2018年8月20日 更新

本音が言えない人は必見!堀江貴文流「本音で生きる」術

堀江貴文氏の著書『本音で生きる』。堀江氏と言えば2017年に上梓した『多動力』が1年余りで30万部超えのベストセラーを記録したのも記憶に新しいですが、『本音で生きる』は2015年の初版から足掛け3年で30万部超え。『多動力』に劣らぬロングセラーとなっています。

gettyimages (19598)

2018.8.20
そんな本書のテーマは、ズバリ本音で生きる方法。たとえ世間の批判を浴びようがズバズバ本音を言い放つ自由な姿勢は堀江氏の代名詞とも言えますが彼はなぜ、どんな時でも本音が言えるのか?その理由や考え方などが記されています。
仕事やプライベートにおいて、様々な理由で「本音が言えない、本音で生きていけない」という悩みを抱えている人は非常に多いと思いますが、本書の中に解決のヒントがあるのでしょうか?それでは、中身に迫ります。

議論は平行線で構わない!

gettyimages (19603)

本音が言えない悩みを持つほとんどの人が「本音を言うことで人間関係が悪くなるかもしれない」「相手を怒らせてしまうかもしれない」と考えているのではないでしょうか?しかし、そんな心配を堀江氏は一蹴。「議論は平行線のままで構わない」と言い切ります。
その理由は、たとえ意見がぶつかり議論がかみ合わないままになったとしても『お互いの価値観が異なっていることが分かる』という収穫があり、その価値は相手を知るうえで大きなものだからです。
実際に対談やSNSを通じて積極的に人とぶつかり合おうとしている堀江氏。それは相手が嫌いだからでも人格を否定するためでもなく、新しい発見が得られることが多く、さらに相手を知るための有効手段だととらえているから。「議論は一致しなければダメ」「意見の不一致=相手のことが嫌い」という先入観を捨て去ることが、本音を言うための第一歩なのではないでしょうか。

本音で生きるためには「バランスをとるな」!

gettyimages (19606)

「やりがいのある仕事をしたいが、家族や趣味の時間も大切にしたい」。このようなバランスを求めながら「本音で生きたい」という人に、堀江氏がかける言葉は…「バランスを維持したまま、新しい事など出来るわけがない。心躍る体験を味わおうとすれば、そのために費やす時間も必要になるし失敗のリスクもある。」という厳しい言葉。
エキサイティングな人生を送るには、物事はすべてトレードオフであり例外はないという事を念頭にリスクを取る行動をしなければならなりません。よく「やりたい事はあるけど、仕事が忙しくて時間がない。」という言い訳が浮かんでしまう人も、本音で生きるためには発想を転換する必要があるようです。

本音で生きられない最大の理由!?「自意識」と「プライド」を打破せよ!

gettyimages (19611)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

一流の人に学ぶ ボジティブなセルフイメージを作る思考法

一流の人に学ぶ ボジティブなセルフイメージを作る思考法

人は知らず知らずのうちに、「自分には無理だ」と諦めてしまっていることがあるものです。世の成功者は、どんな考え方を心がけているのでしょうか。 ロバート・グリスウォルド著『一流の人に学ぶお金の引き寄せ方』より、ボジティブなセルフイメージを作るための思考と行動をご紹介します。
金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

金融界で注目!SDGsのための「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」とは

「ポジティブ・インパクト・ファイナンス」は国連の「SDGs(持続可能な開発目標)」を達成するための投融資で、第1号は日本で行われました。金融企業もファイナンスを受ける企業もイメージアップし、中・長期的な企業価値の向上につながるといわれています。
経済 |
この秋のマーケットにおけるリスクの芽

この秋のマーケットにおけるリスクの芽

多くの投資家はとても直感的な判断を行うことがあります。株価が連騰していると異常に強気になり、一方で連日の下げを受ければただただ意気消沈するばかり。そうならないためにも日頃から今はさほど大きく取り上げられていないけれどいずれマーケットで話題の中心になるようなマーケットの芽を事前に把握しておく習慣を身に付けていれば不足の事態でもしっかりとした判断ができます。
ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

ゴールドコーストで豪華旅行を満喫!絶景ビーチ&世界遺産の森を散策

オーストラリアの東海岸にあるゴールドコースト。白い砂浜が57kmも続く長く美しいビーチで有名な所です。10月はこれから夏に向かうため気温も上がり、からっとした天気が続くベストシーズン。そんなゴールドコーストで豪華バケーションを満喫してみるのはどうでしょう。
人前であがってしまうのはなぜ?大事な場面で緊張しないためのメソッド

人前であがってしまうのはなぜ?大事な場面で緊張しないためのメソッド

人前で話す機会というものは、ビジネスの場で数多くあるものです。大勢の前で、緊張して声が震えてしまったりすると、それがちょっとしたトラウマになってしまうこともあり得ます。うまく緊張の糸を解いて、いいパフォーマンスをしていきたいものです。 伊藤丈恭著『人前で変に緊張しなくなるすごい方法』 より、大事な局面で起こる緊張状態を上手に切り替える考え方をご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部