2018年9月18日 更新

イタリアのイクメン事情 男子トイレでのおむつ替えやPTA活動にも積極的

母が強いといわれるイタリア。その一方で、イタリアはヨーロッパでも男尊女卑が残る国としても有名という矛盾があります。映画『ゴッドファーザー』の男性像がそれ。 しかし、母親に支配されていたり、男性優位を振りかざしていたイタリア男子たちが変わりつつあるのです。

gettyimages (19927)

2018.9.4

「おむつ替えは母親の義務だと誰が決めたの?」

gettyimages (20448)

イタリア南部には依然として「男子厨房に入らず」に固執する男子が多いものの、ミラノであるキャンペーンが広がっていました。
 インスタグラムで「私は変える(#Iocambio)」というハッシュタグを検索すると、女子トイレでおむつを替える男性たちの写真が登場します。
 衛生的で清潔な公衆トイレがあちこちにある日本に慣れた人にとって、ヨーロッパを旅行するときに憂鬱なのが公衆トイレ事情。これに比例して、赤ちゃんのおむつ交換台も公共の場には少なく、ミラノではこれを問題視する人が多かったのです。
 この運動のイニシアティヴをとったのは、Onalimというミラノの協会でした。より良いミラノを目指し、7月25日から男性たちがおむつを替える写真の投稿を開始したのです。
これに真っ先に呼応したのは、トスカーナ州の空港でした。
 8月11日、twitterでフィレンツェとピサの空港内にある男性トイレに、おむつ替えの台が設置されたことが告知されたのです。

父親の世代とは異なるライフスタイルを

gettyimages (19735)

 市場調査や統計分析の専門機関「DOXA」は、20歳から54歳のイタリア人男性を対象に「食生活」についてのアンケートを実施しました。その一項に、「台所で料理をしますか」という質問があったのです。
『ゴッドファーザー』を地で行くように「絶対に台所には入らない」と答えたのは、全体のわずか8パーセントでした。実に、90パーセント以上の男性が「常に」「週に何度かは」「気が向いたときに」「必要に応じて」台所で料理すると答えました。
 常に料理をすると答えた男性は、半数に迫る41パーセント。27パーセントの男性は、「料理をするのが楽しい」とコメントしているのです。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

有給休暇の義務化は4月から 時間単位で取得できればどう変わる?

有給休暇の義務化は4月から 時間単位で取得できればどう変わる?

4月から年次有給休暇の5日以上の取得が義務化されますが、消化の方法として2010年に導入された有休を時間単位で取得できる「時間単位有給休暇制度」があります。厚生労働省の調査では導入企業は18.7%にとどまりますが、導入事例やメリットに迫ります。
ランニング初心者必見!ケガを防ぐためのストレッチ&筋トレ法

ランニング初心者必見!ケガを防ぐためのストレッチ&筋トレ法

「ダイエットや健康維持のためにジョギングをはじめたい!」そう思っている人は少なくないでしょう。しかし運動不足の人は、ケガに注意しなければいけません。そこで今回は、 ケガの防止や運動効率を上げるための初心者ランナー向けストレッチと筋トレ法を解説していきます。
世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

世界経済の大きな流れを俯瞰する(後編)

さらに世界経済の先行きを不透明にしているのは、米国が金融引き締め路線の修正を明確にしたということです。2019年に入ってFRBは利上げの停止と保有資産縮小の計画見直しを表明し、利上げに関しては早ければ2019年のうちに終了するかもしれません。FRBは十分な緩和余地をつくるため、政策金利の3.5%までの引き上げを目指していましたが、足元では2.25~2.50%にとどまっています。
海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍するには日本の伝統文化は必須の教養

海外で活躍する国際人になるために必要なのは、日本の伝統文化を説明できることであると、国際交流にたずさわる人がよく口にします。その理由や、どんな知識をどこで身につければ良いか解説します。
近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

近代建築の巨匠ル・コルビュジエの思想を絵画で体感する【アート研修】

アート研修の目的は、今ビジネスにおいても重要視されている「感性」を磨き表現能力を開発することです。感性が磨かれると人生は豊かに彩られるでしょう。今回は「芸術家の試行錯誤を追体験してみよう」です

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子