2019年7月11日 更新

芸術家を支援するパトロンサービスとは?少額からクリエイターを応援できる!

音楽家や画家などに金銭的な援助や人脈をつなげる「パトロン」。富裕層の支援により成功をおさめた芸術家も多く、それが芸術文化を作ることにつながった歴史的背景もあります。現在では、歴史的なパトロンのようにお金持ちでなくてもクリエイター支援ができるサービスがあるのをご存知ですか?

gettyimages (41935)

2019.7.11

歴史に残る偉大なパトロンたち

gettyimages (41937)

美術館では、何世紀も昔の作品を見られます。図書館では、不屈の名作が読めます。数えきれない戦争や災害をかいくぐり、クリエイターと作品を守ったパトロンの存在があったからです。
もちろん、立派な動機を持ったパトロンばかりではなかったでしょう。権力のアピールや政治的陰謀が優先したケースは多いですが、それでも彼らのおかげで、この世に生まれて守られた作品があることは、まぎれもない事実なのです。
西洋のパトロンは、皇帝や教会、貴族や富裕層でした。例えばバロックと呼ばれる芸術や建築は、ルネッサンス期カトリック教会のバックアップがなければ発展しませんでした。
よく知られているのは、銀行家や政治家としてフィレンツェを支配した一族、メディチ家です。メディチ家が支援したのは、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ボッティチェリ、ミケランジェロ……何とも錚々たる面々ですね。
日本のパトロンは、朝廷や貴族、大名や富裕層。画家は、御用絵師やお抱え絵師と呼ばれていたようです。優れた刀鍛冶、彫刻、金工細工といった職人たちも、有力者に召し抱えられました。
近代では、フランス社交界で名を馳せた大富豪の薩摩治郎八があげられます。次郎八は、異国モンパルナスで活動する当時の日本人クリエイター(藤田藤二、高野三三男など)を支援しました。
また、セゾングループ(無印良品、パルコ、ロフト、その他)を一代で築いた堤清二も、自ら設立した美術館や劇場という「発表の場」を、数多くの現代クリエイターに提供しました。

今すぐ始められるパトロン系サービス

gettyimages (41940)

副業解禁や時短勤務といった働き方の多様化で、パラレルワーカーのクリエイターは増えています。彼らは創作とオフィスワークのどちらかに比重を置くのではなく、本業と趣味をはっきり分けるのでもありません。
必然的に、求められる支援のあり方も変化しています。身近な例は、ブログサービスやSNSで見かける投げ銭システム、Amazon欲しいものリストの公開でしょうか。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

幸せじゃないお金持ちも?それでもお金がなくて幸せはあり得ない理由

お金持ちは皆が皆、幸せな人ばかりでしょうか。幸せじゃないお金持ちは存在しないのでしょうか。このような素朴な疑問を持つ方も少なくないはずです。お金持ちは、基本お金持ち同士で付き合いますから、外には余計にその実態(精神面も含む)は見え難いのですね。
キャッシュレス決済の種類は3×3通り?メリット・デメリット比較

キャッシュレス決済の種類は3×3通り?メリット・デメリット比較

「最近キャッシュレス決済の種類が多くて、よく分からない。」このような方も少なくないでしょう。それでも、消費税増税に伴って、キャッシュレス決済でのポイント還元制度の発表などもあり、否が応でも気にせざるを得ませんね。キャッシュレス決済の種類と、その特徴を整理しました。
お金 |
お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

お金持ちの心の法則とは?思考パターンを身に着ける

「お金持ちの思考にはパターンがある。」これはある程度確かです。お金持ちになれる人に特有の思考回路、と言い換えても差し支えないでしょう。人生一度きり、1日24時間しか持ち時間がないことは、誰にも全く平等です。差を生み出すものこそ、思考パターンですね。
孤独が人を滅ぼす?

孤独が人を滅ぼす?

経済コラムニストの大江英樹氏は、著書「定年楽園」で、定年後の最大の不安は、孤独になること、と書かれています。 その本を初めて読んだ時、僕は老後を乗り切るのはやっぱりお金でしょ、なんて考えていたので、孤独?と多少疑問に思いました。
経済 |
【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

【3つの知恵】賢いお金の使い方を知りたければ富裕層を見習う?

富裕層のお金の使い方にこそ、誰もが参考にできる知恵が詰まっています。所得や資産が桁違いの富裕層のお金の使い方など、一般層にはとても参考にならないと思われがちですね。ところが、そのようなことは全くなく、日々のくらしに活かせることも少なくないのです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

白戸 春 白戸 春