2018年2月7日 更新

三木谷浩史(楽天)、柳井正(ファーストリテイリング)の名言に富裕層となるヒントがある

貯金や株式といった資産の額から借金を引いたものを準金融資産といい、この準金融資産が1億円以上ある人たちが一般的に富裕層と言われています。日本の世帯数はおよそ6000万弱ほどあり、そのうち富裕層にあたるのはこのうちの約100万世帯になります。これをパーセンテージに直してみると全体の約1.6%になります。

失敗を防ぐためには確かに慎重に考えることも必要です。しかし、慎重になり、机上でいくら議論をしたところで、現実は何も変わらないし、何も始まらないのです。ビジネスシーンではスピードも重要になる場面がどんどん増えています。実行して仮に失敗したとしてもいくらでもやり直すことはできます。また同じ失敗でも早く失敗するほうが、早い段階でのちの自身の成長につなげる事ができるのではないでしょうか?失敗を恐れず、まずはやってみるという決断力と実行力が大切になります。そして、AI時代においては、型にはまらない思考こそが、人間の価値になっていきます。ひらめき・直感とは、幼い頃から培われた知識と思考と、未知の体験がクロスするときに瞬間的に訪れます。あなたの価値がそこに詰まっているのです。柳氏は、大変な読書家で知られています。膨大な知識と、ひらめきを現実にする力が備っているからこそ、一代で街の洋品店をグローバルカンパニーへと築き上げることができたのでしょう。

まとめ

gettyimages (10007)

成功している人物の名言を読み取ると、いくつか特徴が見えてきました。
・しっかりと現実を見て考える力
・やってみるという決断力と実行力
・人には負けないアイディアのひらめき・想像力
この特徴は三木谷浩史氏・柳井正氏だけでなく、他の成功した人物に多く見られる特徴です。富裕層となる人の特徴を知って、その思考をまねてみるところから始めましょう。理想を叶える道筋が見えてくるかもしれません。
佐々木 愛花(まなか)

佐々木 愛花(まなか)

子育てをしながらライターのお仕事をさせてもらっています!まだまだ新米ライターですが頑張ります。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層が欠かさず行う3つの「習慣」

富裕層が欠かさず行う3つの「習慣」

私はこれまで約10年にわたるプライベートバンカーという仕事を通じて多くの「富裕層」と呼ばれる方々とお付き合いをさせていただいてきましたが、その中で確信した、ある共通の「習慣」があります。そこで今回は、富裕層が豊かな人生を引き寄せるためにやっている「3つの習慣」を紹介してみたいと思います。
東大卒トレーナーの東_お金持ち男子はみんな優しい#10

東大卒トレーナーの東_お金持ち男子はみんな優しい#10

矢島光さんは、「お金持ちになる」という志を立て、慶應義塾大学へ進学。卒業後はIT大手サイバーエージェントに就職し、その後、漫画家専業に就くという一風変わった経歴です。矢島さんが人生で出会った富裕層男子を描くゆるゆる連載、とうとう社会人編に突入です! 
富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜リスク編〜

富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜リスク編〜

200年にも渡り世代を超えて大きな資産を守りながら増やしていく富裕層の資産運用術。その運用術には、勘に頼らないしっかりと裏付けがあります。学べば誰でも使える極意を数回に渡り読み解きます。今回はリスク編。
ニューヨーカーの心を動かす「47の言葉」!前向き名言集!

ニューヨーカーの心を動かす「47の言葉」!前向き名言集!

書籍の人気ジャンルのひとつでもある「格言・名言集」。ネット上にも格言をテーマにした「○○なときに心に響く格言集」などが非常に多い事からもその人気を伺い知ることができます。そんな中、ちょっと興味深い切り口の本があったので手に取ってみました。タイトルは『ニューヨークで学んだ「私を動かす」47の言葉』。
金男にモテるクリス_慶應BOY_お金持ち男子はみんな優しい#9

金男にモテるクリス_慶應BOY_お金持ち男子はみんな優しい#9

矢島光さんは、「お金持ちになる」という志を立て、慶應義塾大学へ進学。卒業後はIT大手サイバーエージェントに就職し、その後、漫画家専業に就くという一風変わった経歴です。人生で出会った富裕層男子を描く「慶應BOY」の章、今回はお金持ち男子に好かれる男子のお話。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部
お金の教養講座