2019年1月8日 更新

資産230億円!伝説の投資家cisの投資哲学

皆さんはcis(しす)という名の個人投資家をご存知でしょうか?21歳のときに300万円の資金を元に投資を始めると、デイトレードを主戦場に稼ぎまくり、なんと2018年現在の資産230億円に到達!デイトレードには手を出していない私は知りませんでしたが、その世界では「伝説」の冠が付くほどの方。メディア露出は過去に「笑っていいとも!」の1回だけ、著書の出版もしたことが無かったにもかかわらずツイッターのフォロワーは28万人を超えています。

gettyimages (28249)

2019.1.8
そんな彼が、知人の作家が書くならという事ではじめて投資について語った記録が本書『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』です。その中には「ジェイコム株誤発注事件」で瞬く間に6億円稼いだエピソード、ライブドアショックで5億円を失ったエピソードなど刺激的な話が並びますが、ただ自慢に終始する武勇伝本とは異なり、ある種クレイジーなcisという男性の人生観・投資哲学が形成されるまでを綴ったノンフィクションでもあります。
ではデイトレードに興味がある人はもちろん、cisさんのキャラクターに興味を持った人も楽しめる本書の中身に迫りたいと思います。

トレードとはお金の奪い合いゲーム!

gettyimages (28254)

本書はcisさんが相場においてどう考え、どう行動し、どう勝ってきたかについてまとめた本ですが、特筆すべきは彼が相場をゲームのひとつととらえて楽しんでいることです。詳しい内容は4章以降にまとめられていますが、彼は子供の頃、駄菓子屋の当たり付きお菓子を買うことで「期待値」を考えることに魅了され、以降ギャンブルやゲームに没頭します。
「ストリートファイターⅡ」でコマンド入力の動作と反射神経を鍛え、レベルを上げることの重要性や相手を知る事前準備の大切さをオンラインゲームで学んだのだそうです。ゲームを禁止するような教育熱心な家庭には耳が痛い話ですが、投資家cisの成功はゲームとギャンブルの存在無くしてあり得なかったのです。さて、相場をゲームとして見る彼の投資哲学とはいかなるものなのでしょうか?

上がり続ける株は上がり、下がり続ける株は下がる。

gettyimages (28264)

稀に例外もありますが、彼の株式購入のルールは拍子抜けするほどシンプル。「上がっている株を買い、下がっている株は買わない。そして買った株が下がったら売る。」というもの。株価が下がっているときに「そろそろ上がるはずだ」と踏んで購入することを「逆張り」と言いますが、それは「いずれ反転してバランスが取れるはず」という自分が勝手に抱いたイメージに当てはめようとしているだけのこと。今現在買われていることで株価は上がり、売られることで下がっているという明確な事実よりも優先すべきではないというのが彼の考えです。
実はトレーダーを始めた当初は彼もその原則に気が付かず、「少し下がったところで買いたい」「割安なタイミングで買いたい」と策を練っていましたが、負け続けてなけなしの資金を1000万円近く失ったそうです。しかし、ネットで出会った仲間と交流する中でルールを確立してからというもの、彼の投資は一気に上向いたのだといいます。

失敗を認めることから逃げてはならない!「損切り」の極意とは?

gettyimages (28266)

1,000円で買った株が900円や800円になり、1,000円に戻るのを期待して待っていると下がり続けて200円や100円になり爆死。デイトレーダーにとっては避けられない失敗ですが、cisさん曰く「株で一番大切なのは迅速な損切り。失敗から逃げてはダメで、失敗は当然としていかに最小にとどめるか。」
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

普通の人が幸せにも豊かにもなれない5つの理由

普通の人が幸せにも豊かにもなれない5つの理由

『 ユダヤ人大富豪の教え 』の著者の本田健さんの書籍『スイス人銀行家の教え―お金と幸せの知恵を学ぶ12のレッスン』を知っていますか? 幸せなお金持ちになるためにはどうすればいいのか?そんなことをスイス人銀行家のおじいちゃんと著者とのやりとりから学んでいくという内容の本です。
お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちほど子供の教育には力を注ぎ、投資だと看做す傾向が顕著です。また、高学歴の子供の親はお金持ちが多い、というのも昨今の市井では広く言われることですね。これはどうしてでしょうか。お金持ちの子供教育のベースにある価値観・考え方を知っておきましょう。
会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。
他者把握 自分よりすぐれている人の能力を見つけて見極める

他者把握 自分よりすぐれている人の能力を見つけて見極める

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

近年、女性活躍推進の波に乗って管理職になることを会社から打診される女性が多いようです。しかし、土壌が整っていない現実に対して昇進に尻込みしてしまう女性が多いということもよく聞く話です。男女関係なく働く人にとってリーダーシップについては、常に悩まされる課題でしょう。 有冬典子著『リーダーシップに出会う瞬間』 より、自分固有のリーダーシップを作るための考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部