2018年10月4日 更新

好きなことで成功する!ハリーポッター作者に学ぶ夢の叶え方

世界中でベストセラーとなった「ハリー・ポッターシリーズ」の原作者J・K・ローリングは、貧困と不運にも負けず、才能と努力により大成功を収め億万長者になりました。成功の秘訣は何でしょうか?J・K・ローリングの人生の中にきっとヒントが見つかるはずです。

gettyimages (22568)

2018.10.4

好きなことを続ける

gettyimages (22558)

作家に限らず、何かで成功を収める人には「才能があるから」と理由をあげますが、「才能」とは何でしょうか。
「才能とは、情熱を持続させる能力のこと」 宮崎駿
「才能とは何かに目標を定めて、ずっと努力し続けられる力こそが才能の中核」 村上春樹
「才能とは、継続できる情熱である」 羽生善治
と、有名人が口を揃えるように、才能とは「好きなことの持続」です。
英国で航空機エンジニアの父と研究所の科学技術者の母との間に生まれたJ・K・ローリングは、幼い頃から本に囲まれて育ち、「本のために生きていた典型的な本の虫」と自身が語っているほど読書家で、将来は作家になりたいと思っていました。
彼女は6歳で初めて本を書き、11歳でハリー・ポッターシリーズに通ずる最初の小説「7つの呪われたダイヤモンドとその所有者たち」を書いています。彼女が通ったエクセター大学では、古典にはまり大学図書館で期限切れの罰金を受けるほどのめり込みましたが、その古典の知識が後に、ハリー・ポッターシリーズの呪文となるラテン語の作案につながっています。
このように才能とは、
「好きなことを見つけ、長続きさせ、 腕を磨き、それが才能になる」
ということに尽きます。

不幸な境遇に執着しない

成功する人は時間を大切にしますから、偶然訪れる不運や不幸な出来事に無駄な時間を費やしません。むしろ、不幸をチャンスに変える才能も持ち合わせています。
10年間多発性硬化症に苦しんだ母親が死亡し、バーで知り合った最初のポルトガル人夫との第一子は流産、その後夫の家庭内暴力で離婚と、絵に描いたような不幸な人生を送っています。しかし、子連れで失業中の時代を「自由な時間が沢山あり書くことに集中できた」と後に語っています。
この時期の彼女は、医者から「うつ病」と診断され自殺を図っています。この時の病気は、ハリー・ポッターシリーズで登場する魂を吸う怪物デメンターの誕生にインスピレーションを与えました。病気という経験でさえアイデアに変えてしまう、転んでもただでは起きないしぶとい強さが彼女には備わっているのかもしれません。「失敗は避けられないもの。それを力に変えること」と後に語っています。

富に執着しない

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

生まれながらの弱々しさが起業に役立った。<高橋晋平・おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表>

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部