2018年8月22日 更新

お金と時間から自由になるための10の金言

お金と時間の制約から解放されるためには? あなたの心を自由にする選りすぐりの言葉を、前後編でお届けします。

2015.7.27
お金がないから諦めるしかない、
時間がないから出来ない、
いずれもよく口にしてしまうフレーズです。

しかし、お金と時間こそ「出来ない理由」から早々に取り除けるものかもしれません。
この世には、そして、それぞれの人にはそれぞれの、本当にどうにもならないこともあります。しかし、お金も時間も、多分にコントロール可能なものです。

お金と時間の制約から解放され、自由になれるヒントを、古今東西に散らばっている言葉たちから集めました。

前編の5つの言葉に続いて、もう5つご紹介いたします。

06.「きみが投資できるものは、時間とお金の二つだけだ」。またこうも言っていた。「たいていの人は時間をたくさん投資しないからお金を失う」(ロバート・キヨサキ)

金融資産への投資が、投資行動の全てではありません。時間もまた、投資対象となります。

2時間の読書によって得られた知識のおかげで、10時間、悶々と悩まずに済むかもしれません。部屋の中の物やPCの書類を整理整頓して直ぐに取り出せるようにしておけば、必要な時に探す時間を短縮できるでしょう。将来必要となるお金を確保するためには、一刻も早く積み立て始め、投資期間を少しでも長く確保することが有益です。

意識しなければ気がつかないまま浪費してしまいがちですが、時間もまた、限りある資産です。今の時間を、将来の稼ぎのための時間にどう変えていくのか、と積極的に考えると時間から自由になる一歩となるでしょう。

07.成果をあげる者は仕事からスタートしない。時間からスタートする。計画からもスタートしない。時間が何にとられているかを明らかにすることからスタートする。(ピーター・F・ドラッカー)

計画を立てる時に、何を行うのかという「仕事」の計画から始めるのがごくごく一般的ですが、それでは仕事の計画が計画にままに残り「やるつもりだったのに」のままに終わってしまいがちです。しっかりと成果をあげるためには、まず、時間を作ることから行わなければなりません。

時間を作るためにはまず、現在、自分が何に時間を使っているのかを把握する必要があります。自分の時間の使い方を正しく記録してみると、必要のないことをやりすぎていたり時間以上の仕事を詰め込み過ぎている、など「時間がない」原因が把握できます。

時間の無駄遣いを洗い出してそれらを排除することによって得られる時間を認識し、その上で行う仕事を計画していく「時間のマネジメント」。仕事の達成度が確実に変わることでしょう。

08.情報時代には、今知っていることがあっという間に時代遅れになる。何を学ぶかも確かに大事だが、もっと大事なのは、いかに速く学び、自らを変え、新しい情報に適応できるかの方だ。(ロバート・キヨサキ)

日々目まぐるしく変化していく現代では、最新と思っていたニュースもテクノロジーもすぐに古いものとなり、環境認識もすぐに改めなければならないことも頻繁に起こります。古くなった情報や認識では、適切な意識決定は行えません。

リアルタイムで変化していく時代の流れを感じ取り、正確な情報、重要な情報をしっかり入手し、自分のものにしていくことを意識的に行っていくことが重要になってきます。残念ながら日本語だけでは入手できる情報の量に限界があり、新鮮度も落ちてしまうのも現実。英語や中国語など語学の習得は、有益な情報収集に多いに役立つでしょう。

09.より高い時間的価値がある分野に、自分の時間を投資したほうがいい。(泉正人)

世の中はたいてい、価値に見合う金額が払われるようにできています。同じくらい骨が折れる仕事があったとしても、「作業系」より「考える系」の仕事の方が重要なのは明らかです。「作業系」の仕事にいくら時間をかけたとしても、新しい価値を生み出すことにはなかなか繋がらないからです。

そのため、自分が身につけるべきスキルを見極めることも大事になってきます。短時間で習得できる「誰にでもできること」より、時間を掛けても「他の人にはできない能力」を身につけたほうが、将来、かけた時間以上の価値がかえってくるものです。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

「お金持ちの思考にはパターンがある。」これはある程度確かです。お金持ちになれる人に特有の思考回路、と言い換えても差し支えないでしょう。人生一度きり、1日24時間しか持ち時間がないことは、誰にも全く平等です。差を生み出すものこそ、思考パターンですね。
幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

幸せで豊かな黒字の人生を歩むために 必要な考え方とは

この春、新しく社会人になった人、転職して新天地で頑張っている人。この時期はそんなビジネスパーソンが多いのかもしれません。そして、お金に対する認識も、生活とともに変わる一面があることでしょう。
家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

家では質素がお金持ちの生活スタイル?時間と自分には投資

お金持ちの家ほど、プライベートでの生活は質素な傾向です。お金持ちに対するイメージである、高級車を複数台乗り回し、ブランド物を身に纏い、異性と派手に遊んでいるようなタイプは主流派ではありません。本物のお金持ちは、投資は時間と自分に向けるものだからです。
堀江貴文のお金の習慣「お金は血液と同じ。流れを止めるな」

堀江貴文のお金の習慣「お金は血液と同じ。流れを止めるな」

なにかと話題に上がる堀江貴文さん。自身も多くの書籍を発売していますが、キングコング西野亮廣さんとの共同著書『バカとつき合うな』を出し、話題沸騰中です。 そんな堀江貴文さんの「お金」への考え方や、少しだけ変わっている使い方、習慣などを紹介していきます。
準富裕層になるには? 生活スタイルは? 早期リタイアも可能?

準富裕層になるには? 生活スタイルは? 早期リタイアも可能?

準富裕層の生活は堅実? 富裕層へのステップとして、準富裕層を目指す方も多いことでしょう。野村総合研究所(NRI)などの定義では、世帯の純金融資産が5,000万~1億円未満を準富裕層としています。準富裕層になる方法や生活スタイル、早期リタイアの可能性を見てみましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部