2018年8月20日 更新

本音が言えない人は必見!堀江貴文流「本音で生きる」術

堀江貴文氏の著書『本音で生きる』。堀江氏と言えば2017年に上梓した『多動力』が1年余りで30万部超えのベストセラーを記録したのも記憶に新しいですが、『本音で生きる』は2015年の初版から足掛け3年で30万部超え。『多動力』に劣らぬロングセラーとなっています。

gettyimages (19598)

2018.8.20
そんな本書のテーマは、ズバリ本音で生きる方法。たとえ世間の批判を浴びようがズバズバ本音を言い放つ自由な姿勢は堀江氏の代名詞とも言えますが彼はなぜ、どんな時でも本音が言えるのか?その理由や考え方などが記されています。
仕事やプライベートにおいて、様々な理由で「本音が言えない、本音で生きていけない」という悩みを抱えている人は非常に多いと思いますが、本書の中に解決のヒントがあるのでしょうか?それでは、中身に迫ります。

議論は平行線で構わない!

gettyimages (19603)

本音が言えない悩みを持つほとんどの人が「本音を言うことで人間関係が悪くなるかもしれない」「相手を怒らせてしまうかもしれない」と考えているのではないでしょうか?しかし、そんな心配を堀江氏は一蹴。「議論は平行線のままで構わない」と言い切ります。
その理由は、たとえ意見がぶつかり議論がかみ合わないままになったとしても『お互いの価値観が異なっていることが分かる』という収穫があり、その価値は相手を知るうえで大きなものだからです。
実際に対談やSNSを通じて積極的に人とぶつかり合おうとしている堀江氏。それは相手が嫌いだからでも人格を否定するためでもなく、新しい発見が得られることが多く、さらに相手を知るための有効手段だととらえているから。「議論は一致しなければダメ」「意見の不一致=相手のことが嫌い」という先入観を捨て去ることが、本音を言うための第一歩なのではないでしょうか。

本音で生きるためには「バランスをとるな」!

gettyimages (19606)

「やりがいのある仕事をしたいが、家族や趣味の時間も大切にしたい」。このようなバランスを求めながら「本音で生きたい」という人に、堀江氏がかける言葉は…「バランスを維持したまま、新しい事など出来るわけがない。心躍る体験を味わおうとすれば、そのために費やす時間も必要になるし失敗のリスクもある。」という厳しい言葉。
エキサイティングな人生を送るには、物事はすべてトレードオフであり例外はないという事を念頭にリスクを取る行動をしなければならなりません。よく「やりたい事はあるけど、仕事が忙しくて時間がない。」という言い訳が浮かんでしまう人も、本音で生きるためには発想を転換する必要があるようです。

本音で生きられない最大の理由!?「自意識」と「プライド」を打破せよ!

gettyimages (19611)

25 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

思考信託 〜小さいところ (思考)から思考信託してみる 〜

思考信託 〜小さいところ (思考)から思考信託してみる 〜

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

「お金持ちの思考にはパターンがある。」これはある程度確かです。お金持ちになれる人に特有の思考回路、と言い換えても差し支えないでしょう。人生一度きり、1日24時間しか持ち時間がないことは、誰にも全く平等です。差を生み出すものこそ、思考パターンですね。
実店舗がない「ゴーストレストラン」が外食ビジネスの常識を変える?

実店舗がない「ゴーストレストラン」が外食ビジネスの常識を変える?

実店舗がないゴーストレストラン、シェアキッチン、クラウドキッチンのような「アウトソーシング系外食業態」のような、自分の腕やアイデアを試したい人が低コスト、低リスクで独立・起業できます。アメリカ・ニューヨーク発のトレンドですが、日本にも上陸しました。
経済 |
音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽の力で仕事を効率化する!その効果と実例とは

音楽を利用することで、仕事を効率化させようという取り組みがあります。これは音楽が心理的に作用することで、集中力が高まりミスが減るといった効果があるからです。実際にどのような音楽を流すと仕事を効率化できるのかをご紹介します。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部