2019年7月29日 更新

ソムリエが教えるワインを楽しむ勉強法|今すぐワインが選びたくなる

ワインが好きでも「選ぶときに迷ってしまう」「勉強するのは敷居が高そう」ということはありませんか。ワインは楽しむものであり、難しい勉強の対象ではありません。少し知識があるだけで、食事がより豊かになります。今回はワインの本質と、勉強方法のコツをご紹介します。

2019.7.29

ワインはぶどうそのもの 

改めて「ワイン」を定義しますと、ワインとは「ぶどうを原料とした醸造酒」と言えます。醸造酒にはワインの他に日本酒やビールなどがあります。原料に含まれる糖分を、酵母によるアルコール発酵によりアルコールに変えて造られるアルコール飲料です。ぶどうには酵母がそのまま利用できる形で糖分が含まれています(日本酒やビールの場合、まずはでんぷんを糖に変える工程が必要となりますが、ワインの場合それは不要です。)ので極めてシンプルに、ぶどうと酵母だけあれば、ワインを造ることができます。
これがワインの本質です。ぶどうの質がそのままワインの質に直結しますので、いかに高品質なぶどうを得られるかが上質なワインにとって大切なポイントです。確かに造り手の技術などぶどうの質以外にも重要な部分はありますが、ぶどうの質の時点でワインの質の8割ほどが決定づけられます。

まずは代表的なぶどう品種を覚えましょう

ワインに於いて、ぶどうがいかに大切かお分かりいただけたことと思います。
ワイン用のぶどうはヴィティス・ヴィニフェラと呼ばれるヨーロッパ系の品種が主に使われています。
ぶどう品種の個性がワインの個性の大部分を決定づけますので、代表的なぶどう品種とその個性を覚えれば、かなりワインに親しみやすくなると思います。また自分好みの品種を把握できれば、レストランやワイン・ショップでワインを選ぶときにかなり選びやすくなることは間違いありません。
代表的なぶどう品種をご紹介します。

白ぶどう

・シャルドネ
フランス、ブルゴーニュ地方が原産地とされるこの品種からできるワインは、品種に由来する
香りは少なく、育まれた環境を表します。フランス、シャブリのような冷涼な土地では柑橘類を主体とした爽やかな香りを持つ、酸味が主体のワインが、アメリカ合衆国カリフォルニア州のような温暖な土地ではトロピカル・フルーツ様の香りを持つ、果実味が主体のワインができます。
・ソーヴィニヨン・ブラン
フランス、ボルドー地方が原産地とされるこの品種は、ハーブ様の爽やかな香りが特徴的な白ワインになります。

黒ぶどう

・ピノ・ノワール
フランス、ブルゴーニュ地方が原産地であるこの品種は、果皮が薄く色素含有量が多くないため濃い色のワインになることは稀で、輝きのある美しいルビー色を呈し、赤い果実の華やかな香りを放ちます。タンニンの量は多くなく、エレガントな酸味を備えた軽やかなワインになります。
23 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

日EUのEPAで“高級天然塩”の輸出入が活発化?食文化の交流に期待

今年2月、日本とEUの間のEPA協定が発効しました。ワインが安くなりましたが「天然塩」の関税も撤廃されました。岩塩、海水塩など欧州産高級天然塩の輸入が増えそうですが、海外で日本食が定着しているので、日本産の天然塩にも輸出拡大のチャンスです。
経済 |
本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本物のセレブのお金の使い方、気になりませんか?セレブと呼ばれるお金持ち層が一体どういったことにお金をかけ、どういったお金の使い方を避けるのか。実例を紹介しながら解説していきます。
米国ハイテク株の動向に注目

米国ハイテク株の動向に注目

サマーバケーションに入り世界の株価と為替相場が乱高下を繰り返しています。乱高下を繰り返しながら徐々に株安、ドル安に水準を切り下げる中、未だ強気派と弱気派の数は拮抗しているようにみえます。私達はどのように考えるべきなのでしょうか。
日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

日本伝統の井戸掘り技術「上総掘り」がアフリカの水問題を救う

国連も問題視する途上国の「水」問題の解決は「井戸」の建設に託されています。日本の伝統の井戸掘り技術「上総掘り」は、機械を使わないので途上国向き。アジアで、アフリカで、上総掘りで掘った井戸が現地の人たちの生活や社会を変えようとしています。
経済 |
20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

アメリカでは、20代、30代の若さで職業生活を早期リタイアし、働くことに縛られずに生きる「FIRE」のムーブメントが起きています。貯金があり支出を抑えれば「4%ルール」で生活していけるといいますが、彼らはどんな暮らし方をしているのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部