2019年1月8日 更新

資産230億円!伝説の投資家cisの投資哲学

皆さんはcis(しす)という名の個人投資家をご存知でしょうか?21歳のときに300万円の資金を元に投資を始めると、デイトレードを主戦場に稼ぎまくり、なんと2018年現在の資産230億円に到達!デイトレードには手を出していない私は知りませんでしたが、その世界では「伝説」の冠が付くほどの方。メディア露出は過去に「笑っていいとも!」の1回だけ、著書の出版もしたことが無かったにもかかわらずツイッターのフォロワーは28万人を超えています。

gettyimages (28249)

2019.1.8
そんな彼が、知人の作家が書くならという事ではじめて投資について語った記録が本書『一人の力で日経平均を動かせる男の投資哲学』です。その中には「ジェイコム株誤発注事件」で瞬く間に6億円稼いだエピソード、ライブドアショックで5億円を失ったエピソードなど刺激的な話が並びますが、ただ自慢に終始する武勇伝本とは異なり、ある種クレイジーなcisという男性の人生観・投資哲学が形成されるまでを綴ったノンフィクションでもあります。
ではデイトレードに興味がある人はもちろん、cisさんのキャラクターに興味を持った人も楽しめる本書の中身に迫りたいと思います。

トレードとはお金の奪い合いゲーム!

gettyimages (28254)

本書はcisさんが相場においてどう考え、どう行動し、どう勝ってきたかについてまとめた本ですが、特筆すべきは彼が相場をゲームのひとつととらえて楽しんでいることです。詳しい内容は4章以降にまとめられていますが、彼は子供の頃、駄菓子屋の当たり付きお菓子を買うことで「期待値」を考えることに魅了され、以降ギャンブルやゲームに没頭します。
「ストリートファイターⅡ」でコマンド入力の動作と反射神経を鍛え、レベルを上げることの重要性や相手を知る事前準備の大切さをオンラインゲームで学んだのだそうです。ゲームを禁止するような教育熱心な家庭には耳が痛い話ですが、投資家cisの成功はゲームとギャンブルの存在無くしてあり得なかったのです。さて、相場をゲームとして見る彼の投資哲学とはいかなるものなのでしょうか?

上がり続ける株は上がり、下がり続ける株は下がる。

gettyimages (28264)

稀に例外もありますが、彼の株式購入のルールは拍子抜けするほどシンプル。「上がっている株を買い、下がっている株は買わない。そして買った株が下がったら売る。」というもの。株価が下がっているときに「そろそろ上がるはずだ」と踏んで購入することを「逆張り」と言いますが、それは「いずれ反転してバランスが取れるはず」という自分が勝手に抱いたイメージに当てはめようとしているだけのこと。今現在買われていることで株価は上がり、売られることで下がっているという明確な事実よりも優先すべきではないというのが彼の考えです。
実はトレーダーを始めた当初は彼もその原則に気が付かず、「少し下がったところで買いたい」「割安なタイミングで買いたい」と策を練っていましたが、負け続けてなけなしの資金を1000万円近く失ったそうです。しかし、ネットで出会った仲間と交流する中でルールを確立してからというもの、彼の投資は一気に上向いたのだといいます。

失敗を認めることから逃げてはならない!「損切り」の極意とは?

gettyimages (28266)

1,000円で買った株が900円や800円になり、1,000円に戻るのを期待して待っていると下がり続けて200円や100円になり爆死。デイトレーダーにとっては避けられない失敗ですが、cisさん曰く「株で一番大切なのは迅速な損切り。失敗から逃げてはダメで、失敗は当然としていかに最小にとどめるか。」
26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部