2019年5月20日 更新

アメリカ富裕層のクレジットカード事情は?ブランドで決まる信用力

アメリカ(米国)の富裕層にとって、クレジットカードはまずブランドありきであり、ステータスと社会的信用力を測る物差しになっています。留学・駐在などを経験されるとよく分かりますが、世界で最も富裕層世帯が多いアメリカは、聞きしにも勝るクレジットカード社会なのですね。

gettyimages (37828)

2019.5.13

アメリカの高級ホテルは富裕層向けクレジットカードがないと泊まれない?

gettyimages (37833)

アメリカの富裕層はクレジットカードにステータス性を求める傾向が強いのですが、社会的にも富裕層向けクレジットカードのホルダーには高い信用力がある、と看做される傾向が強いです。一例を挙げれば、アメリカのラグジュアリークラスのホテルに宿泊したい場合、富裕層向けのステータス性が高いクレジットカードを提示できないと、利用を断られるケースすら散見されます。「お客さまは神さまです!」の精神で営業している日本のホテル業界の感覚からは、なかなか理解されないことでしょう。
アメリカのホテル業界で言うところの富裕層向けクレジットカードとは、VISA・Masterならば最低でもゴールドカード以上、AMEX・Dinersならば一般カード以上を指す、と考えておけば良いです。つまり、アメリカのラグジュアリークラスのホテルに宿泊したければ、このレベル以上のクレジットカードを提示できる必要がある訳です。もちろん、エグゼクティブクラスでない出張者・旅行者が日常使いするクラスのホテルであれば、VISA・Masterの一般カードの提示でも宿泊可能です。ただし、クレジットカードを保有していない、持参を忘れてしまったなどの理由で提示できない場合、アメリカでは一般クラスのホテルですら宿泊を拒否されることはザラにあります。
仮に許されても、現金での高額なデポジットを求められるはずです。クレジットカードを保有できないのは貧困層など社会的信用力が極めて低い人間である、という社会通念があるためですね。ちなみに、JCBはハワイ・グアム以外のカバー率が低く、アメリカ本土へ行く方が持参するクレジットカードとしてはオススメできません(JCBはDISCOVER・AMEXと提携しており、いずれかの加盟店では使用可能の建前ですが、実際には店頭で断られるケースが多発します)。

アメリカ富裕層に鉄板人気!クレジットカードのトップ3ブランドは?

gettyimages (37840)

まず筆頭は、「American Express Centurion Card(通称:AMEXブラックカード)です。AMEXの最上級ブランドであり、アメリカでも最上位のステータス性を誇ります。アメリカ富裕層向けクレジットカードのトップブランド、と言って差し支えありません。この点は日本も同様ですね。カードホルダーは入会金5,000米ドル(約55万円)、年会費2,500米ドル(約27万5,000円)を負担する必要があります。既にAMEXプラチナカードのホルダーになっており、年間25万米ドル(約2,750万円)以上の利用実績がある会員の中から、AMEXが候補者を絞り込み、招待状を送る方式です(自分からは申込み不可)。
次点は、「American Express Platinum Card(通称:AMEXプラチナカード)」です。年会費やステータス性はAMEXブラックカードに及びませんが、ブラックカードと同レベルの特典を受けることが可能です。年会費は450米ドル(約4万9,500円)です。AMEXグリーンカード(一般カード)・ゴールドカードのホルダーの中から、AMEXが年収・勤務先・資産状況などの要件で候補者を絞り、こちらも招待状を送ってきます(自分からは申込み不可)。我が家は30代半ばで、一般企業のサラリーマンという属性でこのカードホルダーになりましたので、要件レベルは実際そこまで高くないと思われます(日本国内発行の場合)。
三番手は、BARCLAYS銀行発行の「Visa Black Card」で、AMEXブラックカードに対抗して比較的最近誕生したものです。年会費450米ドル(約4万9,500円)と、AMEXプラチナカードと同水準に抑えられています。富裕層向けクレジットカードとしての高いステイタス性を維持するため、年間5万米ドル(約550万円)以上の利用が見込まれ、かつアメリカ全人口の1%以内の方にのみ発行される、と発表されています。カードホルダーに求める要件レベルは高いですが、申込み自体は誰でも、富裕層でなくとも可能です。

アメリカ富裕層向けのステータス性が高いクレジットカードは他にも?

gettyimages (37843)

上で紹介したトップ3ブランド以外にも、アメリカには富裕層向けのステータス性が高いクレジットカードがいくつか存在します。例えば、「Bank of America Accolades」というクレジットカードのブランドがあります。AMEXとの提携カードであり、年間59万5,000米ドル(約6,545万円)以上の利用で、AMEXブラックカードと同レベルの特典を受けることが可能です。年会費295米ドル(約3万2,450円)と、富裕層向けクレジットカードとしては低めに設定されています。Bank of America銀行に10万米ドル(約1,100万円)以上の資産を預けている前提で、高いレベルの審査要件をクリアできないと発行されません。
19 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

お金持ちは皆が皆、幸せな人ばかりでしょうか。幸せじゃないお金持ちは存在しないのでしょうか。このような素朴な疑問を持つ方も少なくないはずです。お金持ちは、基本お金持ち同士で付き合いますから、外には余計にその実態(精神面も含む)は見え難いのですね。
どうやって5,000万円貯金する?準富裕層になる方法

どうやって5,000万円貯金する?準富裕層になる方法

富裕層を目指すならば、まずは準富裕層入りを果たさなければ始まりませんね。野村総合研究所(NRI)による定義では、準富裕層とは預貯金含む金融資産が5,000万円以上1億円未満の世帯のことです。今のご時世、5,000万円をどうやって貯金すればよいのでしょうか。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

富裕層のお金の使い方にこそ、誰もが参考にできる知恵が詰まっています。所得や資産が桁違いの富裕層のお金の使い方など、一般層にはとても参考にならないと思われがちですね。ところが、そのようなことは全くなく、日々のくらしに活かせることも少なくないのです。
お金持ちになるために「捨てる」べきこと3つ

お金持ちになるために「捨てる」べきこと3つ

お金持ちになるためには、すべてに労力を割くのではなく、資産を増やすための労力にすべてを注がなければなりません。そのためには、すでに習慣にしていることもやめる決断も必要です。そこでお金持ちになるために捨てるべきものを3つご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部