2019年4月9日 更新

バフェットの苦悩が映し出す米国株の割高感

伝説の投資家であるウォーレン・バフェットは現在、かつてないほどに投資に苦しんでいます。その内容というのは、バフェットがバークシャー・ハザウェイの株主に宛てている「株主への手紙」(手紙は1年に1度公表される)に示されています。

バフェットの「ネガティブ」な手紙

今年の手紙のなかには、「長期的な展望が見込める企業を買うには、今はその価格があまりにも高すぎる」「今後ずっと保有できる株式に余った資金を使いたいが、その展望は明るいとはいえない」といったネガティブな言葉が並んでいます。

これらの言葉が発せられた背景には、世界で膨張するマネーが企業の本来の価値を大幅に上回る水準にまでM&A価格を押し上げているということがあります。現実にバフェットは、2016年1月に航空・エネルギー向け金属部品製造のプレシジョン・キャストパーツを買収して以来、大型のM&Aをまったくしていません。

M&Aが困難になっている事情

みなさんもご存知のように、バフェットは割安に放置されている企業の株式に投資したり、M&Aをしたりして、バークシャーを世界でナンバーワンの投資企業に育てあげました。しかし、溢れたマネーによって多くの割安株の価格が高騰し、バフェットといえども3年にわたって大型のM&Aを実現するのが困難になっているのです。

そのような状況から、バフェットは2018年から自社株買いを実施していますが、その自社株買いは2019年も2020年も継続される見通しにあります。これは、米国株の先行きが決して安泰ではないことを暗示しているように思われます。

米国株式市場の関係者は楽観的だが…

ところが、米国の株式市場の関係者の多くはバフェットとは対照的に、楽観的な見通しのもとに行動しています。米中の貿易協議は決裂しないというのが絶対条件ではありますが、米国株は4月には再び高値を抜いて上昇し続けるという意見が大勢を占めているのです。

たしかに、FRBが金融引き締めを緩めたことによって、株式市場は再び安定を取り戻すことができました。しかし、FRBが金融引き締めを緩めたのは、それだけ景気の減速や後退への懸念が強いという事態を表していることを忘れてはならないでしょう。

(お知らせ)私のブログ『経済を読む』においては、経済や投資の大事な局面ではその流れを分析しているので、ぜひ参考にしてみてください。
http://blog.livedoor.jp/keizaiwoyomu/

7割以上がプラスの運用実績

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

なぜFRBは利下げに追い込まれつつあるのか

FRBのパウエル議長の基本的なスタンスは、FOMC後の記者会見のたびに述べられています。
常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

シェアリング・エコノミーは無駄を省き、限られた資源や空間を効率的に活用し、個人的、社会的利益を生む、と言う点では経済学の原点にもとづいたアイデアではないでしょうか。今回は常識を変えることで生まれた空間を利用した面白いシェアリングビジネスについて迫ります。
Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

Uberがお手本?高齢者ドライバーが送迎してくれる「ささえ合い交通」

高齢者ドライバーによる痛ましい死亡事故が起きて運転免許証の自主返納が話題になっていますが、京都府京丹後市には高齢者ドライバーが高齢者をマイカーに乗せて送迎する「ささえ合い交通」があります。電話で依頼でき現金払い可のアナログなUberです。
経済 |
FRBの利下げが景気を押し上げ、株価の高水準を延命する

FRBの利下げが景気を押し上げ、株価の高水準を延命する

FRBが2019年に入り利上げを停止したことで、実際に米国の景気は大きく下支えされています。現在も過去も不動産(とくに住宅)は景気拡大のエンジン役を果たしていますが、利上げの停止によって米国の長期金利はいっそう下がり、住宅ローン金利も下がったので、下降の傾向にあった住宅関連指標が総じて持ち直してきているのです。
タリフマンとイールドカーブの本質

タリフマンとイールドカーブの本質

自称タリフマン(関税の男)ことトランプ大統領の言動と米国のイールドカーブが逆イールドになったというニュースが繰り返され米国の景気後退という悲観論が台頭していますが本当でしょうか。記事に流されず冷静にきちんと分析する必要がありそうです。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部