2019年4月1日 更新

「自由に働きながら、世界を変える。」24歳で単身アフリカへ

フリーランス国際協力師としてウガンダ共和国に単身で飛び込んだ筆者。学生時代に携わってきた活動を振り返りながら、今の働き方に至った経緯をご紹介します。

筆者とウガンダの子どもたち

2019.4.1
「自由に働きながら、世界を変える。」

フリーランス国際協力師として活動する僕が掲げるコンセプトです。この記事を書いている今、僕は東アフリカのウガンダ共和国に滞在しています。

「国際協力」という言葉を聞き、あなたはどんなイメージを持つでしょうか。

途上国の農村部に派遣され、子どもたちに日本語を教える教師?紛争地から逃れた難民に、衣食住の支援をするNGOスタッフ?有名大学院を卒業し、世界中を飛び回っている国際機関の職員?

世間一般で考えられている国際協力の仕事は、こんなところかもしれません。

僕は今、「フリーランス×国際協力」という新しい働き方に挑戦しています。その仕事内容はきっと、皆さんが想像する国際協力とは少し違うかもしれません。

STAGEで書く最初の記事。今回は僕がウガンダで活動することになった最初のきっかけと一緒に、フリーランス国際協力師という働き方に至った経緯をお伝えします。

10万人が犠牲になったウガンダ内戦

ウガンダ北部の夕暮れ

まだ大学3年生だった2016年1月、僕は一人でウガンダ共和国を訪れました。

今でさえアフリカの中でも比較的治安のいいウガンダですが、この国では1980年代から20年以上続いた内戦の影響で、衣食住のニーズを満たせずに暮らす人々がたくさんいます。

特にウガンダの北部では、反政府組織による村の襲撃や政府軍との戦闘が多発しました。この内戦で、少なくとも10万人以上が犠牲になったと言われています。

ウガンダの内戦でとりわけ注目を浴びたのが、子ども兵の問題です。内戦中、反政府組織によって3万人以上の子どもが誘拐され、兵士として戦場に駆り出されてきました。

僕はもともと、大学の海外ボランティア団体に所属し、バングラデシュの児童労働問題に取り組んでいました。その過程で最悪の形態の児童労働とされる「子ども兵」に問題意識を持ち、実情を少しでも理解しようとウガンダを訪れたのです。

そこで僕は、元少女兵のアイ―シャさんという女性と出会いました。

彼女は14年間も拘束された

従軍中の体験談を聞いている様子

「少年兵」という言葉に聞き覚えある人は多いと思いますが、実際の戦場には女の子の兵士、つまり「少女兵」もいます。僕が出会ったアイ―シャさんもそのうちの一人でした。

2000年12月19日、彼女がまだ12歳だった頃です。夜中に一人で道を歩いていたところ、反政府組織に突然誘拐されました。

そして、26歳で脱退するまでの実に14年間、彼女は反政府組織に拘束され続けたのです。

彼女が従軍中に体験したことはあまりにも壮絶でした。何日間も飲まず食わずで森の中を歩き続けたこと。大人兵士と強制結婚させられて子どもを産んだこと。生まれたばかりの赤ん坊を抱え、政府軍から逃れるため走り回ったこと。

彼女の口から語られる話を聞き、僕はメモを取る手が震えてしまいました。

「苦しみはそれを見た者に義務を負わせる」

ウガンダ北部グル市内の様子

アイ―シャさんの体験談を聞き、僕はある言葉を思い出しました。

「苦しみはそれを見た者に義務を負わせる」

フランスの哲学者、P.リクールの遺した言葉です。

従軍中の彼女の体験談を直接聞いた者として、この問題に向き合いたい。自分にできることをやりたい。そう決心した僕は、当時通っていた早稲田大学を半年間休学し、元子ども兵の社会復帰を支援するNGOでインターンを始めました。

就活の道を捨て、在学中に新しくNGOを起業

ウガンダ北部の田舎道

アフリカでの支援活動に携わる傍ら、ブログで現地の情報を発信したり、自らの経験をまとめた本を出版したりと、大学生ながら僕はバリバリ活動していました。

そして2017年5月、早稲田大学に復学してすぐの頃には就活の道を捨て、新しく自分でもアフリカ支援のNGOを起業しました。

大学に通う傍ら、国内で資金集めに奔走し、毎週のように講演をして、ブログも書き、夏休みにはウガンダに行って現地で支援に取り組む。その様子はテレビでも取り上げられるなど、多くの人に注目していただきました。

学生とは思えないほど忙しい毎日でしたが、今思い返しても充実した日々だったと感じます。

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今注目の「食育」に関する資格9つ!自分に合った資格の選び方

今注目の「食育」に関する資格9つ!自分に合った資格の選び方

政府が国民運動として推進する「食育」は、農水省の調査によると国民の4分の3以上が関心を持っています。食育関連の民間資格は乱立気味ですが、うまく選べば仕事に役立ったり、肩書を活かして食育セミナーの講師の声がかかり、報酬が望めるかもしれません。
自宅で仕事がはかどる!在宅ワークを快適にする家具の選び方

自宅で仕事がはかどる!在宅ワークを快適にする家具の選び方

働き方改革で在宅勤務を命じられたら、あなたは自宅の中のどこで仕事をしますか? その環境は、自分の健康を守るためにも大事です。「在宅勤務用」の机やいすが売られていますが、仕事をするための家具はどんな点に気をつけて選べばいいのでしょうか?
「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

「いつかは住みたい」南アフリカでの生活費

アフリカ大陸最南端に位置する南アフリカは“虹の国”と称され、多彩な魅力に溢れています。「アフリカ」と聞くと野生動物や大自然を想像する方も多いと思いますが、それだけでなく、華やかな街並みや近代都市が共存していることが大きな特徴です。
「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

「いつかは住みたい」マルタ共和国での生活費

マルタ共和国は、佐渡島の半分の面積しかない地中海に浮かぶ小さな島国です。マルタ島、ゴゾ島、コミノ島の3つの島からなるこの国は、透き通るような美しい海、様々な文化が入り組んだ風光明媚な街並み、街を闊歩する猫など、フォトジェニックなスポットが数多くあり、知る人ぞ知る観光国として人気になっています。
成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いはたった1つだけ?質問力の考え方

成長する人・しない人の違いは、突き詰めればたった1つしかありません。一向に成長しない部下や後輩を眺めて、日々悩んでいる方も少なくないのではないでしょうか。仕事で成長する人・しない人の違いがどこから来るのかを解き明かし、どのように捉えれば良いのかを考えてみます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

原貫太 原貫太