2018年9月26日 更新

セレブ女性が結婚に求める5つの条件

誰もが羨む富裕層のセレブは、どんな男性をパートナーに選んでいるのでしょうか。 今回は、仕事と女性の幸せを掴んだセレブ達の生き方に触れつつ、自立した女性が選んだ男性の特徴を5つ紹介したいと思います。

gettyimages (22014)

2018.9.26

1、同じステージで活躍できる人

gettyimages (22025)

今の時代、男性がいなくては生きていけないという人より、自立している女性の方が魅力的です。対等な立場で、お互い尊重しながら活躍している相手に魅力を感じるようです。
ウィル・スミス&ジェイダ・ピンケット=スミス夫妻はその良い例ではないでしょうか?同じステージで活躍していますが、幸せな結婚生活を送っていることで有名です。彼女は、「一緒にいて楽しいし、ただお互いのことが好きなだけ」と語っています。そんな夫婦の背中をみて、子どもたちも俳優として活躍しています。

2、仕事への理解がある人

gettyimages (22026)

富裕層のセレブ女性たちは、パラレルワーカーとして何足ものわらじを履いて活躍されている方も多いです。忙しい彼女たちを束縛する男性はお断りです。
仕事の理解があり、応援してくれる人を望みます。
実は一般人と結婚したセレブのジュリア・ロバーツさん。再婚相手として選んだ相手は撮影現場でスタッフとして働いていたカメラマンのダニエル・モダー氏でした。映画の世界を陰で支えているカメラマンだからこそ、仕事への理解度は一般人とはいえ高いのではないでしょうか。

3、知性的な人

gettyimages (22032)

富裕層の女性が選ぶ男性に共通しているのが、やはり尊敬できて知性がある方ではないでしょうか。いくらカッコ良くても、知性が伴っていないと魅力的だとは思わないようです。特に努力を積み重ねた女性は、男性を見る目も厳しいです。目標に向かい頑張っている男性を選ぶ理由も、実績も備わった女性だからこそ説得力のある選び方です。
モデルとして大活躍されているミランダ・カーさんが再婚相手として選んだお相手は、「スナップチャット」のCEOのエヴァン・シュピーゲル。7歳年下ですが、若き実業家として活躍。知的な彼のことを頼り甲斐があると絶賛しています。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。
お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちが寄付を積極的に行う理由|日本とアメリカで価値観が違う?

お金持ちほど寄付行為に熱心なのは、昨今広く知られるようになってきました。とりわけ、アメリカ(米国)などキリスト教文化圏では、成功したお金持ちがDonation(寄付・献金)を行うことは当然と看做されてもいますね。お金持ちがなぜ寄付行為を積極的に行うのかを考えます。
預金?それとも投資?富裕層のお金の貯め方事情

預金?それとも投資?富裕層のお金の貯め方事情

この記事をご覧の皆さんの中には、富裕層の預金事情や、どのようにして資産を管理しているのか、という疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか。富裕層は、その名の通り一般レベルの人よりも多くの資産を持っており、その多くの資産をどのように扱っているのか気になる人がいても不思議ではありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部