2018年7月6日 更新

セブ島IT×英語留学が人気のワケと二つ同時に学ぶ重要性とは?

近年、お手軽に行けるということで人気のセブ島英語留学。ただ、AIが発達して自動翻訳も日々進化を遂げている中で”英語だけ”を学ぶのではなく、同時にITを学ぶことの重要性が注目されています。最近、人気急上昇のセブ島のIT留学が出来る学校と、セブ島のIT業界人が集まる交流会の様子を紹介します。

2018.6.27

ITと英語を同時に学ぶ利点

実は、プログラミング言語のほとんどは英語で構成されています。そのため、プログラミング学習をする際に、英語で学ぶことによって効率良く学ぶことが出来ます。
また、インターネット上のあらゆる情報は英語で発信されているものが多く、日本語で発信されているものはわずか3%にも満たないのです。そのため、めまぐるしい変化を見せるIT 業界の最新情報を常にキャッチするためには、英語のスキルは必須と言えるでしょう。

英語でITを学べる「セブ島IT留学 Kredo」が人気

セブ島に英語でITを学ぶことが出来る語学学校が一つだけあります。2016年8月にセブ島で一番安全とされるITパークに開校したフィリピン政府公認の語学学校「Kredo」です。
Kredoでは、セブ島で最も優秀な大学出身の講師や、エンジニア経験のあるフィリピン人講師を積極的に雇用しています。また、ITクラスは少人数グループクラス制(通常2~3人の生徒に対して1人の講師)を取り入れているので、質の高いITの授業を思う存分英語で受講出来るのが人気の理由となっています。
また、宿泊施設はセブ島で一番安全とされるITパークというエリアにある高級コンドミニアムを採用しており、快適で安全、安心な留学生活を送ることが出来るでしょう。
こちらは一人部屋の一例です。生活に必要なキッチンや食器類、家具、家電などの備品は一通り揃っています。
1階にあるコンドミニアムAvida Towers Cebu 住人専用の屋外プールです。
さらに、英語力に不安のある留学生に向けてもしっかりと対策をとっております。例えば、最初の1カ月は英語のみのレッスンを8時間受講します。英語のカリキュラムの一つに、「IT 英語」というIT 業界でよく使われる会話や単語に特化したレッスンなどを受講して、まずは英語に慣れて頂くことから始めます。2カ月目以降に英語の授業とITコースの授業4時間ずつ、計8時間学ぶといった形で受講することが出来ます。また、日本人の業界経験が10年以上あるベテランエンジニアや、エンジニアインターン生が常駐しているのも嬉しいポイント。休み時間や放課後などにアドバイスをもらうことだって出来ちゃうんです。
挫折しやすい独学でのプログラミング学習も、IT留学に来ることで挫折しにくい環境を作れます。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

就活の話題作りだったはずが、僕はフィリピンで涙を流した。

就活の話題作りだったはずが、僕はフィリピンで涙を流した。

フリーランス国際協力師としてアフリカのウガンダ共和国で働く筆者。今でさえ国際協力の最前線で活動していますが、大学に入学した当初はこの分野に全く興味がなかったと語ります。 一年生の時、「就活の話題作りになればいい」と思って参加した海外ボランティア。そこで、彼の人生を大きく変える出来事が起こりました。
ワーホリで英語力は伸びる?オーストラリアの留学経験で得たこと

ワーホリで英語力は伸びる?オーストラリアの留学経験で得たこと

海外へ渡航する前に一番気なることは、やはり英語ではないでしょうか。英語力が生活とどう関わるかを、 オーストラリアのゴールドコーストで働いた経験を交えて紹介します。
ワーホリの新制度「サードビザ」とは 留学で上手にステップアップ

ワーホリの新制度「サードビザ」とは 留学で上手にステップアップ

ワーキングホリデービザは通常1カ国につき1年の滞在が認められていますが、2019年7月からオーストラリアで年目のワーホリを認める「サードビザ」が発行されます。しっかりと長期渡航の計画を立て、自分を成長させる大きなチャンスを掴みませんか。
カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

カナダ ワーキングホリデー体験談 救急歯科で仕事してみた

ワーキングホリデーでイギリス、オーストラリアに並び大人気のカナダ。その理由は、「安全」「親日」「移民大国のため英語が苦手でも何とかなる」などが挙げられます。新たな体験を求め、カナダでのワーキングホリデーを選んだ理由や、一味違ったワーキングホリデー経験までご紹介します。
海外留学のプロ直伝!失敗しない社会人向け留学先の選び方とは?

海外留学のプロ直伝!失敗しない社会人向け留学先の選び方とは?

今年、大人の語学留学も渡航者数が増えており、日本人の全年代に留学への関心が高まっています。もはや、高校や大学の交換留学などだけではない「留学」ですが、どのように渡航先を決めればよいのか、失敗しない留学先の選び方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部