2019年7月11日 更新

今すぐ真似たい!成功者が実践している手帳術3選

スマートフォンで簡単にスケジュール管理ができる時代ですが、成功者の多くは手書きの手帳を活用しています。成功者はどのように手帳を活用しているのでしょうか。ここではすぐにでも実践できる手帳術を3つご紹介します。

古い木製の背景にご予約ください。

古い木製の背景にご予約ください。

ヴィンテージ色のトーンの本を書く女性の手のクローズ アップ

ヴィンテージ色のトーンの本を書く女性の手のクローズ アップ

2019.7.11

1 todoだけでなく自分の夢や願望を書く

手帳といえばスケジュール管理やtodoリストで活用する人も多いと思います。しかし、成功者の多くは、手帳に夢や願望を書き込んでいます。

1-1 漠然としている夢や願望を書き、宣言する 

「一冊の手帳で夢は必ずかなう」の著者である、GMOインターネット株式会社の代表取締役会長兼社長の熊谷正寿氏は、手帳に夢を書き込むことの重要性を説いています。
手帳に夢を書くことで、なぜ実現するのでしょうか。それは、夢を実現するために何をすべきかを、日付とともに記すことになるからです。
ただ漠然と自分の願望を書くだけでは、夢は実現はしません。もちろん自分が何を望んでいるのか、達成したいと思っているのかを手帳で見直すことにより、忘れることはありません。
しかし、それを実現するために「今何をすべきなのか」を具体的にスケジュールに落とし込むことで、その夢は現実のものに近づいてきます。熊谷正寿氏は時間があれば、ずっと手帳を見ているそうです。夢を実現するためには今何が足りないのか、どうしたらよいのかを考えているのです。

1-2 「書くこと」で気づけることがある

また手帳に手書きで夢を書くことによって、そこから「気づきを得る」こともあります。
タイピングするよりも手書きをすることで、脳の活性化につながり創造性を高めることが知られています。手帳に文字を書きながら、気づきを得ることにつながるのです。
手帳に手書きで書き込むことで、夢を実現するためには具体的にどんなアクションが必要なのか、そのヒントを生み出すことにもなります。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せ度が高い人に共通する3つのお金の使い方とは

幸せ度が高い人に共通する3つのお金の使い方とは

お金の使い方次第で人生の幸せ度合いが決まります。誰しも実感するように、お金は幸せな人生を送るために必要不可欠な要素です。しかし、お金それ自体が人生に幸せをもたらしてくれる訳ではありません。お金は目的ではなく、幸せになるためのツールだからです。
お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
人生が変わるお金の秘密|幸せな人がしているお金の使い方

人生が変わるお金の秘密|幸せな人がしているお金の使い方

世の中には、いいお金とあまりよくないお金の二種類があるようです。自分が手にしたお金や出しているお金は、はたしてどちらであるといえるのでしょうか。 KenHonda著『一瞬で人生を変えるお金の秘密happy money』 より、過去を見つめ直してより良い未来に向かうHappy Moneyを作り出す考え方をご紹介します。
お金 |
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部