2018年6月19日 更新

脱サービス残業! ワークライフバランスをかなえるたった1つの方法

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの「こづかい」は減らすな』より特別編集編をお届けします。

gettyimages (13650)

2018.4.26

ワークライフバランスをかなえる、ほんとうの働き方革命とは

istockphoto (13660)

「ホント、忙しすぎるよ。世間はワークライフバランスだっていうのにさ」
働き方革命とは名ばかり、夜遅くまで残業が多かったり、時には休日出勤もあったりで自分の会社は忙しいよ、と愚痴も言いたくなるのがビジネスマンの本音ですよね。
仕事ばかりしている毎日では、余暇や趣味の遊びに充てる時間が減り、生活に潤いがなくなってきます。仕事と生活のどちらも充実させてワークライフバランスを考えるのは当然のことです。
「そろそろ、細々とした仕事じゃなくて、大きい仕事を任せてほしいよなぁ」
一方で、仕事で信用を勝ち取りたい、そんな思いを抱くことも本音かと思います。
仕事で成果を上げたいのなら、他人よりも努力しないといけないこともまた事実。「ワークライフバランスが大事」と言っている間にライバルは実績を作り、評価を上げて、やりたいような仕事を任されるようになっているかもしれません。信用を築くには、今の目の前の仕事で成果を出していくしかありません。「スキル×時間」を積み重ねることが、大きな信用につながっていくのです。

ワークライフバランスは50年スパンで考える

gettyimages (13649)

ワークライフバランスという考え方はとても大切です。しかし、それは人生という長い時間軸でとらえて、バランスを考えるべきです。サラリーマンは報酬を月給としてもらうので、「今月は80時間も残業したから、仕事ばかりの月だった」「今月は20時間しか残業していないから、ワークライフバランスが取れていた」と月単位で考えてしまいますが、働くわたしたちは長期的・継続的に自分のスキルを高めて成長していくことが大切です。
ワークライフバランスを50年の長期スパンで考えたら、若いうちはもっとも体力がある(というか強みは体力しかない)ので、ハードに仕事をして業務スキルを高める。すると、30歳、40歳と年を重ねるに連れて効率よく仕事ができるようになり、プライベートに時間を割けるようになってワークとライフがだんだんと釣り合ってきます。50代を過ぎるとさらに時間ができ、収入も増えている。60歳以降はこれまで蓄積した資産をベースに、存分にライフを楽しむことができるようになるのです。若いうちは苦労しますが、年を取ってからはラクな生活が送れるようになります。今よりも大きい仕事をやりたいという希望があるのなら、がむしゃらに仕事をするという選択は、決して時代遅れでもなんでもなく、当然のことと言えます。

多忙でもワークライフバランスは実現できる!

gettyimages (13652)

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
人生最大の買い物に備える! 大きなお金に慣れるためのトレーニング法

人生最大の買い物に備える! 大きなお金に慣れるためのトレーニング法

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの「こづかい」は減らすな』より特別編集編をお届けします。
「お金が増えないことがリスク」というこれからの時代の考え方

「お金が増えないことがリスク」というこれからの時代の考え方

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの「こづかい」は減らすな』より特別編集編をお届けします。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人
お金の教養講座