2019年7月11日 更新

芸術家を支援するパトロンサービスとは?少額からクリエイターを応援できる!

音楽家や画家などに金銭的な援助や人脈をつなげる「パトロン」。富裕層の支援により成功をおさめた芸術家も多く、それが芸術文化を作ることにつながった歴史的背景もあります。現在では、歴史的なパトロンのようにお金持ちでなくてもクリエイター支援ができるサービスがあるのをご存知ですか?

gettyimages (41935)

2019.7.11

歴史に残る偉大なパトロンたち

gettyimages (41937)

美術館では、何世紀も昔の作品を見られます。図書館では、不屈の名作が読めます。数えきれない戦争や災害をかいくぐり、クリエイターと作品を守ったパトロンの存在があったからです。
もちろん、立派な動機を持ったパトロンばかりではなかったでしょう。権力のアピールや政治的陰謀が優先したケースは多いですが、それでも彼らのおかげで、この世に生まれて守られた作品があることは、まぎれもない事実なのです。
西洋のパトロンは、皇帝や教会、貴族や富裕層でした。例えばバロックと呼ばれる芸術や建築は、ルネッサンス期カトリック教会のバックアップがなければ発展しませんでした。
よく知られているのは、銀行家や政治家としてフィレンツェを支配した一族、メディチ家です。メディチ家が支援したのは、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ボッティチェリ、ミケランジェロ……何とも錚々たる面々ですね。
日本のパトロンは、朝廷や貴族、大名や富裕層。画家は、御用絵師やお抱え絵師と呼ばれていたようです。優れた刀鍛冶、彫刻、金工細工といった職人たちも、有力者に召し抱えられました。
近代では、フランス社交界で名を馳せた大富豪の薩摩治郎八があげられます。次郎八は、異国モンパルナスで活動する当時の日本人クリエイター(藤田藤二、高野三三男など)を支援しました。
また、セゾングループ(無印良品、パルコ、ロフト、その他)を一代で築いた堤清二も、自ら設立した美術館や劇場という「発表の場」を、数多くの現代クリエイターに提供しました。

今すぐ始められるパトロン系サービス

gettyimages (41940)

副業解禁や時短勤務といった働き方の多様化で、パラレルワーカーのクリエイターは増えています。彼らは創作とオフィスワークのどちらかに比重を置くのではなく、本業と趣味をはっきり分けるのでもありません。
必然的に、求められる支援のあり方も変化しています。身近な例は、ブログサービスやSNSで見かける投げ銭システム、Amazon欲しいものリストの公開でしょうか。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

お金持ち(上級国民)は法的にも有利なのか?

お金持ち(上級国民)は法的にも有利なのか?

日本には本当に「上級国民」と言える人がいて、法的に有利な扱いを受けているのか? 「上級国民」の実際について、多くの法的問題を取り扱ってきた弁護士の意見を聞いてみた。
お金 |
自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

自己投資は未来の自分のため!美容にかけるお金と時間は?

女性の「美」を追求すると果てしないのが今の現代です。 「美」と言ってもスキンケアからボディメンテナンスまで様々ですが、美意識が高い人は、美容に対して自己投資を惜しみません。 今、美容にお金や時間をかけておくことで、何歳になっても綺麗でいられるのではないかという自信にもなります。 しかし、間違った美容の自己投資や時間の使い方などをしている人も中にはいます。 この記事では、想像する未来の自分のために、今の美容への自己投資の方向性が本当に正しいかどうか、お金や時間の使い方なども解説していきます。
お金 |
原因は「脳の発作」 お金が貯まる体質に変わる方法

原因は「脳の発作」 お金が貯まる体質に変わる方法

日頃のストレスを買い物で発散したり、逆に無駄遣いをした記憶がないのに、なぜかお金がなかったり。お金にまつわる不思議な現象は、多くの人にとって心当たりがあるのではないでしょうか。 大嶋信頼著『「お金の不安」からいますぐ抜け出す方法』より、お金が貯まらないという体質を変えるための考え方をご紹介します。
お金 |
本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本当のセレブが避けるお金の使い方|実際はどう使う?

本物のセレブのお金の使い方、気になりませんか?セレブと呼ばれるお金持ち層が一体どういったことにお金をかけ、どういったお金の使い方を避けるのか。実例を紹介しながら解説していきます。
20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

20~30代で早期リタイアする“FIRE”族の暮らし方・人生観とは

アメリカでは、20代、30代の若さで職業生活を早期リタイアし、働くことに縛られずに生きる「FIRE」のムーブメントが起きています。貯金があり支出を抑えれば「4%ルール」で生活していけるといいますが、彼らはどんな暮らし方をしているのでしょうか?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

白戸 春 白戸 春