2018年6月25日 更新

米朝首脳会談の評価を語る前に投資家であればすべきこと

世紀の会談とされた米朝首脳会談が2018年6月12日に終了しました。マスコミ、テレビ、新聞は専門家のコメントを載せて「成功」、「失敗」、「アメリカの負け」、「金書記長の粘りがち」などと評価していますが、実際のところはどうなのでしょうか。私は、これからの実務者ベースの話し合いでその推移を見守らないとなんとも評価できないのではないかと思っています。それよりも投資家であればすべきことがあるように思います。

gettyimages (16757)

2018.6.25

5月24日以降を参考にすべき

gettyimages (16753)

米国のトランプ大統領は5月24日に6月12日にシンガポールで開催される予定だった米朝首脳会談を中止すると北朝鮮の金正恩委員長に通告しました。しかも、トランプ大統領は書簡をメディアに公開してその事実を世界に広めました。この中止は、駆け引きのためであったのかそれとも本気だったのかは、会談終了した現在でも未だ不明ですが、我々投資家が注目すべきところは別にあります。それは、5月24日以降のマーケットの反応をきちんと分析しそれを活かすことです。
マーケットの反応を一次情報で確認する
・米国10年債は買われリスクオフムード。3.05%近くから2.95%近くまで利回りが低下後、2.97%近辺まで戻す
・対ドルに対して1円以上も円高が進み108.95円
・24日のダウ平均は大幅に下落して一時280ドル安、その後下げ幅を縮小させ引けは75ドル安。
・ナスダックも同様で下げ幅は1ポイント安程度

マーケットの反応を三次情報で確認する
・米ドルは08.95円まで下落したがこの会談中止の影響というより一連のドル安の流れを受けたもの
・会談中止は、リスクが台頭したのでマイナス。だが米国による自動車関税の問題を含む通商問題の方が重要
・通商問題が長引けば、企業の設備投資計画に影響を及ぼす。経済指標にはまだ表れていないが、今後影響が表面化する恐れもある
・10月までは米国の「政策ラッシュ」が見込まれそう。米大統領が打ち出すポピュリズム的な政策が株価の重しに

このように会談が中止になっても市場の反応はかなり落ち着いており、それよりも、通商問題の深刻化、設備投資の減速の本質的な問題に目を向けるべきという論調でした。そのことから、我々は「米朝首脳会談が成功するか、しないのか」を市場動向のメインのテーマにすべきでないということはこの時点でわかっていたはずでした。

首脳会談後の反応はだれでも予想ができた

gettyimages (16765)

前述の通り、私たちは、首脳会談の見送りが決まった後の市場反応を冷静に見ていれば、首脳会談後の市場動向は、首脳会談の内容が最重要ではないと準備ができたはずなのですが、しかし、連日連夜続くマスコミや評論家の以下のようなコメントを受けて、
・日本株は米朝首脳会談内容により急上昇か?
・米朝首脳会談次第で今年が見通せる
個人投資家の感情は大きく揺れました。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成功する投資家の荒れ相場での心得とは

成功する投資家の荒れ相場での心得とは

足元は戻り歩調となっている株式市場ですが、米中貿易問題、英国のブレグジット問題、それにじわじわと広がる欧州経済への警戒など不安材料に事欠きません。このような不安材料を抱えた荒れた相場に立ち向かうための心得とは。
資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

資産を10倍に増やす堅実な投資スタイルとは(前編)

私の基本的な投資スタンスについては、2007年に出版した『株式市場「強者」の論理』という著書のなかの「長期的な計画を立てる」という項目のなかで、その原型ともいえる文章を書いております。
賢者の投資方法とは

賢者の投資方法とは

米国では代表的なインデックス型投信を長期保有することに対して、手抜きのポートフォリオであると揶揄されることが多い。しかし実際には、ウォーレン・バフェットをはじめ多くの伝説的な投資家が推奨する投資方法であるのです。
投資の世界のFACT

投資の世界のFACT

2019年の投資環境は目まぐるしく変わりそうです。英国ブレグジット、米国の金融政策、米中貿易問題などに振り回されそうです。それでも、投資の世界にはFACTがあります。今話題のFACTを見ていきましょう。
自分の力で考えなかったら投資は成功しない

自分の力で考えなかったら投資は成功しない

2019年がいよいよスタートしました。2018年の投資環境がたいへん厳しかったことから捲土重来を期している人も多いのではないかと思います。にもかかわらず年初から波乱含みです。荒れる相場を乗り切るための心構えをお伝えします。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊