2018年1月24日 更新

ワインを学ぶ…まずは5,000円以上のワインを選ぶ

ワインは大人の、もっと言えばお金持ちの嗜み、というイメージがありませんか? 自分好みのワインを特定して、レストランでオーダーできるようになればステージアップした気分に。ワインの世界の奥深さに触れ、新しいナレッジのドアを開きましょう。

thinkstock (9416)

2018.1.24
ワイン選びの際は、はじめに世界の各地域における代表的なワインのイメージを頭の中に形作ることが大切です。
例えば、「フランスのボルドー地方のカベルネ・ソーヴィニョンは筋肉質で重い味わいであり、脂がしっかりあるステーキに合う」。
こういったイメージを、世界各地域に対して持つことができるようになると、ワイン選びが楽しくて仕方なくなるのです。
もちろんはじめのうちにすべての地域を知る必要はありません。
2カ所でもワインの特徴を知ることができたら、その2つの中から自分が飲みたいワインを選ぶことができます。
あとはこれを繰り返して、イメージできる地域を増やしていくのです。
今回は、いくつかの地域のワインに対してイメージを持っていることを前提として、その次に知るべき、
・自分の好みの把握
・美味しいワインに出会う可能性がグッと高くなる5,000円というライン
について解説します。

自分の好みを把握する

thinkstock (9429)

ワインを自由に選ぶためには、世界の各地域におけるワインの味わいについてイメージを持つだけでなく、自分の好みを把握する必要があります。
以下では、好みを把握するための注意点を紹介します。

ぶどう品種と、生産地域という2つの視点

thinkstock (9419)

自分のワインの好みを把握する場合、
・ぶどう品種
・生産地
という2つの視点を持つ必要があります。
なぜならば、この2つの要素がワインの味わいに与える影響が非常に大きいためです。
ぶどう品種が違うと、ワインの味わいが変わるという点についてはイメージがしやすいでしょう。
しかし、そこから一歩踏み込むためには、同じぶどう品種が生産地の違いにより、ワインにどんな変化を与えるかを知る必要があります。
例えば、カベルネ・ソーヴィニョンというぶどう品種は世界中の様々な地域で栽培されています。
特にフランスのボルドー地方のものとアメリカのカリフォルニアのものは極めて有名です。
どちらもカベルネ・ソーヴィニョン自体の特徴である強いタンニンと、濃密なボディを持ちます。
しかし、カリフォルニアはボルドー地方より気温が高いことが多いため、カリフォルニアのカベルネ・ソーヴィニョンで造られた赤ワインは、ボルドー地方のものよりも果実味にボリュームがでる特徴があります。
こういった生産地域における味わいの違いを理解すると、より細かなレベルで自分の味覚に合ったワインを選ぶことができるようになります。
生産地の違いがワインに与える影響はとても一言で語ることはできませんが、日常的なワイン選びを行うのであれば、以下の2点を頭に入れておくとよいでしょう。
・寒い地域はぶどうの酸味が強くなる傾向がある。
・暖かい地域はぶどうの果実味が強くなる傾向がある。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

〈清水直哉〉「お金とは、 やりたいことをやるための『道具』。」

世界一周を通じて知り合った数人の若者が集まり創業した世界一周団体「TABIPPO」。代表取締役の清水直哉氏は、齢26歳という若さで大好きな「旅」を生業にした。自分がやりたいことを仕事にした彼の人生を作ったきっかけとは何だったのか、世界一周のエピソードとともに話を聞いた。
〈堀古英司〉「お金とは、努力とリスクテイクの結晶。」

〈堀古英司〉「お金とは、努力とリスクテイクの結晶。」

ホリコ・キャピタル・マネジメントLLC最高運用責任者。ニューヨークに住み、生き馬の目を抜くと言われるアメリカの金融界でヘッジファンドのファンドマネジャーとして活躍し続けている。堀古が肌身に感じた、アメリカ人の金融感覚とは。
「節税」と聞いて飛びついてしまう前に。経費やiDeCo、不動産投資、のデメリットについても考える

「節税」と聞いて飛びついてしまう前に。経費やiDeCo、不動産投資、のデメリットについても考える

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの「こづかい」は減らすな』より特別編集編をお届けします。
人生の質と大きさは「仲間」で決まる~『お金原論』[第21回]〜

人生の質と大きさは「仲間」で決まる~『お金原論』[第21回]〜

「お金」とは何か ── 。このシンプルな命題に、現代の視点から向き合おうというのが『お金原論』という新しい学問だ。現代において、私たちの生活とお金とは一蓮托生だ。お金の悩みから解放され、自由な時間を産み出し、心に描く夢のライフスタイルを実現したい。そんなあなたへ。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座