2019年2月13日 更新

働き方改革は、人材育成から。上司は成功経験も精神論も捨てなさい

あなたの会社に働き方改革の波は届いていますか? 働き方改革と共に人材育成改革の必要性も叫ばれる昨今、何から手をつけてよいか頭を抱える経営者も多いはず。そもそも働き方改革の目的は何でしょうか。なぜ人材育成改革が必要なのでしょうか。働き方改革と人材育成改革の関係を掘り下げます。

gettyimages (30906)

2019.2.13

御社の働き方改革、順調ですか?

gettyimages (30913)

2017 年3 月28 日、政府は「働き方改革実行計画」をまとめました。「非正規雇用の処遇改善」「賃金の引上げと労働生産性向上」「長時間労働の是正」「柔軟な働き方がしやすい環境整備」など9 つの分野での改革を求めています。働き方改革は一般に生産性向上と結びつけて考えられることが多く、実際に政府も「働き方改革こそが、労働生産性を改善するための最良の手段」と考えています。
ところが、組織・人事コンサルタントの伊賀泰代氏は、働き方改革で生産性を上げるために何をしているかと聞いても答えられない経営者が多いと指摘。改革を実行していかなければならない当の経営者が、「どのような改革をすれば生産性が向上するのか」について、しっかり考えられていないようなのです。

働き方改革の目的と人材育成改革

gettyimages (30908)

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授の高橋俊介氏は、2015 年のインタビューで「ワークスタイル改革 [働き方改革] の本当の目的は人材育成を通してのビジネスモデルの変革」であると答えています。変化の激しいこの時代に確固たる競争力を持ち続けるにはビジネスモデルの更新は必須。そのためにこそ、社員の働き方を従来方式からより柔軟で生産的なものに変えていかなければならないのです。
そこで注目されるのが人材育成。新しい柔軟性のある働き方ができて生産性を高められる人材を育てるということです。しかし、ここで罠にハマる経営者が続出します。「人と組織に関わる人材育成の問題は、ともすれば、個別的な感情や精神論を優先して語られる傾向が強い。自分自身の個人的な人生経験を基に、断定的な議論をする人も多い」(高橋氏)からです。
体力や仕事への熱意、各タスクの得手不得手には個人差があって当然。人付き合いやコミュニケーションの仕方も違います。仕事とプライベートに求めるバランスも価値観やライフステージで変化します。それなのに、「俺はこれで成功した」「やればできる」「信じれば叶う」と押し切られてしまっては、部下はついていけません。このタイバーシティ社会にあって上長にダイバーシティの観点がなければ、部下はため息をつくばかりでしょう。
働き方を変えるには、単純なトップダウンでああしろこうしろと言うのではない、もっと抜本的な人材育成改革が必要であり、そうした改革を担える人材が必要なのです。

働き方改革に求められる人材とは

gettyimages (30915)

「改革します」と声高に叫んでも、社員の意識はそう簡単に変化しません。言葉だけで従来のやり方を変えることは難しく、「実際に変わってきてるんだ」という目に見える変化が必要です。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

廃校スペースが起業オフィスに生まれ変わる!メリットや事例は?

全国でいま年間約500校のペースで「廃校」が生まれています。それを利用し、起業家やスタートアップ企業にシェアオフィスを格安で貸す施設が増えています。その最大のメリットは月々1万円台から安く借りられ、起業の初期費用を抑えられることでしょう。
キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化で補助金も!?クレジットカード決済未導入は不利?

キャッシュレス化社会を進めるために補助金を行政が用意している、というお話を耳にされた方は少なくないでしょう。既に起業された方も、これから起業を検討されている方も、クレジットカード決済を導入しない場合、ビジネスで損をする可能性が大きいことは知っておいた方が良いですね。
2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

2020年に向けて働き方改革「テレワーク」のメリットとは

世紀の一大イベントである東京オリンピックが2020年に行われます。開催期間中の都内への出勤など、交通機関の混雑が予想されます。 森本登志男著『あなたのいるところが仕事場になる』 より、今知っておきたい、テレワークという働き方についてご紹介します。
成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。
近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

近代日本の財政破綻の危機を救った蔵相・高橋是清は、転職魔だった

江戸末期にアメリカ・オークランドで牧童をしていた高橋是清は、職業を転々とした三十年余の年月を経て、明治三十二年には日銀副総裁に栄進し、日露戦争や世界恐慌の勃発により日本が財政破綻の危機的状況に陥ったなか、戦費調達や金融・財政政策に辣腕を振るい国家の破綻を救いました。 この間の転職歴は十数回におよび、ときには遊びで身を持ち崩したり、事業の失敗で失業するなど人生の辛酸をなめましたが、その生き様の中でどのような軌跡を描き人生の成功者となっていったのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部