感が強い年始となりました。それでも波乱相場では落ち着いて冷静に判断することが一番大事です。今日は相場を見誤らないための3つの視点を見ていきます。
〈中原圭介|経済アナリスト〉インタビュー:定年が消滅して働き続ける時代が来る

〈中原圭介|経済アナリスト〉インタビュー:定年が消滅して働き続ける時代が来る

「人生100年時代」といわれ久しいが、私達はこの長い生をどのように生き抜けばよいのだろうか。2019年12月12日に「定年消滅時代をどう生きるか」を上梓した経営コンサルタント・経済アナリストの中原圭介氏にインタビューを行った。
日本株のトレンドは海外投資家が左右している

日本株のトレンドは海外投資家が左右している

「日経平均株価は2019年8月の安値20,110円から、なぜ11月には高値2万3,608円を付けるまで上昇することができたのでしょうか?」 この質問に対する答えとしては、「米中貿易交渉がまとまることで、世界景気や企業業績が回復するという期待が高まっている」といった解釈がよく聞かれます。
八村塁の年俸と彼を取り巻く皮算用|NBA、Nikeも日本浸透ねらう

八村塁の年俸と彼を取り巻く皮算用|NBA、Nikeも日本浸透ねらう

アメリカではNBAシーズンが10月から始まり、世界中のバスケットボールファンの注目の的となっている八村塁選手。そんな21歳の八村の気になる懐事情や彼を取り巻くビジネスサイドの皮算用について調べてみました。
経済 |
2020年株式相場におけるとても大切なポイントとは

2020年株式相場におけるとても大切なポイントとは

2019年も年の瀬を迎えました。随分と冷え込む日も多くなりましたが米国の株式市場は熱気を帯びています。2020年オリンピックイヤーの株式市場を読み解くヒントを見ていきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部