2018年7月26日 更新

外国人が好きな日本、世界遺産・文化・グルメを楽しむ夏の旅

富裕層を対象とした旅行会社「バーチュオーソ(Virtuoso)」の「ラグジュアリー旅行の報告書2018年版」によると、日本は、新しく注目を浴びている行きたい国の中で3位に選ばれています。では外国人はいったい日本のどんなところに惹かれるのでしょうか。外国人観光客用にアレンジされた夏向けの人気ツアーを参考にしながら、日本の夏の魅力を探ってみました。

外国人向けの日本の夏のツアー

夏の風物詩と言えば、花火に夏祭りですね。でも日本の夏にはまだまだ見逃せない見所がたくさんあります。グローバル的なツアー会社「トラファルガ」が主催する日本の夏のツアーの1つに東京から始まり富士山麓、飛騨高山、金沢、京都、広島を訪れ、大阪で終わる13日間のツアーがあります。東京、京都、大阪、広島は外国人の日本旅行では定番になっている観光スポットですが、富士山麓と飛騨高山は文化や自然だけでなく避暑地としての魅力があり、また金沢は外国人にあまり知られていない日本の文化がたくさん残っている所です。そこでこの3つのスポットに焦点を当てその魅力をご紹介します。

夏の涼を味わう富士山麓

富士山麓では、まず山中湖近くにある忍野八海(おしのはっかい)を訪れます。忍野八海は、富士山の伏流水が流れ込む湧水池で、富士山の世界遺産の構成資産に選ばれています。湧水池は全部で8つ。八海の名前はそこから付けられました。忍野八海では、透き通るような水が夏の涼を演出し、天気が良い日には池に富士山の姿が映ります。
■忍野八海
公式サイト:http://www.vill.oshino.yamanashi.jp/8lake.html


次は河口湖に移動し、そこから天上山まで「富士パノラマロープウェイ」通称「カチカチ山ロープウェイ」に乗ります。このカチカチ山は、誰もが子供のころに聞いたことのある民話「カチカチ山」のことで、天上山のことを意味します。ロープウェイから見える河口湖の雄大な風景は絶景そのもの!南側にはどかんと座った富士山が見えます。
■富士パノラマロープウェイ
公式サイト:https://www.mtfujiropeway.jp/

世界遺産と歴史の飛騨高山

飛騨高山では、白川郷と並んで世界遺産に登録されている五箇山を訪れます。冬の合掌造りはよく観光ポスターに使われますが、夏のグリーンに囲まれた合掌造りもまた違った味わいがあります。
■五箇山
公式サイト:http://gokayama-info.jp/

40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

10連休は四国1周ドライブ旅行に決まり!見所やグルメ紹介

10連休は四国1周ドライブ旅行に決まり!見所やグルメ紹介

今年の10日間のGWには、5泊もしくは6泊かけて四国1周を車で回ってみるのはどうでしょう。四国は海に囲まれていますが、内陸には険しい山岳地帯もあり、また歴史の長い建物もあります。見所の多い四国1周ドライブの旅。おすすめの観光スポットと各県の郷土料理をご紹介します。
GWはシドニー旅行がおすすめ!絶景や豪華クルーズ観光5選

GWはシドニー旅行がおすすめ!絶景や豪華クルーズ観光5選

世界3大美港の一つに数えられるオーストラリアのシドニー。日本がゴールデンウィークの5月、オーストラリアではイースターも終わり静かな時期を迎え、気候的にベストシーズンになります。今回は魅力いっぱいのシドニーの観光スポット5選をご紹介します。
富裕層が集う街ドバイでラグジュアリーな旅 おすすめ観光5選

富裕層が集う街ドバイでラグジュアリーな旅 おすすめ観光5選

ドバイは今や、ニューヨークや東京よりも訪れる人が多いと言われる、アラブ首長国連邦の最大都市です。亜熱帯に位置するドバイは、冬でも20度以上の温かい日が続きます。その中でもベストシーズンは遊泳ができるようになる3月。注目のドバイ観光の魅力に迫ります。
沖縄の海開きは3月!暖かい春におすすめ観光イベント5選

沖縄の海開きは3月!暖かい春におすすめ観光イベント5選

沖縄観光は夏のイメージがありますが、沖縄の3月は海をいち早く楽しめる「海開き」や「花のカーニバル」「イルミネーション」など、見どころが豊富です。気温が20度近く上がり、雨が比較的少ない春の季節だからこそ体験できる、沖縄のイベントを紹介します。
アンコールワット観光の魅力 トリップアドバイザーで2年連続1位

アンコールワット観光の魅力 トリップアドバイザーで2年連続1位

観光には気候的に2月がベストと言われるカンボジアの世界遺産「アンコールワット遺跡群」。トリップアドバイザーの「トラベラーズチョイス賞」で2017年と2018年、2年連続1位に輝きました。その人気がいったいどこにあるのか、アンコールワット遺跡群の魅力に迫ります。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

setsukoT setsukoT