2018年9月20日 更新

お金持ち経営者のマインドが育つトライアスロンの魅力とは

富裕層の趣味というと、乗馬やゴルフだけでなくトライアスロンが注目されていることをご存知ですか?ベネッセHD元会長兼社長である原田泳幸氏もトライアスリートとして日々トレーニングに精を出しているそうです。過酷なスポーツにあえて取り組む理由とは何でしょうか。

gettyimages (21589)

2018.9.20

魅力はどこ?富裕層に人気のトライアスロン

gettyimages (21621)

トライアスロンは、2000年のシドニー大会からオリンピックでも正式競技となっている、水泳(スイム)1.5㎞、バイク(自転車ロードレース)40㎞、長距離走(ラン)10㎞という3種目をこなすスポーツです。
国内外にたくさんの大会があり、多くの富裕層経営者も参加しています。30代から50代が中心ですが、70代の経営者や女性の参加者もいます。
消費するカロリーは、フルマラソンよりも少ないと言われてはいますが、過酷なレースであることに間違いはなく、「おもしろそうだから」という理由だけでは、簡単に始められるものではありません。
では、そんなトライアスロンに魅力を感じる富裕層が多いのはなぜなのでしょう。
経営者として成功するために必要なのは「明確な目標を持つこと」と言われています。目標があるからこそ、達成した時の満足感は大きなものになります。「だからといってトライアスロンに挑戦しなくても」と思ってしまいますが、そこがやはり富裕層経営者、考えることが違うのかもしれません。
トライアスロンの意義について、「到達不可能なくらいの目標にチャレンジすること」と表現した経営者がいたそうです。高いハードルを越えられたら、さらにハードルを高くする。その繰り返しを行うストイックなまでの姿勢こそが、経営にもトライアスロンにも共通するものなのでしょう。
また、日々の中で「意思決定をする」という場面にぶつかることの多い経営者たちは、かなりのプレッシャーの中で仕事をしているはずです。
頭を空っぽにする時間、トライアスロンはそれを作ることができる数少ない競技のひとつなのかもしれません。

富裕層がトライアスロンにかける費用は?

gettyimages (21624)

「トライアスロンはお金がかかるもの」というイメージから、挑戦を諦めてしまう人も多いと聞きます。本当にお金がかかるスポーツなのか、調べてみました。
マラソンとは違い、トライアスロンは3種目あります。その分、色々なアイテムが必要になります。ここでは、レースに参加する時に必要なものを中心にあげてみました。表示の価格は参考用です。もちろん、抑えることも、限りなくかけることもできます。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層と一般人の暮らし決定的な違いとは|衣食住別に紹介 

富裕層の暮らしと一般人の暮らしには、多くの相違点があります。これは行動の理由に違いがあるためですが、今回は衣食住でどんな違いがあるのかをみていきます。
富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層は休日でもダラダラしない?サザエさん症候群と無縁の過ごし方

富裕層の休日の過ごし方には、いくつか共通のスタイルが見られます。休日の終わりは、いわゆる「サザエさん症候群」に悩まされる一般ビジネスパーソンも少なくないですが、富裕層には無縁です。富裕層に近付きたければ、彼らの休日の過ごし方を真似るのも一手ですね。
富裕層が高級車に乗るのには理由がある 

富裕層が高級車に乗るのには理由がある 

富裕層はとかく高額なモノを所有しているイメージがありますが、高級車もそのひとつです。しかし富裕層が高級車に乗ることにも、それなりの理由があります。
お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちが子供の教育を投資と考える3つの理由

お金持ちほど子供の教育には力を注ぎ、投資だと看做す傾向が顕著です。また、高学歴の子供の親はお金持ちが多い、というのも昨今の市井では広く言われることですね。これはどうしてでしょうか。お金持ちの子供教育のベースにある価値観・考え方を知っておきましょう。
お金持ちは持ち物をこう選ぶ!選び方や特徴の共通点3つ 

お金持ちは持ち物をこう選ぶ!選び方や特徴の共通点3つ 

お金持ちが所有する物の選び方にはどんな特徴があるのでしょうか?お金持ちは持ち物に対してこだわりを持っている人が多く、それには「成功者ならではの共通の基準」がありました。その考え方を知り、あなたの習慣に取り入れてみませんか。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部