2018年2月7日 更新

三木谷浩史(楽天)、柳井正(ファーストリテイリング)の名言に富裕層となるヒントがある

貯金や株式といった資産の額から借金を引いたものを準金融資産といい、この準金融資産が1億円以上ある人たちが一般的に富裕層と言われています。日本の世帯数はおよそ6000万弱ほどあり、そのうち富裕層にあたるのはこのうちの約100万世帯になります。これをパーセンテージに直してみると全体の約1.6%になります。

gettyimages (10001)

2018.2.7

日本の富裕層は人口の1.6%。ここに入るのは至難の業?

thinkstock (10002)

こうしてパーセンテージを見てみると、ごくわずかに感じられ、自分には難しいと思う人も多いのではないでしょうか? しかし、そう思ってしまったら富裕層になる可能性はゼロになってしまいます。誰でも富裕層になれる可能性を秘めているのです。自分には難しいと思う人たちは、富裕層となる人の特徴を研究することから始めてみませんか。

富裕層となった人物の名言から得られるもの

①三木谷浩史(楽天株式会社 創業者・代表取締役会長兼社長)

Rakuten Announced As New F....

Rakuten Announced As New F.C Barcelona Global Partner

『大事なのは現実を直視すること。つまずいたら出直せばいい。そういうダイナミズムがなければ、この時代を生き抜いてはいけないと僕は思う』
仕事に対して理想を持つことはもちろん大事です。将来こうなりたい、あれがしたいとたくさん理想があることでしょう。しかし、理想だけ見ているのでは前に進みません。大きな理想を掲げた場合でも、目の前の現実を見つめて課題に分解し、小さな課題解決を積み重ねることが必要になります。三木谷氏は、こうも言っています。
『夢と現実は違うなどという皮肉に惑わされてはいけない。それは、夢を現実に変える努力を怠った人間の、苦し紛れの言い訳に過ぎない。』
三木谷氏にとって理想はすべて現実に変えるべきもの。エリート家系(父が神戸大学名誉教授、母が帰国子女のキャリアウーマン)に生まれ、幼少からリーダーシップ教育を受けたことでしょう。自己研鑽を怠らず、自分にも他人にも厳しいと言われる三木谷氏らしい言葉です。理想を持ったら自分事にすることが大事ですね。

②柳井正(ファーストリテイリング 代表取締役会長兼社長)

Fast Retailing Co. Chairman...

Fast Retailing Co. Chairman and CEO Tadashi Yanai Interview and Company's New Facility

『まず実行すること。そして実行しながら考えることです。実行してみて、計画と現実が違ったら、その時点でいかに早く対応するかが大事です』
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層が欠かさず行う3つの「習慣」

富裕層が欠かさず行う3つの「習慣」

私はこれまで約10年にわたるプライベートバンカーという仕事を通じて多くの「富裕層」と呼ばれる方々とお付き合いをさせていただいてきましたが、その中で確信した、ある共通の「習慣」があります。そこで今回は、富裕層が豊かな人生を引き寄せるためにやっている「3つの習慣」を紹介してみたいと思います。
ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

古代ローマ時代の富裕層が愛した「ワイン」と「閑暇」。 この奥の深いふたつのキーワードを体現したのが、「エノツーリズモ」といわれる観光です。世界各地にあるワイナリーは、豊かな自然に囲まれているという立地条件により、すでにそれだけで閑雅な閑暇を過ごすには絶好のシチュエーション。これを利用した観光業が、昨今のブームとなりつつあるのです。
イクメン投資コンサル大泉さん_お金持ち男子はみんな優しい#13

イクメン投資コンサル大泉さん_お金持ち男子はみんな優しい#13

矢島光さんは、「お金持ちになる」という志を立て、慶應義塾大学へ進学。卒業後はIT大手サイバーエージェントに就職し、その後、漫画家専業に就くという一風変わった経歴です。矢島さんが人生で出会った富裕層男子を描くゆるゆる連載、今回はお金とご縁が深そうな投資コンサルタントが登場です。
イタリア富裕層が電車の旅に回帰する理由は「パスタが美味しいから」

イタリア富裕層が電車の旅に回帰する理由は「パスタが美味しいから」

一時期廃れていたイタリア国鉄の「食堂車」が復活しました。カリスマシェフとの夢のコラボが実現し、時間とお金に余裕のある富裕層も電車の旅に戻りつつあります。
弁護士芸人の小竹さん_お金持ち男子はみんな優しい#12

弁護士芸人の小竹さん_お金持ち男子はみんな優しい#12

矢島光さんは、「お金持ちになる」という志を立て、慶應義塾大学へ進学。卒業後はIT大手サイバーエージェントに就職し、その後、漫画家専業に就くという一風変わった経歴です。矢島さんが人生で出会った富裕層男子を描くゆるゆる連載、今回はお金持ちじゃないけど、弁護士で芸人!番外編です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部