2019年5月12日 更新

衣替えを前にクローゼットの中を断捨離

1階のクローゼットの折りたたみドアを開け、ため息が漏れる。「パンパンだ。」外出先から帰ってくると、脱いだ上着を持って各自の部屋に置きに行けばいいものを、そのままリビングに置いてしまう。それが嫌で洋服の一時置きにと、リフォーム時にリビングのクローゼットには160㎝のバーを取付けたのです。3人家族のチョイ置きがいつしか定位置になってしまいました。

 チョイ置きが定位置になると

それは本当に便利で、ついついいろんな物をひっかけちゃう。この冬、気が付くとパンパンに洋服がかけられたまま爆発寸前になっていました。なんだかとっても息苦しそう。ハンガーを横にスライドさせるのに苦労します。こういう状況だと物に埋もれて目にとまらない物が出てきます。忘れ去られたアイテムを保管し続けることに。まだ衣替えには早いのだけれど、思いきって断捨離をしました。

私の断捨離基準

もともと持ち物は多くはないです。買う時には吟味して買いますし、「新しいものを一つ買ったら、古いものを一つ捨てるように心がけています」けれどちょっと後回しにしたために1シーズンで物が増えてしまいました。大人の服は痛みが少ないので着ようと思えばいくらでも着られますがが、今年はそれじゃない。ということがあります。だから私の断捨離基準はそのアイテムは必要か?ではなくて実際に「使っている」か「いないか」で判断して処分していきます。「そのうち着るかも」と思ってとっておいても大抵着ることもなく、そのままなのです。なので、1年着なければ躊躇なく処分。

定番物は1着置いておく

流行は気にはするけれど、敏感ではありません。なので定番といえるようなスーツやコートは質が良いのでとってあります。スーツもコートも着る機会は減りましたが、まだそれが似合う間はチャンスがあれば着たいと思います。衣替えの時期に一度袖を通してみて鏡の前でポージング。なんか違うなと感じた時が捨て時かな。と思っています。

断捨離開始

思い立ったら吉日と、45ℓのごみ袋を手にクローゼットの前に立ちました。端からどんどんチェックをしていくと、息子のスーツが出てきました。スーツはどれも似たようなものばかりでよく見ないと違いがわかりません。ズボンにテカリが出てるものを躊躇なく処分しました。男性のスーツは上着よりもズボンの消耗が速いです。ズボンが痛んできたら捨て時です。

 バックは元を取る

この機会にバッグも見直し。フリーになったのを機に通勤バッグを処分することに。見た目は使えそうですが、どれも2~3年は使っていましたので十分元はとれています。こんどいつ出番がくるかも分からないものは潔く処分。高級バックも使用頻度が上がれば十分元はとれます。勿体がらずにお出かけに使うようにしています。使わなければ、フリマアプリに出品するか、買い取りサービスで現金化。高級バックを眠らせておくほど勿体ないことはないと思います。

大人3人家族のわが家。娘はなんでも直ぐに捨ててしまいますが、息子はなんでも取っておきたい方。「捨てていい?」と聞くと「置いといて」と言われるので「捨てるよ」と宣言して最終処分。息子もいい大人になりました。服を断捨離しながら息子を断捨離できないかと思う母でした。

いまから始める定年後のお金対策

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

1 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

【旅の名言】今すぐ旅に出たくなる!人生観が変わる偉人の格言7選

旅にまつわる名言は多くあります。人生を旅に例えれば、生きてきて感じたことや思うことが凝縮されるからです。今回はそんな旅にまつわる名言を7つご紹介します。読めば視野を広げるために旅に出たくなったり、仕事の活力を与えてくれたりすることでしょう。
豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

豪華列車で行くカナディアンロッキー夏の旅|観光スポットをご紹介

雄大な自然と絶景で知られる「カナディアンロッキー」。今度の夏のお休みに、このカナダの世界遺産に出かけてみるのはどうでしょう。それにはバンクーバーから出発する豪華列車の旅がおすすめです。美しい公園のあるバンクーバーもあわせ、観光の見どころをご紹介します。
結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局、幸せとは?今すぐ自分でコントロールできる40%に注目!

結局のところ、幸せとは何なのでしょうか。憧れの企業に就職したり、世間より多い年収を提示されたりすれば、幸せを感じる人がほとんどですね。それでも、その幸せな気持ちは長続きしません。最近の研究では、自分で幸せをコントロール可能なことが分かってきました。
インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

インドの大富豪から教わった「運がいい人」になる習慣のコツ

成功するためのコツや方法について、誰しも知りたいものです。サチン・チョードリー著『「運がいい人」になるための小さな習慣』 より、ちょっとだけ習慣を変えることで運がいい人になるための思考の方法をご紹介します。
ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

ミッフィーが誘ってくれる“誰といってもそれぞれ楽しい”美術展!

「美術作品を自分の思うままに楽みましょう。」 「美術館で、本物の迫力や繊細さをじっくり味わってみてください」 ・・・と毎回力強くお勧めし、それはもちろん心からの思いではありますが、実際に“美術館に行く”って、結構いろいろな選択ハードルがあるのですよね。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部