2018年9月18日 更新

イタリアのイクメン事情 男子トイレでのおむつ替えやPTA活動にも積極的

母が強いといわれるイタリア。その一方で、イタリアはヨーロッパでも男尊女卑が残る国としても有名という矛盾があります。映画『ゴッドファーザー』の男性像がそれ。 しかし、母親に支配されていたり、男性優位を振りかざしていたイタリア男子たちが変わりつつあるのです。

gettyimages (19927)

2018.9.4

「おむつ替えは母親の義務だと誰が決めたの?」

gettyimages (20448)

イタリア南部には依然として「男子厨房に入らず」に固執する男子が多いものの、ミラノであるキャンペーンが広がっていました。
 インスタグラムで「私は変える(#Iocambio)」というハッシュタグを検索すると、女子トイレでおむつを替える男性たちの写真が登場します。
 衛生的で清潔な公衆トイレがあちこちにある日本に慣れた人にとって、ヨーロッパを旅行するときに憂鬱なのが公衆トイレ事情。これに比例して、赤ちゃんのおむつ交換台も公共の場には少なく、ミラノではこれを問題視する人が多かったのです。
 この運動のイニシアティヴをとったのは、Onalimというミラノの協会でした。より良いミラノを目指し、7月25日から男性たちがおむつを替える写真の投稿を開始したのです。
これに真っ先に呼応したのは、トスカーナ州の空港でした。
 8月11日、twitterでフィレンツェとピサの空港内にある男性トイレに、おむつ替えの台が設置されたことが告知されたのです。

父親の世代とは異なるライフスタイルを

gettyimages (19735)

 市場調査や統計分析の専門機関「DOXA」は、20歳から54歳のイタリア人男性を対象に「食生活」についてのアンケートを実施しました。その一項に、「台所で料理をしますか」という質問があったのです。
『ゴッドファーザー』を地で行くように「絶対に台所には入らない」と答えたのは、全体のわずか8パーセントでした。実に、90パーセント以上の男性が「常に」「週に何度かは」「気が向いたときに」「必要に応じて」台所で料理すると答えました。
 常に料理をすると答えた男性は、半数に迫る41パーセント。27パーセントの男性は、「料理をするのが楽しい」とコメントしているのです。
31 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

人生を変えるモノの選び方「ミニマリスト」から「モノマリスト」へ

なかなか気分が上がらないとき、きっかけになる好きなモノがあれば、もっとスムーズに実行できそうです。身の回りにあるモノにこだわりを持つだけで、少しモチベーションが上がるのだとしたら、私たちはもっとモノ選びにこだわる必要があるでしょう 堀口英剛著『人生を変えるモノ選びのルール』 より、ミニマリストではなく「モノマリスト」という、ときめくモノに囲まれて生きるあり方をご紹介します。
カフェとは違うの?コワーキングスペースで働く3つのメリット

カフェとは違うの?コワーキングスペースで働く3つのメリット

「コワーキングスペース」という名前を聞いたことはあるけれど、どんなところか分からない、利用してみたいけど仕組みが分からない、という方も多いのではないでしょうか?そんなあなたに、最近のコワーキングスペースについてご紹介します。
地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

地方銀行の相次ぐ合併|変わっていく銀行の役割とは

ここ数年、合併のニュースが相次ぐ地方銀行。銀行合併というニュースを聞くと、「自分の貯金は大丈夫なのか」、「地域経済に影響はないのか」と心配になる方も多いでしょう。地方銀行はなぜ合併をするのでしょうか。そして、利用者である私達にはどのような備えが必要なのでしょうか。
お金 |
成功者に共通の考え方は3つ?僅かな意識改革が実力差を生む

成功者に共通の考え方は3つ?僅かな意識改革が実力差を生む

成功者に共通する考え方・価値観の本質は、僅か3つに集約できます。世に成功者とされる人々は少なくありませんが、業界やジャンルを超えて共通する考え方は明らかに存在します。成功者とそれ以外との能力差は、実は意外と小さなものです。考え方の違いが大差を生みます。
絶対点数ではなく相対点数を意識する

絶対点数ではなく相対点数を意識する

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

井澤 佐知子 井澤 佐知子