2018年10月23日 更新

利益をもたらす人間としか付き合わない ─ 人間関係は損得勘定で成り立っている

「『なにが嫌いか』をはっきりさせる」の項で、食事の際に「タバコを吸っていいか」と聞いてきた知人と、その後の付き合いがなくなったことを書いた。

gettyimages (20328)

2018.9,1

──『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて、自由になる50の方法』特別編集[第3回]ミニマリストしぶ

このことをブログに書いたとき、読者の方から「人のある一面だけを見て自分と付き合う価値を判断するなんて、自分に利益をもたらす人間としか付き合わないということなのか?」というご意見をいただいた。
まさに、その通り。僕は「人付き合いだって、利害関係だ」と思っている。

読者の方は言う。「たとえばしぶさんが尊敬している方や、親しい友人の方から同じこと、タバコを吸っていいかと聞かれてもNOと言えるでしょうか」と。
もし、HKT 48の宮脇咲良さん本人に目の前で「タバコ吸っていい?」と聞かれたら、OKを出すかもしれない。
かわい過ぎるので、最悪タバコを吸っても許せる。しかし、実際そうはなっていないし、宮脇さんはタバコを吸わない。だから「もし00さんが△△してきたら」という質問は、ナンセンスだ。
僕の知人や尊敬できる人の中にも喫煙者はいるけど、席を離れて吸うなど、非喫煙者を気遣ってくれる。そういう配慮ができる人だから、関係が続いているのである。

先日、多人数の飲み会に参加する機会があったのだが、14人もいたにもかかわらず、食事中にタバコを吸う人はひとりもいなかった。これは、付き合う人を選んでいるからこその結果だと思う。いくらなんでも、他の13人全員で「しぶがキレたらヤバイから吸うのやめようよ」と口裏を合わせていたわけではないと思う。

確かに「喫煙者か、非喫煙者か」という一面だけで、相手のすべてを知り得ることはできない。でも多くの場合、人は人のある一面だけを見て判断するし、判断される。就活や婚活だってそうだ。
「この人はパッと見でなんか仕事できなそうだから、不採用だな」
「この人は素敵だし、話も合うから仲良くなりたいな。LINE聞こう」
限られた短い時間の中で、全員のすべてを知るのは無理だから、自分なりのフィルターをかけて判断する。だからこそ僕らは、その短い時間で、自分の印象を正しく伝えられるように努力するのである。

僕は、今でも利益のある人としか付き合っていない。
ここでいう利益とは「気遣いができ、話がおもしろくて尊敬できる、なんか居心地
がいい」など。
損失は、「話がつまらない、配慮ができない、見ていてムカつく」など。
こういった「損/得」をトータルして、利益が上回る人と付き合う。

子育てがいい例だ。手間もお金もかかるけど、それ以上に「子どもの笑顔で幸せになれる」といるが上回るから、子どもを育てる。
だから僕は「嫌な一面すらも許せる人」と付き合いたい。「口は悪いけど、いっていることは尊敬できるし一緒にいたい」、そういう人との関係ほど貴重だから。
もちろん、僕と付き合うだけの価値がなかったら、切ってもらってかまわない。僕も人から選ばれるような、得のある人間であり続けたい。

物も人も、すべては利害関係。自分のためにも相手のためにも、選び抜こう

gettyimages (20359)

ミニマリストしぶ

1995年生まれの福岡県北九州市出身。 お金や物だけでなく、人生のあらゆる局面において、 よりストイックに、よりミニマルに自分を研ぎ澄ます。 「ミニマリズムの魅力を広める」を目的に事業を展開する 「Minimalist」の代表。 自身の生活や考えを綴った「ミニマリストしぶのブログ」は、 月間100万PVを超える人気ブログ。 ミニマリストしぶのブログ: https://sibu2.com Twitter @SIBU__ Instagram: @minimalist_sibu
12 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「努力しないための努力」だけする ─「面倒くさい」を原動力にする

「努力しないための努力」だけする ─「面倒くさい」を原動力にする

僕は、筋金入りの面倒くさがりだ。 片付けも掃除も労働も苦手だし、そんなことをするより、ブログを書くなり、寝るなり、ニンテンドースイッチで遊んでいたい。 「面倒くさい」という違和感こそが、「無駄」の正体に他ならない。ちょっとした無 駄であっても、積み重なればやがて大きなストレスとなる。
悩む暇があったら、さっさと買う ─捨てるトライ&エラーの繰り返しで、直観力を磨く

悩む暇があったら、さっさと買う ─捨てるトライ&エラーの繰り返しで、直観力を磨く

「なににお金を使い、なにに使わないか」を決めることは、「自分にとって、なにが幸せか」を知ることだ。 そして、そぎ落とすべき「無駄」は、お金の出費や物の量だけでなく、生活スタイルや思考、人付き合いまで、人生のあらゆる局面におよぶ。その場面でミニマリズムを応用してこそ、ミニマリストだ。多くの人にそのよさを知ってもらえたらうれしい。
富裕層ほどモノを持たないミニマリストが多いと言われる3つの理由

富裕層ほどモノを持たないミニマリストが多いと言われる3つの理由

近年話題になっている「ミニマリスト」というライフスタイル。 これは、「余分なモノや時間を削除し、人生において最も重要なことに集中する」ということをメインテーマとした考え方です。
大掃除をどうする? ミニマリストから学びたい美しく暮らすコツ

大掃除をどうする? ミニマリストから学びたい美しく暮らすコツ

厳選されたものだけで美しい暮らしを実現する「ミニマリスト」は近年の注目のライフスタイルです。断捨離の気持ちが高まっている年末。2018年こそ、理想的なライフスタイルを実現してみたいですね。
有給休暇の義務化は4月から 時間単位で取得できればどう変わる?

有給休暇の義務化は4月から 時間単位で取得できればどう変わる?

4月から年次有給休暇の5日以上の取得が義務化されますが、消化の方法として2010年に導入された有休を時間単位で取得できる「時間単位有給休暇制度」があります。厚生労働省の調査では導入企業は18.7%にとどまりますが、導入事例やメリットに迫ります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部