2019年3月14日 更新

ネットショップ開業するには アイデアと才覚次第で繁盛店になれる

ネット通販サイトは、特にITを勉強しなくても開店でき、自宅を事務所兼倉庫にすれば維持費を月数万円程度に抑えることも可能です。店舗運営を助けるASPサービスも豊富で、個人でもアイデアと才覚次第で「繁盛店」になれます。

gettyimages (33527)

2019.3.14

ブログを立ち上げるようにネット通販開店?

gettyimages (33537)

独立して、あるいは副業としてネット通販サイトの開店を考えている人もいるでしょう。個人がネット通販サイトを運営するには何が必要で、どんな形態がよく、それにはどれぐらいの費用がかかるのでしょうか?
ネット通販と言っても、ITシステムについて自分で勉強したり、技術に詳しい人に頼まなければならないことはありません。なぜなら、今はネット通販開業用の「パッケージ」がいろいろあり、必要に応じてカスタマイズすれば開店にこぎつけられるからです。
それは「ブログ」に似ています。ブログはITを知らなくても、誰でも見よう見まねで立ち上げて運営できます。自力でブログを立ち上げることができた人なら、ネット通販サイトも自力でつくって運営できるでしょう。
ただし、ブログは書いて無料で人に見せるだけですが、ネット通販は商品を売る「営業」をしますから、期日や約束や法律の規制を守るなど「商人」としての責任が伴います。ネットオークションの個人売買の延長のようなつもりで軽く考えないようにすることが大切です。

工夫次第で開店費用も維持費も安くできる

gettyimages (33529)

ネット通販を始めるにはまずパソコンとインターネット回線が必要ですが、それはすでに持っているでしょう。それ以外に、ネット上に通販サイトを公開する「スペース」を確保し、お店の内装工事を行うように通販サイトをデザインしてアップロードしなければなりません。商品に値段をつけて通販サイト内に写真と説明文を「陳列」し、お客さんが商品を買う時に使う「レジ」やクレジットカードなどの「決済」のしくみ(ショッピングカートシステム)も用意します。在庫の保管場所も確保し、梱包、配送の手配も行わなければなりません。集客のために宣伝も行います。
公開するスペースやツールはできるだけ安いものを選び、デザインや陳列、宣伝活動は自分で行い、自宅を商品の倉庫にして梱包、発送も自分で行うなど、工夫次第で初期費用、維持費は安く抑えることができます。
具体的には、通販サイトを開くレンタルサーバーを借りますが、「共用サーバー」ならオリジナルドメイン(URL)を取っても安くすみます。個人なら、サイトのデザインや商品の陳列、レジ、決済、メールを自動発信するような受注管理については「レンタルショッピングカート」と呼ばれるASPサービスの利用が向いています。通販サイトの開業、運営に必要な一式が「パッケージ」になっていて、まるでブログを立ち上げたり更新したりするような要領でサイトをデザインし、値段を付け、商品を入れ替えられるからです。
レンタルショッピングカートの中にはレンタルサーバーやオリジナルドメイン取得まで提供するオールインワンタイプ(高機能ASPサービス)もあり、はじめてでも通販サイト立ち上げを助けてくれます。初期費用、月額料金が無料のものと有料のものがありますが、容量やデザインの自由度などに制約が多い無料でも「BASE」のように独自ドメインが取れるものがあり、有料でも「カラーミーショップ」の場合、初期費用も月額料金も3,240円(税込)ですみます。
「『アマゾン』や『楽天市場』や『Yahoo!ショッピング』に出店したい」という人は、アマゾン、楽天、Yahoo!がそれぞれオールインワンタイプの「ASPサービス」を提供しています。有名モールへの出店は大きな集客効果がありますが、出店審査や運営などにルールがあり、手数料など費用もかかります。通販サイト運営が軌道に乗ったら、次のステップとして考えるといいでしょう。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

デザイン思考とは?今知っておくべきスタンフォード式マインドセット

顧客が求めているサービスとは何なのか知りたい。あるいは、新商品のいいアイデアを見つけたい。どんな職業・職種でも、真のニーズや問題を適切に見つけ出し、解決に導く方法を知っておくことは大事であるといえるでしょう。 ジャスパー・ウ著『実践スタンフォード式デザイン思考』 より、これからの時代を生き抜くために必要なデザイン思考という考え方をご紹介します。
クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

クリエイティブな人は「編集」している|新しい価値を見つけ出す方法

どんな業界であっても、新しい物事が常に求められています。そうはいっても、あらかたの題材は出尽くしている現代社会。多くのクリエイターは、どんなスキルを発揮して、日々新鮮なクリエイティブを生み出しているのでしょうか。 松永光弘著『「アタマのやわらかさ」の原理。』 より、編集という視点で新しい物事を見つけ出す考え方をご紹介します。
テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

テレワーク導入の強い味方:日経OFFICE PASS(オフィスパス)を試してみた

毎月定額で全国のシェアオフィスを利用できる日経の「OFFICE PASS(オフィスパス)」。東京2020に向けて政府主導でテレワークが推奨される中、経費としても扱いやすい仕組みになっています。興味はあるけど評判が気になるーー今回は実際に利用したメリット・デメリットをレビューします。
セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

セルフリーダーシップで生き延びる|正解のない時代で自分の価値を信じる

AIに仕事を奪われるとか、人生100年時代であるとか。この世は、今まで聞いたことがない前例のない世界になりつつあります。スピーディーに意思決定をしていかなければ、ますます時代に取り残されてしまうでしょう。 南章行著『好きなことしか本気になれない。』 より、確固たる正解のない現代を生き延びるための考え方をご紹介します。
「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部