2019年6月6日 更新

タスク管理ツールで「今日やることだけに100%集中」する方法

「ライフハック」と呼ばれる仕事の効率化について連載しています。今回はToDoリストを使ってのタスク管理ツールを紹介します。タスクを「今日やることだけに集中」させ「明日でいいものは明日にやる」を毎日繰り返せば、毎日気持ちよく仕事ができるようになります。

2019.6.6

タスク管理における一日一箱という考え方

「一日一箱」という仕事術をご存じでしょうか?
ご存じない方にはとても申し訳ありません。これは私自身のビジネス書『一日一箱』(KADOKAWA)でくわしく説明した方法論なのです。
実は単純な方法論でして、
1.今日一日でやるつもりのタスクを一つのリストに洗い出して
2.それが終わるまで他のことには手をつけず
3.はみ出したものは翌日のリストに送る
というだけのやりかたです。
ひどく単純なやり方ですが、世の中一般の仕事術と少しだけ違うのは、「なるべく早く仕事をする」という発想を捨て、「明日がある」という逃げ道を常に用意しながらも、今日やることには集中するという最低ラインを「死守する」努力は怠らない点です。
もちろん、一日分のリストを作ったとしても「上司から仕事を改めて頼まれる」という「追加割り込み」は当然発生するでしょう。でもそこでもなるべく「明日でもいいですか?」といってみるくらいはおすすめしたいです。
つまり「今日やること」は「昨日より前に用意してあったもの」だけであるというのが理想的なのです。
特にフリーランスや、ある程度は締め切りを自分の裁量で決められる人には、このやり方を強くおすすめします。

おすすめのタスク管理ツール 

・todoist

これを実践するためのツールとしてTodoistを紹介しましょう。
これはよくあるタスク管理ツールですが、非常に高機能です。
階層をいくつでも作ることができ、プロジェクトもいくらでも用意することができ、プロジェクト自体を階層化することもでき、Googleカレンダーと同期までとることができます。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

サラリーマンでも経営者としてのキャリアが手に入る「事業承継婚活」とは

日本の企業の3分の2は後継者不在に悩んでいます。それを「娘婿=準同族」を探してきて解決しようとするのが「事業承継婚活」で、マッチングを手がける企業が現れています。独身で、経営者になりたい、起業したい男性にとっては選択肢の一つになりそうです。
常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

常識を覆す!自由な発想が生み出すシェアリングビジネス事例

シェアリング・エコノミーは無駄を省き、限られた資源や空間を効率的に活用し、個人的、社会的利益を生む、と言う点では経済学の原点にもとづいたアイデアではないでしょうか。今回は常識を変えることで生まれた空間を利用した面白いシェアリングビジネスについて迫ります。
会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

会社を休みたいのに休めない。心のメカニズムの真相を究明する

定時で帰るということがテーマになったドラマが話題になっています。しかし、会社を休みたいのに休めないという人は、まだまだ多くいるのではないでしょうか。 志村和久著『頑張りすぎるあなたのための 会社を休む練習』 より、「休めない」を解決するための考え方をご紹介します。
リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

リーダーシップを発揮するには?自分らしさの活かし方

近年、女性活躍推進の波に乗って管理職になることを会社から打診される女性が多いようです。しかし、土壌が整っていない現実に対して昇進に尻込みしてしまう女性が多いということもよく聞く話です。男女関係なく働く人にとってリーダーシップについては、常に悩まされる課題でしょう。 有冬典子著『リーダーシップに出会う瞬間』 より、自分固有のリーダーシップを作るための考え方をご紹介します。
仕事を抱え込む前に!2つの工夫でキャパシティを広げる

仕事を抱え込む前に!2つの工夫でキャパシティを広げる

仕事でミスが増えるのは、量、質ともに、キャパシティの限界が近づいているというサインです。気合でやり抜こうとしても、余計なトラブルを引き寄せるだけ。気負わず力まず、「傾聴」と「誰かに任せる技術」を心がけ、周囲の力を活用しましょう。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

佐々木 正悟 佐々木 正悟