2019年4月9日 更新

バフェットの苦悩が映し出す米国株の割高感

伝説の投資家であるウォーレン・バフェットは現在、かつてないほどに投資に苦しんでいます。その内容というのは、バフェットがバークシャー・ハザウェイの株主に宛てている「株主への手紙」(手紙は1年に1度公表される)に示されています。

バフェットの「ネガティブ」な手紙

今年の手紙のなかには、「長期的な展望が見込める企業を買うには、今はその価格があまりにも高すぎる」「今後ずっと保有できる株式に余った資金を使いたいが、その展望は明るいとはいえない」といったネガティブな言葉が並んでいます。

これらの言葉が発せられた背景には、世界で膨張するマネーが企業の本来の価値を大幅に上回る水準にまでM&A価格を押し上げているということがあります。現実にバフェットは、2016年1月に航空・エネルギー向け金属部品製造のプレシジョン・キャストパーツを買収して以来、大型のM&Aをまったくしていません。

M&Aが困難になっている事情

みなさんもご存知のように、バフェットは割安に放置されている企業の株式に投資したり、M&Aをしたりして、バークシャーを世界でナンバーワンの投資企業に育てあげました。しかし、溢れたマネーによって多くの割安株の価格が高騰し、バフェットといえども3年にわたって大型のM&Aを実現するのが困難になっているのです。

そのような状況から、バフェットは2018年から自社株買いを実施していますが、その自社株買いは2019年も2020年も継続される見通しにあります。これは、米国株の先行きが決して安泰ではないことを暗示しているように思われます。

米国株式市場の関係者は楽観的だが…

ところが、米国の株式市場の関係者の多くはバフェットとは対照的に、楽観的な見通しのもとに行動しています。米中の貿易協議は決裂しないというのが絶対条件ではありますが、米国株は4月には再び高値を抜いて上昇し続けるという意見が大勢を占めているのです。

たしかに、FRBが金融引き締めを緩めたことによって、株式市場は再び安定を取り戻すことができました。しかし、FRBが金融引き締めを緩めたのは、それだけ景気の減速や後退への懸念が強いという事態を表していることを忘れてはならないでしょう。

(お知らせ)私のブログ『経済を読む』においては、経済や投資の大事な局面ではその流れを分析しているので、ぜひ参考にしてみてください。
http://blog.livedoor.jp/keizaiwoyomu/

7割以上がプラスの運用実績

最新記事・限定情報はTwitterで配信中♪

2 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

不動産市場が低迷期に入る初期の兆候

近年、不動産投資がブームであったのは、地方銀行が金融緩和により溢れたマネーをリスク度外視で不動産投資を始める人々に融資してきたからです。
ゴールデンウィーク前に把握しておきたい3つの投資家目線

ゴールデンウィーク前に把握しておきたい3つの投資家目線

残すところ1週間でゴールデンウィークに突入しますね。長い人で10連休ということですが、その間の証券市場取引がほぼ停止することが投資家の間で話題になっています。巷では若干投資家を煽るようなレポートやコラムも見かけますが、ここでは事実にフォーカスしてGW前に把握しておくべき3つの目線をお伝えします。
観光型MaaSで観光地の交通革命|JTB、トヨタら企業の挑戦

観光型MaaSで観光地の交通革命|JTB、トヨタら企業の挑戦

「MaaS」への取り組みが日本でも本格的になってきました。本業に絡ませたユニークなMaaSを開発し新規事業に力を入れる企業が増えているなか、最近JTBもより効率的な観光の実現のため「観光型MaaS」を普及することを発表しました。
経済 |
2月の元FRB議長グリーンスパン氏のコメントに注目

2月の元FRB議長グリーンスパン氏のコメントに注目

3月20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で2019年の利上げ見通しが「ゼロ」となる見通しが示されました。市場の期待通りにFRBがハト派的な姿勢を示したにもかかわらず市場は落ち着きを見せていません。市場の不安定さの原因の一つが2月に報じられたグリーンスパン氏のコメントの中で見つけることができました。
今こそ投資家がすべき単純なこと

今こそ投資家がすべき単純なこと

3月4日〜8日の米国ダウ工業平均、S&P500、ナスダックの3指数が1週間で2%を超える下落となり昨年末から継続してきた楽観ムードが一転しました。久しぶりに投資家心理が冷え込んだかなぁと思いましたが、11日〜15日の1週間で前週の下げ幅を上回る上昇し悲観ムードは一転。ボーイング問題など悪材料をよそに年初来高値を更新し市場には再び楽観ムードに戻りました。このような楽観相場で改めて意識したい極上の名言をご紹介したいと思います。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部