2019年2月1日 更新

体調を崩しやすい人必見!コア(体幹)トレーニングで強い体づくり

疲れると体調を崩しやすい、季節の変わり目に風邪をひきやすい…このような症状には、体幹を鍛えて免疫力をアップさせる「コアトレーニング」がおすすめです。今回は、運動が苦手な人でも実践しやすい、ゆっくりした動きでできるコアトレーニングについて解説していきます。

gettyimages (28566)

2019.1.14

コアトレーニングとは?まずは正しい腹式呼吸から

コアトレーニングの最初は「正しい腹式呼吸」を行います。正確な呼吸法ができるようになるだけでも、腹筋の強化や血行促進に効果的です。また、代謝アップや免疫力アップの基礎になることなので、正しい呼吸法をマスターしましょう。
gettyimages (28422)

やり方は、まず床にあお向けに寝てください。次に、ひざを軽く曲げて腹筋を緩め、腹式呼吸をしやすい体勢をつくりましょう。この状態で、鼻から大きく息を吸い口からゆっくり息を吐きます。呼吸に使う時間は、息を吸う際に3~5秒、吐く時は5~8秒がおすすめです。しっかり腹式呼吸ができているか確認するためには、お腹の上に手を置くと動きがわかりやすいでしょう。このあお向けでの腹式呼吸を、30~60秒続けてください。苦しいと感じた場合は、無理をせずに通常の呼吸に戻しましょう。正しい腹式呼吸ができていれば、体がポカポカと温まっていることが実感できるはずです。

コアトレーニングで背骨と腰回りのセルフ矯正

腹式呼吸の次は、ストレッチも兼ねた、背骨や腰回りのセルフ矯正を行います。普段から姿勢が悪い人や腰痛になりやすい人は、特におすすめです。
gettyimages (28420)

まずは背骨の矯正からはじめましょう。やり方は、床にあお向けになり、ひざを曲げた両脚を両腕で抱えてください。次に、腹式呼吸を意識しながら、大きく息を吸いましょう。そして、腕の力を使って両脚を体に引き付けながら、ゆっくり息を吐きます。この時、お腹がしっかり凹んでいることと、背中が丸くなっていることを確認してください。ふたたび息を吸う際は、お腹をふくらませると同時に丸めた背中を元に戻します。ゆっくりと呼吸しながら30~60秒×3セットほど行いましょう。
gettyimages (28415)

次に、うつ伏せでの背骨矯正に移ります。まず、床にうつ伏せになってください。そして両手のひらを床につけ、腕の力を使って上体だけを起こしましょう。腰が反った形になります。この状態で、腹式呼吸を意識しながら、息を吐くと同時に足の裏を見る感覚でゆっくりと首を右に回してください。そして、息を吸いながら元の位置に戻ります。今度は息を吐きながら首を左に回しましょう。これも30~60秒×3セットほど行ってください。
gettyimages (28414)

最後に、腰回りの矯正を行います。まず、床にあぐらをかくような形で座ってください。ただし脚を組むのではなく、足の裏を合わせるような形にします。次に足を持ち、腕の力を使って体に引き付けましょう。同時に、両ひざを床につけるような感覚で、股関節を大きく広げてください。その状態を保ったまま、背中を丸めずに上体を前にゆっくり倒しましょう。腹式呼吸を意識してゆっくり深呼吸しながら、体を倒した状態をキープしましょう。これを20~30秒×3セット行ってください。
背骨と腰回りの矯正を行うことで、ゆがみ解消や柔軟性アップなどが期待できます。その結果、次に行う筋力トレーニングの効果も上げることができるでしょう。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

有給休暇の義務化は4月から 時間単位で取得できればどう変わる?

有給休暇の義務化は4月から 時間単位で取得できればどう変わる?

4月から年次有給休暇の5日以上の取得が義務化されますが、消化の方法として2010年に導入された有休を時間単位で取得できる「時間単位有給休暇制度」があります。厚生労働省の調査では導入企業は18.7%にとどまりますが、導入事例やメリットに迫ります。
海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍する国際人になるために必要なのは、日本の伝統文化を説明できることであると、国際交流にたずさわる人がよく口にします。その理由や、どんな知識をどこで身につければ良いか解説します。
近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は「芸術家の試行錯誤を追体験してみよう」です
忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

忙しい時こそ休憩を!仕事ができる人は脳の働き方改革をしている

常に向上心を持つビジネスパーソンは当然のように、効率的に仕事をこなしていることでしょう。しかし、もし無駄な時間を作ることなく常に全力投球している人であれば、さらに生産性を高めることが可能です。実はちょっとした休息時間を取ることで、脳の機能をフルに活用することができます
知っていますか? 富裕層の年間スケジュールの立て方

知っていますか? 富裕層の年間スケジュールの立て方

最近、ゴールデンウィークの10連休をどのように過ごすかという話題を多く見かけるようになりましたが、富裕層と呼ばれるような人たちはどのようにスケジュールを立てているのでしょうか。当然、バタバタしながら予定を立てるわけはなく年間単位でスケジュールを立てています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

フィガロ フィガロ