2018年1月24日 更新

ワインを学ぶ…まずは5,000円以上のワインを選ぶ

ワインは大人の、もっと言えばお金持ちの嗜み、というイメージがありませんか? 自分好みのワインを特定して、レストランでオーダーできるようになればステージアップした気分に。ワインの世界の奥深さに触れ、新しいナレッジのドアを開きましょう。

thinkstock (9416)

2018.1.24
ワイン選びの際は、はじめに世界の各地域における代表的なワインのイメージを頭の中に形作ることが大切です。
例えば、「フランスのボルドー地方のカベルネ・ソーヴィニョンは筋肉質で重い味わいであり、脂がしっかりあるステーキに合う」。
こういったイメージを、世界各地域に対して持つことができるようになると、ワイン選びが楽しくて仕方なくなるのです。
もちろんはじめのうちにすべての地域を知る必要はありません。
2カ所でもワインの特徴を知ることができたら、その2つの中から自分が飲みたいワインを選ぶことができます。
あとはこれを繰り返して、イメージできる地域を増やしていくのです。
今回は、いくつかの地域のワインに対してイメージを持っていることを前提として、その次に知るべき、
・自分の好みの把握
・美味しいワインに出会う可能性がグッと高くなる5,000円というライン
について解説します。

自分の好みを把握する

thinkstock (9429)

ワインを自由に選ぶためには、世界の各地域におけるワインの味わいについてイメージを持つだけでなく、自分の好みを把握する必要があります。
以下では、好みを把握するための注意点を紹介します。

ぶどう品種と、生産地域という2つの視点

thinkstock (9419)

自分のワインの好みを把握する場合、
・ぶどう品種
・生産地
という2つの視点を持つ必要があります。
なぜならば、この2つの要素がワインの味わいに与える影響が非常に大きいためです。
ぶどう品種が違うと、ワインの味わいが変わるという点についてはイメージがしやすいでしょう。
しかし、そこから一歩踏み込むためには、同じぶどう品種が生産地の違いにより、ワインにどんな変化を与えるかを知る必要があります。
例えば、カベルネ・ソーヴィニョンというぶどう品種は世界中の様々な地域で栽培されています。
特にフランスのボルドー地方のものとアメリカのカリフォルニアのものは極めて有名です。
どちらもカベルネ・ソーヴィニョン自体の特徴である強いタンニンと、濃密なボディを持ちます。
しかし、カリフォルニアはボルドー地方より気温が高いことが多いため、カリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニョンで造られた赤ワインは、ボルドー地方のものよりも果実味にボリュームがでる特徴があります。
こういった生産地域における味わいの違いを理解すると、より細かなレベルで自分の味覚に合ったワインを選ぶことができるようになります。
生産地の違いがワインに与える影響はとても一言で語ることはできませんが、日常的なワイン選びを行うのであれば、以下の2点を頭に入れておくとよいでしょう。
・寒い地域はぶどうの酸味が強くなる傾向がある。
・暖かい地域はぶどうの果実味が強くなる傾向がある。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アフリカで働く私が、長期的に「安定」した収入を得ている理由

アフリカで働く私が、長期的に「安定」した収入を得ている理由

収入源を多様化させることによって、長期的な視点での「安定」を築くことができる-。フリーランス国際協力師として日本・アフリカで働く筆者が、これからの時代に必要な「収入源」の話をします。
お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちほど子供の教育には力を注ぎ、投資だと看做す傾向が顕著です。また、高学歴の子供の親はお金持ちが多い、というのも昨今の市井では広く言われることですね。これはどうしてでしょうか。お金持ちの子供教育のベースにある価値観・考え方を知っておきましょう。
お金持ちがモテる理由はお金があるからだけではない 

お金持ちがモテる理由はお金があるからだけではない 

お金持ちはモテるという印象はありませんか。お金持ちはお金があるからではなく、お金を稼げるから人を魅了するのです。そこでお金持ちがモテる理由をご紹介します。
お金持ちになれる人のお金の使い方には特徴がある

お金持ちになれる人のお金の使い方には特徴がある

お金持ちになれる人とそうでない人は、稼ぎ方や貯め方だけではなくお金の使い方に違いがあります。お金持ちは小さな出費から大きな出費まで自分なりのポリシーに基づいて決断しています。今回はお金持ちが実践している3つのお金の使い方をご紹介します。
「お金を使ってストレス発散しない」正しいお金との付き合い方

「お金を使ってストレス発散しない」正しいお金との付き合い方

将来のことを考えると、お金に対する不安は尽きないものです。とはいうものの、大型連休などがあればストレス発散で出費をしてしまったりと、お金の出入りに関する考え方のセオリーを決めておきたいものです。
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部