2019年3月8日 更新

AIは日常風景へ。暮らしの中のAIから森ビルの実証実験まで

AIなんて遠い世界のことだと思っていませんか。AIを活用した機能やサービスは世界中で広まっており、私たちの普段の生活の意外なところでAI技術が使われています。森ビル株式会社が行う実証実験も日本のAI時代を切り拓く一つの鍵となりそうです。

gettyimages (32898)

2019.3.8

虐待児童救出から犬語翻訳までAIが担う未来がすぐそこに

gettyimages (32911)

「AI時代」という言葉を耳にするようになりましたが、いまいち実感のない人も多いのではないでしょうか。
さまざまな業務がAIに取って代わられるとは言われるものの、今のところドラッグストアには薬剤師がいますし、百貨店にはスタッフが、タクシーには運転手が映画館のゲートにはチケットをチェックする人がいます。AIと言われて思い浮かぶのは、音声アシスト機能くらいかもしれません。
しかし、実は社会や文化のかなり重要な部分で、AI技術の導入は進んでいます。
たとえば、アメリカのNational Center for Missing and Exploited Children。行方不明になった児童、虐待を受けている児童を救出するために、大量に寄せられた市民からの報告を処理するAIの導入を進めています。イスラエルのRazor Labsは、鉱山会社がAIを利用してビジネスプロセスを最適化したりROIを最大化したりする支援を行い、プレーリードッグの研究を行うノーザンアリゾナ大学のSlobodchikoff教授は、コンピュータの専門家と協力してプレーリードッグの鳴き声を英語に変換することに成功。この翻訳アルゴリズムを応用した「犬語翻訳機」の開発が現実味を帯びてきています。
世界規模で見れば、さまざまな形でAI技術が拡大しているのがわかるでしょう。

写真加工や家電の自動制御・・・すでに日常生活で使われているAI機能

gettyimages (32926)

しかしまだ、私たちの日常風景からは少し遠いと感じるかもしれません。もっと身近なところを見てみましょう。
たとえば写真加工アプリ。記念写真をスマホで撮影する人は多くいますが、撮影後の画像処理をスマホ内で完結するのは珍しくありません。この写真加工アプリに、実はAIが使われています。撮影された写真のいくつかをSNSにアップロードする場合、たとえばFacebookでは、自動的に人物をタグ付けするのも画像認識AIによる機能です。
また、世界的大手ショッピングサイトのAmazonでは、おすすめ機能にAIを導入。温度や人間の居場所を検知して自動制御を行うAIを搭載したエアコンや、室内の状況や間取りを学習し、効率的に掃除するAI搭載型お掃除ロボットが人気です。
私たちが意識しないさまざまなところで、実はAI技術が用いられ、人による作業の手間を省いてくれているのです。ちなみにAI研究者の一人は、久しぶりに会う目の前の人物が誰か教えてくれるAIが欲しいとか。
25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

SF世界ではない、私達の世界のサイボーグ化はここまで進んだという事実。

SF世界ではない、私達の世界のサイボーグ化はここまで進んだという事実。

近年、AI技術のめざましい発展で生産性の更なる向上やライフスタイルの変化が生じています。その一方で、人々が機械を体内に埋め込み様々な機能を獲得するという人間のサイボーグ化が起きています。今回は、サイボーグの現実と今後生じうる問題について考えます。
「ファクトフルネス」で常識をアップデート!世界の今を正しく知る!

「ファクトフルネス」で常識をアップデート!世界の今を正しく知る!

ネットでどんな情報にも簡単にアクセスできる時代になって久しくなりましたが、最近はその“副作用”に困っている人も多いのではないでしょうか? 例えば、拡散される「デマ情報」や、情報が正しくないのに検索上位に出てきてしまう「まとめサイト」など。無駄な情報を省いて手に入れたうえで、それが正しいのか自分でチェックする能力が必要になってきていると感じます。
人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

人材育成は全社の課題。OJT頼みはもう古い

今、人材育成は急務となっています。少子高齢化が進み、AIなどの新技術が発達する中、企業の成長には人材育成が必要不可欠なのです。なぜOJTだけではダメなのか、どのような人材をどうやって育てたらいいのか、現在の日本企業に必要な人材育成のあり方を掘り下げます。
「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

「天才」と「AI時代人材」の育て方がわかる!落合陽一の教育本

筑波大学准教授、経営者、メディアアーティストと多方面に才を持つ落合陽一氏。 “触れて変形させられるプラズマ光”や「ピクシーダスト」という“音で物を浮かべる技術”は、STAGEでも紹介しました。そんな彼が「学び」について執筆。自身が受けた教育にも触れ話題になっています。
メルティンMMIが目指すヒトとサイボーグの未来とは

メルティンMMIが目指すヒトとサイボーグの未来とは

粕谷昌弘氏は、2018年「30 Under 30」で世界の注目すべきアジアの30人に選ばれました。「AIやロボットの先を行くサイボーグを研究開発しています」と語る粕谷氏は、サイボーグスタートアップとして設立された株式会社メルティンMMIのCEO。MMIはマン・マシン・インターフェースの略です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部