2019年6月6日 更新

タスク管理ツールで「今日やることだけに100%集中」する方法

「ライフハック」と呼ばれる仕事の効率化について連載しています。今回はToDoリストを使ってのタスク管理ツールを紹介します。タスクを「今日やることだけに集中」させ「明日でいいものは明日にやる」を毎日繰り返せば、毎日気持ちよく仕事ができるようになります。

2019.6.6

タスク管理における一日一箱という考え方

「一日一箱」という仕事術をご存じでしょうか?
ご存じない方にはとても申し訳ありません。これは私自身のビジネス書『一日一箱』(KADOKAWA)でくわしく説明した方法論なのです。
実は単純な方法論でして、
1.今日一日でやるつもりのタスクを一つのリストに洗い出して
2.それが終わるまで他のことには手をつけず
3.はみ出したものは翌日のリストに送る
というだけのやりかたです。
ひどく単純なやり方ですが、世の中一般の仕事術と少しだけ違うのは、「なるべく早く仕事をする」という発想を捨て、「明日がある」という逃げ道を常に用意しながらも、今日やることには集中するという最低ラインを「死守する」努力は怠らない点です。
もちろん、一日分のリストを作ったとしても「上司から仕事を改めて頼まれる」という「追加割り込み」は当然発生するでしょう。でもそこでもなるべく「明日でもいいですか?」といってみるくらいはおすすめしたいです。
つまり「今日やること」は「昨日より前に用意してあったもの」だけであるというのが理想的なのです。
特にフリーランスや、ある程度は締め切りを自分の裁量で決められる人には、このやり方を強くおすすめします。

おすすめのタスク管理ツール 

・todoist

これを実践するためのツールとしてTodoistを紹介しましょう。
これはよくあるタスク管理ツールですが、非常に高機能です。
階層をいくつでも作ることができ、プロジェクトもいくらでも用意することができ、プロジェクト自体を階層化することもでき、Googleカレンダーと同期までとることができます。
33 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

「巻き込み力」はデキる人の必須条件!職場の完璧超人はもう時代遅れ?

かつて「仕事がデキる人」といえば、自分の仕事を一人でこなす「完璧超人」のようなイメージだったかと思います。しかし、最近は働き方の変化により、仕事がデキる人の定義が少しずつ変わってきているのです。 今回は今の時代にこそ必要とされる「仕事の巻き込み力」について紹介していきたいと思います。
良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

良い会議は「30分、少人数、資料は1枚」段取りとネクストステップが重要

『最高品質の会議術』を著した前田鎌利氏は会議の生産性をアップさせるためには、「30分以内に終える」「参加者は少人数に絞る」「主要資料は1枚だけ」「段取りに手間と時間をかける」「報告にネクストステップを加える」という5つのポイントがあるといいます。
Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

Evernoteを仕事で活用する方法|効率が上がる使いこなしのコツ

2010年頃には非常に話題となったデジタルノートEvernoteですが、価格改定があったり、Google keepなどの競合製品が話題になるなどして、いまでは下火になっているようにも思えます。今回は、Evernoteの使いこなしについてご紹介します。
仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事ができる人の特徴は?できない人にならないための注意点4つ

仕事をスピーディーかつ正確にこなす人には憧れるものです。そんな「仕事のできる人」にはいくつかの共通点があります。反対に、仕事ができない人にも特徴があるようです。それぞれの特徴を把握して、職場で意識して動くことで仕事のスキルアップができます。
アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

アウトプットで試されるリベラルアーツ力|企業が期待する教養

クリティカル・シンキングの力や国際性が重視されるビジネス環境となった今、リベラル・アーツ研修や講習に参加する社会人が増えています。リベラル・アーツの知識を深めることも大切ですがその知識をアウトプットする力が重要です。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

佐々木 正悟 佐々木 正悟