2018年8月20日 更新

本音が言えない人は必見!堀江貴文流「本音で生きる」術

堀江貴文氏の著書『本音で生きる』。堀江氏と言えば2017年に上梓した『多動力』が1年余りで30万部超えのベストセラーを記録したのも記憶に新しいですが、『本音で生きる』は2015年の初版から足掛け3年で30万部超え。『多動力』に劣らぬロングセラーとなっています。

gettyimages (19598)

2018.8.20
そんな本書のテーマは、ズバリ本音で生きる方法。たとえ世間の批判を浴びようがズバズバ本音を言い放つ自由な姿勢は堀江氏の代名詞とも言えますが彼はなぜ、どんな時でも本音が言えるのか?その理由や考え方などが記されています。
仕事やプライベートにおいて、様々な理由で「本音が言えない、本音で生きていけない」という悩みを抱えている人は非常に多いと思いますが、本書の中に解決のヒントがあるのでしょうか?それでは、中身に迫ります。

議論は平行線で構わない!

gettyimages (19603)

本音が言えない悩みを持つほとんどの人が「本音を言うことで人間関係が悪くなるかもしれない」「相手を怒らせてしまうかもしれない」と考えているのではないでしょうか?しかし、そんな心配を堀江氏は一蹴。「議論は平行線のままで構わない」と言い切ります。
その理由は、たとえ意見がぶつかり議論がかみ合わないままになったとしても『お互いの価値観が異なっていることが分かる』という収穫があり、その価値は相手を知るうえで大きなものだからです。
実際に対談やSNSを通じて積極的に人とぶつかり合おうとしている堀江氏。それは相手が嫌いだからでも人格を否定するためでもなく、新しい発見が得られることが多く、さらに相手を知るための有効手段だととらえているから。「議論は一致しなければダメ」「意見の不一致=相手のことが嫌い」という先入観を捨て去ることが、本音を言うための第一歩なのではないでしょうか。

本音で生きるためには「バランスをとるな」!

gettyimages (19606)

「やりがいのある仕事をしたいが、家族や趣味の時間も大切にしたい」。このようなバランスを求めながら「本音で生きたい」という人に、堀江氏がかける言葉は…「バランスを維持したまま、新しい事など出来るわけがない。心躍る体験を味わおうとすれば、そのために費やす時間も必要になるし失敗のリスクもある。」という厳しい言葉。
エキサイティングな人生を送るには、物事はすべてトレードオフであり例外はないという事を念頭にリスクを取る行動をしなければならなりません。よく「やりたい事はあるけど、仕事が忙しくて時間がない。」という言い訳が浮かんでしまう人も、本音で生きるためには発想を転換する必要があるようです。

本音で生きられない最大の理由!?「自意識」と「プライド」を打破せよ!

gettyimages (19611)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座