2020年10月23日 更新

仕事ができる人のひとり時間の過ごし方は「3つのト」

みなさんはひとり時間を活用できていますか?ひとり時間を確保できていますか?できる人の共通点としてひとり時間を大切にすることがあります。この人たちは、その時間を捻出することも上手ですし、そして何より、その時間を最大限に活用しています。また、どのように活用しているかといえば、3つの「ト」として使いこなしています。その3つの「ト」とは?

例えば、旅行をするということは、大きく環境が変化することを意味しています。その結果、慣れた生活に比べ、不便になったり嫌な思いをしたりします。できる人は、それを避けることなく受け入れ、それを楽しみ、しかし、それを改善するためにイノベーションや創造性がかきたてられます。その結果、イノベーション力が上昇したり、新たなビジネスモデルが生まれてくるわけです。
これ以外にも、コミュニケーション能力も磨くこともできます。ひとり時間の旅は、常に知らない人とのコミュニケーションの連続です。もし、これを避けると無言旅行になります。楽しい旅行にするためには、会話力を上げ、交渉術を駆使しながら旅を続けなければなりません。その結果、自然とコミュニケーション能力が大きく向上します。
他にも、人や店を見抜く能力もぐーんと上がります。ホテル、タクシー、レストラン、そして、おすすめ情報など。ひとり時間の旅行は、全て自分で物事を判断し旅をすすめていきます。誰かに頼るとしても、頼る人が正しいのか、どの情報が正しいのかなどを判断する能力、目利き力も不可欠です。その結果、ビジネスにおいても自然と判断力が身につきます。
このように得ることだらけのひとりツーリスト。大げさに始めるとなかなか一歩を踏み出せないことが多いので、気軽なショートトリップからスタートするのがコツです。

体を回復させるアクティブレス「ト」

できる人は、ひとり時間では疲れを取るために「体」を動かします。えーっ、疲れを取ると言えば、ここぞとばかりに寝だめしたり、一日中ゴロゴロしたり、焼肉で栄養をつけたりするのではと思う方も多いかと思いますが、実はできる人はひとり時間に軽い運動をし体を回復しています。これをアクティブレストといいます。
ではなぜ、アクティブレスト(積極的休養)を取るかと言えば、「疲労が回復し、体調を維持できるから」。
そして、そのことで自分の「仕事のパフォーマンスがアップする」ことを知っているからです。
アクティブレストとは、「運動を頑張らず、きつい運動はせず、気持ちが良いレベルに止める」といった、軽〜い運動を行うことです。具体的には、「ウォーキング」「水中ウォーキング」「散歩」「ストレッチ」など。これらの運動は、筋肉を動かすことで血流がよくなり体の老廃物が除去されます。また、疲労回復をしやすい体質になり疲れがたまらなくなります。そして、何より無理な運動をしていないので気持ちがリフレッシュします。オン・オフのメリハリがいい感じです。このように休みながら動かすという取り組みは世界で密かな広がりを見せています。
また、山道や海岸沿いの散歩は、心と頭を整えるリセットの相性良く、街中の散歩であれば、アイデアを生み出すツーリストの相性が良いようです。このように、3つの「ト」はお互いに深く関わり合いを持っています。また、簡単にスタートできそうな「ト」からはじめてはいかがでしょうか。そのためには、明日からすぐにひとり時間を確保することです。
27 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層の「仕事」と「遊び」の境界線がない自由な生き方とは

富裕層の「仕事」と「遊び」の境界線がない自由な生き方とは

みなさんは日頃どのような気持ちで仕事をしていますか。今回は「仕事」と「遊び」の境界線がない富裕層の自由なライフスタイルをご紹介します。人間性を豊かにする仕事、時間、空間を知っている富裕層のアイデアとしてご一見下さい。
富裕層になる人の読書術|ビルゲイツに学ぶ読書習慣化のコツ

富裕層になる人の読書術|ビルゲイツに学ぶ読書習慣化のコツ

秋の夜長、読書の秋の時期を迎えると「今年こそ読書をしよう」と考える人も多いはずです。ちなみに、富裕層になる人の読書量は平均的な人と圧倒的に違うとされ、なんと約30倍の量とも言われています。今回は、富裕層になる人に共通する読書術を見ていきたいと思います。
成功した個人投資家が駆使する手軽な分析方法

成功した個人投資家が駆使する手軽な分析方法

個人投資家として成功する人には様々なタイプの人がいますが、共通する特徴は分析力が高いことです。限られた時間の中で気軽に誰でもマネできるスタートできる分析方法をお伝えします。
富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜戦略と戦術編〜

富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜戦略と戦術編〜

200年に渡り資産を築く富裕層はリスク管理を徹底していることを前回お伝えしました。今回は、この富裕層はどんな時もある戦術で資産を増やし守り続けることをお伝えします。
三木谷浩史(楽天)、柳井正(ファーストリテイリング)の名言に富裕層となるヒントがある

三木谷浩史(楽天)、柳井正(ファーストリテイリング)の名言に富裕層となるヒントがある

貯金や株式といった資産の額から借金を引いたものを準金融資産といい、この準金融資産が1億円以上ある人たちが一般的に富裕層と言われています。日本の世帯数はおよそ6000万弱ほどあり、そのうち富裕層にあたるのはこのうちの約100万世帯になります。これをパーセンテージに直してみると全体の約1.6%になります。
お金 |

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊
お金の教養講座
お金と投資のセミナー情報(無料)

お金の教養講座

おすすめ

お金の教養講座

⼤⼈として知っておきたいお⾦の知識。
⼈⽣そのものを充実させるためのお⾦の基礎講座

月5万円で資産1億円を目指すゴイチセミナー

1億円を作った人が実践してきた「資産運用のルール」を真似しよう


ファイナンシャルアカデミー公式SNS