2018年8月20日 更新

本音が言えない人は必見!堀江貴文流「本音で生きる」術

堀江貴文氏の著書『本音で生きる』。堀江氏と言えば2017年に上梓した『多動力』が1年余りで30万部超えのベストセラーを記録したのも記憶に新しいですが、『本音で生きる』は2015年の初版から足掛け3年で30万部超え。『多動力』に劣らぬロングセラーとなっています。

gettyimages (19598)

2018.8.20
そんな本書のテーマは、ズバリ本音で生きる方法。たとえ世間の批判を浴びようがズバズバ本音を言い放つ自由な姿勢は堀江氏の代名詞とも言えますが彼はなぜ、どんな時でも本音が言えるのか?その理由や考え方などが記されています。
仕事やプライベートにおいて、様々な理由で「本音が言えない、本音で生きていけない」という悩みを抱えている人は非常に多いと思いますが、本書の中に解決のヒントがあるのでしょうか?それでは、中身に迫ります。

議論は平行線で構わない!

gettyimages (19603)

本音が言えない悩みを持つほとんどの人が「本音を言うことで人間関係が悪くなるかもしれない」「相手を怒らせてしまうかもしれない」と考えているのではないでしょうか?しかし、そんな心配を堀江氏は一蹴。「議論は平行線のままで構わない」と言い切ります。
その理由は、たとえ意見がぶつかり議論がかみ合わないままになったとしても『お互いの価値観が異なっていることが分かる』という収穫があり、その価値は相手を知るうえで大きなものだからです。
実際に対談やSNSを通じて積極的に人とぶつかり合おうとしている堀江氏。それは相手が嫌いだからでも人格を否定するためでもなく、新しい発見が得られることが多く、さらに相手を知るための有効手段だととらえているから。「議論は一致しなければダメ」「意見の不一致=相手のことが嫌い」という先入観を捨て去ることが、本音を言うための第一歩なのではないでしょうか。

本音で生きるためには「バランスをとるな」!

gettyimages (19606)

「やりがいのある仕事をしたいが、家族や趣味の時間も大切にしたい」。このようなバランスを求めながら「本音で生きたい」という人に、堀江氏がかける言葉は…「バランスを維持したまま、新しい事など出来るわけがない。心躍る体験を味わおうとすれば、そのために費やす時間も必要になるし失敗のリスクもある。」という厳しい言葉。
エキサイティングな人生を送るには、物事はすべてトレードオフであり例外はないという事を念頭にリスクを取る行動をしなければならなりません。よく「やりたい事はあるけど、仕事が忙しくて時間がない。」という言い訳が浮かんでしまう人も、本音で生きるためには発想を転換する必要があるようです。

本音で生きられない最大の理由!?「自意識」と「プライド」を打破せよ!

gettyimages (19611)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

〈龜石太夏匡〉お金とは、道具になって欲しい。

社会的事業を多く手がけるリバースプロジェクトは、株式会社として利潤も追求します。そこに存在するジレンマとは? そして、同社代表である龜石太夏匡氏の波乱万丈な人生から導き出した「お金」とは?を問います。価値観が揺さぶられるインタビュー後半。
〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

〈DaiGo〉 お金とは、自由と交換するための引換券。

動画サイトやブログで圧倒的なフォロワーを集め、書店では山積みにされた著書が 次々に売れていく── 若くして多くの人が 知る存在となったDaiGoさん。しかし、その生業を正確に知る人は多くないのではないでしょうか。
キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

キャリアアップか?チェンジか?「チェンジ」して「アップ」した渋沢栄一

「キャリアアップ」「キャリアチェンジ」の違いがわかりますか? 専門性を磨くキャリアアップと比べると、専門性をご破算にして一から出直すキャリアチェンジは覚悟とエネルギーが必要ですが、幕末、明治の激動の時代、両方やってのけたのが渋沢栄一でした。
英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

英会話勉強法:本気で上達したい人のための海外ドラマ・映画6選

海外からの観光客や外国人労働者が増え、東京2020も控える日本。そろそろ本気で英会話を何とかしたいと考えていても、なかなかスクールでは上達しなかった人もいるかもしれません。そこで、自宅でできる海外ドラマや映画を用いた勉強法とレベル別おすすめ作品を紹介します。
日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

日本人ノーベル賞受賞者が出た「電池」次世代電池の研究開発最前線は?

11月11日は「電池の日」。10月9日、「リチウムイオン電池」開発の功績で吉野彰博士がノーベル化学賞を受賞しました。「全樹脂電池」「リチウム空気電池」「全固体電池」など次世代電池の開発競争もますます盛んで、最前線では日本人科学者も活躍しています。
経済 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS