2018年6月28日 更新

貯まったら貯めておけ! 住宅ローンの繰り上げ返済は無駄でしかない

お金がもっと欲しいと思って取った行動が、実は、お金を遠ざける結果になっているかもしれません。NG行動に気づき、 “発想"を少し切り替えることで「お金持ち体質」が手に入ります。泉正人の最新刊『お父さんの「こづかい」は減らすな』より特別編集編をお届けします。

gettyimages (16891)

2018.6.28

貯まった100万円の使い道は?

gettyimages (16937)

もし、貯金が100万円貯まったとしたら、みなさんはどうしますか? この低金利時代に、まとまったお金を銀行に預けておくだけではもったいない、うまく活用したいと誰もが考えていることかと思います。
何かと話題の株や投資信託で資金を運用するのは、リスクもあるし勉強するほど興味はない。かといって、比較的金利の高いネット銀行の定期預金に預けるとしても0.2%程度の金利で年間2000円しか増えないのでは、あまり意味がなさそうです。住宅ローンを組んでマイホームを購入している方であれば、「繰り上げ返済するべき」というのをよく耳にするかと思います。なにしろ住宅ローンは借金の額が大きく、少しでも減らせれば精神的な負担が減りますし、金利1.5%のローンであればただ預金しておくよりお得と言えます。

貯金こそ保険。100万円のお守りです。

gettyimages (16939)

繰り上げ返済には返済期間を短縮する「期間短縮型」と毎月の返済額を少なくする「返済額軽減型」があり、いずれもトータルの返済額を減らすことができます。100万円期間35年、3500万円の住宅ローンで100万円を「期間短縮型」返済でシミュレーションしてみると、総返済額が56万円減る計算になり、メリットがあるように見えます。
しかし、借金を早く減らしたい、月々の利息がもったいないという理由だけで、手元の信金である100万円をすべて使ってしまうことこそ、大きなリスクになると考えるべきです。
なぜなら、「貯金は保険になる」、からです。せっかく貯めた100万円を活用しないことがいまはもったいなく思うかもしれませんが、いつ何が起こるかはわかりません。突然、怪我やリストラ、冠婚葬祭イベントなど想定外の事情で、まとまったお金が必要になる可能性はゼロではありません。
保険では対応できないリストラなどの想定外のことで、もし必要な100万円のお金がなかったらそうなるでしょうか。当面の生活費で別の高金利なローンを組む必要に迫られるかもしれません。住宅ローン金利の10倍以上の金利がかかったら、本末転倒です。
また、わたしたちは不測の事態を回避するために、医療保険や傷害保険に入りますが、そもそもある程度の現金があれば、その保険は必要なく、毎月数万円もの保険料を減らすことができるのです。手元に100万円のお守りがあると考えて、ムダな保険料を払っていないか見直してみることこそ、よりよいお金の運用法ではないでしょうか。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

泉 正人 泉 正人
お金の教養講座