2018年4月19日 更新

米国中間選挙は貿易摩擦とドル安を引き起こすは本当なのか?

米国の中間選挙と言えば、「貿易摩擦」と「ドル安」というイメージがつきものです。でも、その背景については様々な理由があるとされていますが、今日はその背景をSTAGE風に読み解きます。

貿易黒字額が減少すると円安になる?

thinkstock (13300)

米国から見れば日本に対しても、「貿易黒字削減」と「ドル安円高」を要求していくるでしょう。しかし、これには教科書的には矛盾があることなんです。貿易黒字である日本企業は多くの外貨を保有しており、そのほとんどは、米ドルです。企業はその外貨を設備投資、社員への給料などの企業活動に使うため、ドルを売却して円を買うという両替をしなければなりません。そうなると、貿易黒字が拡大すればするほど円高(ドル安)になるわけです。
でも、トランプ政権はドル安&貿易黒字減少を言ってくるでしょう。でも、上記の説明の通り貿易黒字の減少は、ドル売りの減少とイコールなので両立が教科書的には難しいといえます。
このように分析をしていくと、世間で言われていること以外にも事実がありそうです。
・中間選挙におけるドル安は、長年に渡るドル安の影響だけかもしれない
・中間選挙における貿易摩擦の激化はパフォーマンスで実現したらそれはそれで米国大統領が困るかもしれない
・貿易黒字削減を日本に要求すると、結果ドル高が進み、米国企業に悪影響を与えるかもしれない
ただし、このような視点は一人一異なります。この私の視点が正しいとは限りません。だからこそ、このような視点を読者のみなさんにも独自で持っていただきたいと思います。ただ「貿易戦争だ、円高だと」ニュースに煽られないで、自分なりの米国中間選挙論を作り上げましょう。
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

アクティブ・ラーニングって具体的になに? 家庭で実践するコツは?

アクティブ・ラーニングって具体的になに? 家庭で実践するコツは?

アクティブ・ラーニングという言葉を耳にしたことはあるでしょうか。これは、生徒自らが能動的に学ぶことであり、教育現場では、学習者が能動的に学べるような授業を行ったり課題に取り組んだりすることを言います。典型的には、グループ・ディスカッションや体験学習、夏休みの自由研究などです。
ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

ワインを愛する富裕層のバカンススタイル「エノツーリズモ」

古代ローマ時代の富裕層が愛した「ワイン」と「閑暇」。 この奥の深いふたつのキーワードを体現したのが、「エノツーリズモ」といわれる観光です。世界各地にあるワイナリーは、豊かな自然に囲まれているという立地条件により、すでにそれだけで閑雅な閑暇を過ごすには絶好のシチュエーション。これを利用した観光業が、昨今のブームとなりつつあるのです。
ブロックチェーンやビットコインは世界をどう変えるのか 〜ミス・ビットコインが語る「未来のお金のつくり方」前編〜

ブロックチェーンやビットコインは世界をどう変えるのか 〜ミス・ビットコインが語る「未来のお金のつくり方」前編〜

「未来のお金のつくり方」をテーマとして2018年2月17日に開催された、「お金の教養フェスティバル」。そこで"ミス・ビットコイン"藤本真衣さんが1,000人を前に語った、ブロックチェーンやビットコインの未来とは。
エンジニア出身のホリエモンがIT起業家からも一目置かれる理由

エンジニア出身のホリエモンがIT起業家からも一目置かれる理由

堀江貴文氏を世に知らしめたのは2004年の仙台新球団参入失敗。 彼の生き方は注目を浴び、メルマガや動画チャンネルも登録者多数、彼のコメントも影響力があります。 実は起業当時、堀江氏はプログラマーだったのです。 あまり知られていないプログラマーとしての堀江貴文をまとめてみます。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

渋谷 豊 渋谷 豊