2019年4月8日 更新

【書評】自分にしか出来ない仕事があり、他人に伝達可能な形にしていない人は生産性を下げている

工場などでは、仕事は人に見られているのも、技術も受け継ぐのも当たり前、一方でホワイトカラーではパソコンを覗くこともなく、伝授もされなくては生産性は上がらない。

gettyimages (35350)

すぐに成果を出せ!と言われたらどうするだろうか、教育など未来への投資をせず、結果の分かりやすい今のやり方で量を増やすだろう。そして残業時間が増え、派遣社員でも雇うかとなる。

仕事の総量が一切変わらないやり方だ。生産性を意識するとどうか。部下を教育し、生産性を高め、テクノロジーを導入し生産を高める。仕事の総量を減らして結果を出す。これが生産性を高めるということだ。

本書は元マッキンゼーで人事教育を行っていた著者による生産性に関する本だ。

また、生産性に関して日本の企業の人事教育も問題点だという。日本の人事教育は平均的社員のために行う。そのため伸び代があるトップパフォーマーの教育がなされないばかりか、トップパフォーマーが自分の力は出しきれていないことに気づき転職してしまう。

スポーツ選手に置き換えると、トップパフォーマーがいた場合は、すごいコーチをつけたり、色々な体験をさせるのが普通だが、何故だが会社ではトップパフォーマーは自分で学んでくれるだろうと期待してしまう。

さてさて、このような感じで、前半は生産性とは何かという話、後半は徐々に具体的になり、最後は資料の作り方、会議の進め方とどんどん具体的になっていく。発売してすぐ購入していたものの今更読み、こんな良書を放置していたかと後悔した。必要な情報を正確に取れていないなんてなんと生産性が低いことか。  


生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

HIU公式書評ブログ

堀江貴文イノベーション大学校(通称HIU)公式の書評ブログです。様々なHIUメンバーの書評を毎日更新中。 http://bookrev.horiemon.com
3 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

人生が変わるお金の秘密|幸せな人がしているお金の使い方

人生が変わるお金の秘密|幸せな人がしているお金の使い方

世の中には、いいお金とあまりよくないお金の二種類があるようです。自分が手にしたお金や出しているお金は、はたしてどちらであるといえるのでしょうか。 KenHonda著『一瞬で人生を変えるお金の秘密happy money』 より、過去を見つめ直してより良い未来に向かうHappy Moneyを作り出す考え方をご紹介します。
お金 |
【書評】USJは、世界最高のエンターテイメントを集めたセレクトショップ

【書評】USJは、世界最高のエンターテイメントを集めたセレクトショップ

USJはハリウッド映画のテーマパークとしてオープンし、当初は世界中のどのテーマパークよりも早く、来場者数1000万人を突破したそうだ。評者も、映画好きのため映画の世界を実体験したいと思い、オープン当初に足を運んだ。
なぜ働き、何を大切にするのか|元スターバックスCEOが教える働く理由

なぜ働き、何を大切にするのか|元スターバックスCEOが教える働く理由

昨今、働き方やスタイルに何かと注目が集まりがちです。しかし、自分が行なっているビジネスにはどんなミッションがあり、それを通じてどう生きていくのかといったことが置き去りになっているのかもしれません。 岩田松雄著『MISSION』 より、人は何のために働き、何を大切にすべきなのかという考え方をご紹介します。
思考を循環させていく

思考を循環させていく

自分の「我」や「未熟なこだわり」を捨て、結果を出している人のアドバイスを素直に聞いてそのまま行動する、これが「流される力」=信託思考です。より多くの人に流されることで、速く成長し、人生の成功を手にできます。泉正人著「流される力」より定期連載スタート。
【書評】すぐに役立つことは、すぐに役立たなくなる

【書評】すぐに役立つことは、すぐに役立たなくなる

一見無駄に思えることに面白さを見出だし、続けていくことにより一生の財産になる。本書は、一生の財産を養うための勉強法、また好きな分野、得意な分野をみつけて伸ばす。大人のための学習について提案している。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部