2018年2月7日 更新

三木谷浩史(楽天)、柳井正(ファーストリテイリング)の名言に富裕層となるヒントがある

貯金や株式といった資産の額から借金を引いたものを準金融資産といい、この準金融資産が1億円以上ある人たちが一般的に富裕層と言われています。日本の世帯数はおよそ6000万弱ほどあり、そのうち富裕層にあたるのはこのうちの約100万世帯になります。これをパーセンテージに直してみると全体の約1.6%になります。

失敗を防ぐためには確かに慎重に考えることも必要です。しかし、慎重になり、机上でいくら議論をしたところで、現実は何も変わらないし、何も始まらないのです。ビジネスシーンではスピードも重要になる場面がどんどん増えています。実行して仮に失敗したとしてもいくらでもやり直すことはできます。また同じ失敗でも早く失敗するほうが、早い段階でのちの自身の成長につなげる事ができるのではないでしょうか?失敗を恐れず、まずはやってみるという決断力と実行力が大切になります。そして、AI時代においては、型にはまらない思考こそが、人間の価値になっていきます。ひらめき・直感とは、幼い頃から培われた知識と思考と、未知の体験がクロスするときに瞬間的に訪れます。あなたの価値がそこに詰まっているのです。柳氏は、大変な読書家で知られています。膨大な知識と、ひらめきを現実にする力が備っているからこそ、一代で街の洋品店をグローバルカンパニーへと築き上げることができたのでしょう。

まとめ

gettyimages (10007)

成功している人物の名言を読み取ると、いくつか特徴が見えてきました。
・しっかりと現実を見て考える力
・やってみるという決断力と実行力
・人には負けないアイディアのひらめき・想像力
この特徴は三木谷浩史氏・柳井正氏だけでなく、他の成功した人物に多く見られる特徴です。富裕層となる人の特徴を知って、その思考をまねてみるところから始めましょう。理想を叶える道筋が見えてくるかもしれません。

佐々木 愛花(まなか)

子育てをしながらライターのお仕事をさせてもらっています!まだまだ新米ライターですが頑張ります。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層が欠かさず行う3つの「習慣」

富裕層が欠かさず行う3つの「習慣」

私はこれまで約10年にわたるプライベートバンカーという仕事を通じて多くの「富裕層」と呼ばれる方々とお付き合いをさせていただいてきましたが、その中で確信した、ある共通の「習慣」があります。そこで今回は、富裕層が豊かな人生を引き寄せるためにやっている「3つの習慣」を紹介してみたいと思います。
富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜戦略と戦術編〜

富裕層から学ぶアセット・マネジメント〜戦略と戦術編〜

200年に渡り資産を築く富裕層はリスク管理を徹底していることを前回お伝えしました。今回は、この富裕層はどんな時もある戦術で資産を増やし守り続けることをお伝えします。
若くして富裕層になる人の共通点

若くして富裕層になる人の共通点

若くして富裕層になる人(ポテンシャル富裕層)には共通ルールがあります。それは、先輩や取引先からから圧倒的に可愛がられること。可愛がられながらドンドン成長して、若くして富裕層になっていきます。でも、残念ながら誰もが可愛がられるわけではありません。
富裕層の「すてきな3つの習慣」

富裕層の「すてきな3つの習慣」

改めて思いますが、富裕層にはできる人が多く、そうしたできる人の共通点は本当に多いです。 しかも、誰でも意識すればできる“意外に簡単なこと”であったりします。 だからこそ、皆さんにお伝えしたい「すてきな習慣」。ご紹介します。
富裕層のライフスタイルに共通する3つの特徴

富裕層のライフスタイルに共通する3つの特徴

一見して分かる派手な成金と違い、本物のお金持ちは何事も控えめだといわれます。たしかに私が親しくしている富裕層たちの見た目やライフスタイルは、拍子抜けするほど控えめです。しかし、なぜか3つの特徴だけは共通しています。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部