2018年9月26日 更新

セレブ女性が結婚に求める5つの条件

誰もが羨む富裕層のセレブは、どんな男性をパートナーに選んでいるのでしょうか。 今回は、仕事と女性の幸せを掴んだセレブ達の生き方に触れつつ、自立した女性が選んだ男性の特徴を5つ紹介したいと思います。

gettyimages (22014)

2018.9.26

1、同じステージで活躍できる人

gettyimages (22025)

今の時代、男性がいなくては生きていけないという人より、自立している女性の方が魅力的です。対等な立場で、お互い尊重しながら活躍している相手に魅力を感じるようです。
ウィル・スミス&ジェイダ・ピンケット=スミス夫妻はその良い例ではないでしょうか?同じステージで活躍していますが、幸せな結婚生活を送っていることで有名です。彼女は、「一緒にいて楽しいし、ただお互いのことが好きなだけ」と語っています。そんな夫婦の背中をみて、子どもたちも俳優として活躍しています。

2、仕事への理解がある人

gettyimages (22026)

富裕層のセレブ女性たちは、パラレルワーカーとして何足ものわらじを履いて活躍されている方も多いです。忙しい彼女たちを束縛する男性はお断りです。
仕事の理解があり、応援してくれる人を望みます。
実は一般人と結婚したセレブのジュリア・ロバーツさん。再婚相手として選んだ相手は撮影現場でスタッフとして働いていたカメラマンのダニエル・モダー氏でした。映画の世界を陰で支えているカメラマンだからこそ、仕事への理解度は一般人とはいえ高いのではないでしょうか。

3、知性的な人

gettyimages (22032)

富裕層の女性が選ぶ男性に共通しているのが、やはり尊敬できて知性がある方ではないでしょうか。いくらカッコ良くても、知性が伴っていないと魅力的だとは思わないようです。特に努力を積み重ねた女性は、男性を見る目も厳しいです。目標に向かい頑張っている男性を選ぶ理由も、実績も備わった女性だからこそ説得力のある選び方です。
モデルとして大活躍されているミランダ・カーさんが再婚相手として選んだお相手は、「スナップチャット」のCEOのエヴァン・シュピーゲル。7歳年下ですが、若き実業家として活躍。知的な彼のことを頼り甲斐があると絶賛しています。
30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏の過ごし方でわかる富裕層の3つの習慣

夏の過ごし方でわかる富裕層の3つの習慣

もう数日もすると彼岸を迎えますね。彼岸を過ぎると急に秋らしくなりますが、その前に今年の夏の過ごし方を振り返りつつ良い習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。今後の過ごし方のヒントになるかもしれません。
お金持ちは言葉を選んでいる!金運を逃す口グセには要注意?

お金持ちは言葉を選んでいる!金運を逃す口グセには要注意?

お金持ちの成功者ほど言葉を大切にする、としばしば耳にします。「言霊(ことだま)」とも言われ、言葉には想像以上のパワーがあると言われます。そうであれば、お金持ちを目指す人が使ってはいけない言葉もありそうです。今日は、お金持ちが避けている言葉を調べてみました。
なぜ富裕層はゴルフをするのか|情報収集でき人柄も見定められる?

なぜ富裕層はゴルフをするのか|情報収集でき人柄も見定められる?

ゴルフと言えば富裕層の趣味、と巷間では思われているフシがあります。確かに、紳士のスポーツとも言われ、比較的お金もかかりますし、汗だくになってプレーするものでもありませんね。それでも、富裕層にとってのゴルフとは、実益に適ったスポーツなのです。
アメリカの超富裕層が富裕税を希望するわけ

アメリカの超富裕層が富裕税を希望するわけ

日本では10月から消費税が10%と増税が予定され、税金についての話題も多い中、アメリカでは19人の超富裕層たちが富裕層に特別課す「富裕税」の導入を2020年の大統領選候補者に嘆願しました。あえて自分たちへの更なる課税を希望する一部超富裕層達の考えとは。
富裕層はなぜ会員制リゾートホテルを好む?別荘持ちでも利用する理由

富裕層はなぜ会員制リゾートホテルを好む?別荘持ちでも利用する理由

富裕層向けの会員制リゾートホテルについて、耳にされたことがある方も多いでしょう。実際、別荘所有者が少なくないにも関わらず、富裕層は会員制リゾートホテルも好んで利用していますね。リゾートトラスト社の会員権などは、取引市場も実質的に確立しているようです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部