2019年3月1日 更新

「いつかは住みたい」セブ島での生活費

白い砂浜に広がるエメラルドグリーンの海…セブ島は、世界中から観光客が集まる有数のリゾート地として知られています。マリンスポーツを楽しめるビーチやフォトジェニックなスポットが多いこともあって、近年はハネムーンの旅行先として日本でも人気を博しています。

gettyimages (31950)

2019.3.1
島の平均気温は25℃程度と温暖ですが、湿度は日本ほど高くは感じません。大きな天災のリスクも少なく、リタイアメントビザが比較的取得し易いことから、セカンドライフを過ごすには最適な環境にあると言えます。
そんなセブ島に憧れて、いつか暮らしてみたいと思った人のために、実際に生活する際に掛かる生活費などを紹介します。1カ月あたりどのくらいのお金が必要なのか? 日本の暮らしとどんな点が異なるのか? 今後の人生設計の参考にしてみて下さい。

セブ島の通貨は?

gettyimages (31974)

セブ島はフィリピンにある島の1つなので、一般的にフィリピンペソが使用されています。
紙幣は1,000・500・200・100・ 50・20ペソの6種類で、硬貨は10ペソ・5ペソ・1ペソの3種類があります。
※ 記事では、2019年1月末の時点である、1ペソ(PHP)=2.10円として計算していきます。
セブ島は、海外からの観光客も多いリゾート地ですが、基本的に現地では「ペソ以外の通貨はあまり使えない」と考えておいて下さい。また、ツアー客が多い大型ショッピングモールなどを除いては、クレジットカードを使えない個人店なども多くあります。
また、島で生活する際に覚えておくべきことが、お釣に関する問題です。日本では考えられないことかもしれませんが、郊外の小さな個人店などでは、少額のお釣しか持ち合わせていないことが珍しくありません。高額な1,000ペソ・500ペソ紙幣だけでなく、100ペソ紙幣や硬貨などを、常に財布の中に入れておくよう注意して下さい。

コンドミニアムはプール付き

gettyimages (31983)

島内の物件はコンドミニアム(日本でいうマンション)が多く、ファーニッシュド(家具付きの)が一般的です。家賃の相場は、20〜30㎡程度の床面積で2万ペソ(約4万2,000円)、3万ペソ(6万3,000円)程度を払えば、プールやジム付きの高層物件に住むことも可能です。この様なコンドミニアムには警備員が常駐しており、トラブルがあった場合はいつでも相談することができます。
日本人が居住するのにオススメなのは、島の東海岸に沿って広がっている都市・セブシティです。フィリピン全土を含めても第5位の人口を誇る都市で、近年さらに開発が進んでいるエリアです。空港からも車で30分程度の距離にあり、生活する上で非常に利便性が高い地域だと言えます。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
「いつかは住みたい」デリーでの生活費

「いつかは住みたい」デリーでの生活費

インドは、世界2位の13億の人口を抱える国家で、様々な民族・言語・宗教で溢れています。公用語はヒンディー語の他に約20もあり、それを表すものとして「15マイルごとに方言が変わり、25マイルごとにカレーの味が変わる。100マイル行けば言葉が変わる。」ということわざもあります。
「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

「いつかは住みたい」ブータンでの生活費

ブータンは、北は中国・南はインドに挟まれる南アジアの国家で、「世界一幸福度が高い国」とも言われています。独特の仏教文化を色濃く残しており、他の国にはない魅力で溢れています。
「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

「いつかは住みたい」ストックホルムの生活費

スウェーデンは、ノルウェーとフィンランドの中間に位置する北欧の国です。スタイリッシュな雑貨や衣類などでも知られており、「IKEA」や「H&M」などもスウェーデン発祥のブランドです。
「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

「いつかは住みたい」サンパウロでの生活費

ブラジルは、日本のほぼ反対側、約17,000km離れた場所に位置する南米の国です。 サッカーの国…などといったイメージが先行しがちですが、その人口は日本よりも多い約2億人で、世界5位。豊富な労働力と資源を持ち、現在はBRICS(Brazil、Russia、India、China、South Africa)の1つに数えられるなど、経済大国として注目を浴びています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部