2019年8月14日 更新

マルチタスクができなくても仕事の処理能力は上げられる!3つの方法

仕事は効率良く行うためには、短時間に複数の仕事を進めるマルチタスクができればよいのでしょうか。実はそのようなマルチタスクは逆に仕事の効率を下げることが知られています。 そこでマルチタスクに頼らない仕事の処理能力を上げる方法を説明します。

2019.8.14

1 マルチタスクとは何か?できないことには理由がある

gettyimages (44704)

1-1 マルチタスクとは

マルチタスクとは本来、コンピュータの用語で「同時に複数の作業を行うこと」です。

しかしコンピュータは同じ時間に複数のことを並列して作業することはできません。人も同じように、並列して同時に複数の作業をこなすことはできないものです。

いくつかの作業を細かく切り替えながら同時進行で行うような進め方を、マルチタスクと呼びます。

1-2 人間がマルチタスクを苦手とする理由

人は同時に複数のことを行うことは難しいでしょう。たとえばメールのチェックをしながら返信する文面を考えつつ、電話で顧客対応するというのは難しいものです。どちらかに神経を集中させるので、もう片方の作業は止まります。

ただし、電話をかけて相手が出るまでの間にメールチェックをするといったように、隙間時間を利用することは可能です。

1-3 マルチタスクは無駄な時間を生む

空いた隙間時間を使ったマルチタスクは、効率のよい仕事の進め方のように思えます。しかしたとえば、電話の途中で返信するメールの内容に注意を向ければ、電話でどこまで話をしていたのか忘れることがあります。あるいは相手との約束を交わしておきながら、それをメモするのを忘れて頭からすっかり抜け落ちるといったことにもなりかねません。

このようなミスにつながる可能性もあるので、マルチタスクができないと気にする必要はありません。

1-4 マルチタスクは脳に影響を与えることも

マルチタスクを習慣にすることで、脳に影響を与える可能性があります。

まずマルチタスクを行うと、集中力の低下が懸念されます。ほかの作業にも注意しなければならないので、集中力が分散してしまいます。(※3)

また、ほかの作業に気をとられることで、余計なストレスを抱え、脳へのストレスが蓄積されがちです。ストレスが溜まると記憶力も低下するので、短期記憶を必要とする作業のパフォーマンスを低下させてしまいます。

2 マルチタスクができれば仕事の処理能力が高いのか

マルチタスクができるからといって、決して仕事ができるとは限りません。
36 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。
仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事をスピーディーかつ正確にこなす人には憧れるものです。そんな「仕事のできる人」にはいくつかの共通点があります。反対に、仕事ができない人にも特徴があるようです。それぞれの特徴を把握して、職場で意識して動くことで仕事のスキルアップができます。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部