2018年11月2日 更新

富裕層が持つ「目標達成力」を高めるために身につけたい3つのこと

年頭に立てた目標を達成できずに終わる方は多いと思います。目標を達成するためには、強い信念が必要です。財産を築いた富豪はみな、それぞれが貫き通した信念があります。今回は富豪たちの信念について調べることで、大富豪に至る信念の持ち方を考えたいと思います。

gettyimages (24456)

2018.11.2

信念とは諦めない心

gettyimages (24453)

アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏は不動産で財産を築いたことで有名です。そんなトランプ氏は1990年、破産の危機に瀕していました。カジノの経営がうまくいかずに34億ドルもの負債を抱えたのです。当時を振り返り、トランプ氏は次のように語っています。
「ここで破産をして諦めるか、それとも挑戦を続けるのか」
この言葉で興味深いのは、挑戦を続けると表現していることです。このような窮地に立ちながらも、そこから抜け出すだけではなくさらなる前進を目指す言葉だからです。ここから、トランプ氏の単なる諦めない心以上の信念を感じさせます。
Amazonの創始者であるジェフ・ベゾス氏も同じように、「危険なのは進化しないこと」という言葉を発しています。

信念を貫くには柔軟性が必要

gettyimages (24460)

ジェフ・ベゾス氏がAmazonを黒字に転換させるまでの間、1兆円もの赤字を積み上げたのは有名な話です。しかしこれは単なる借金ではなく、投資家や株主からバッシングを受けながらも自ら大量投資を行った結果でした。
大量の商品を用意していつでも顧客に届けるためには、巨大な倉庫が必要と考え、倉庫こそAmazon最大の資産であると考えての投資でした。これは最高の顧客体験を実現しようという、強い信念のもとに行った行動です。自らを支える株主に背を向けてでも、顧客目線を貫く経営を続けたことで、今のAmazonを生み出しました。
このような強い信念を持ちながらもベゾス氏は熱心に勉強し、本を読んでさまざまな考え方を取り込んでいます。強い信念を貫くためには、自分自身が変わる必要もあることを知っているということです。今でこそベゾス氏は家族との時間を大切にし、“ワークライフハーモニー”(仕事と家庭の融合)を大事にしていますが、かつては激高しやすいタイプだったと語っています。ベゾス氏はこれを自覚し、怒りを抑えるための専属コーチを雇っていたとも言われます。
「Social Cohesion(ソーシャル・コヒージョン)に注意してください」
これもベゾス氏の言葉ですが、意味は慣れ合いや妥協はしないということです。周りの人間に迎合することなく、時には反発し合うこともいとわない点では、ビル・ゲイツ氏やスティーブ・ジョブズ氏と同じです。自分が信じる道を歩み続けるためには、時に周囲と対立することもあるでしょう。それを知っているからこそ、自分の感情をコントロールしようと思ったのではないでしょうか。自らの信念を貫くためには感情をコントロールすることの大切さを、ジェシー・リバモア氏も語っています。

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

<おもちゃクリエーター/株式会社ウサギ代表・高橋晋平> 生まれながらの弱々しさが起業に役立った。

累計335万個以上売り上げた玩具「∞(むげん)プチプチ」の生みの親であり、現在は株式会社ウサギ代表・おもちゃクリエイターの高橋晋平さん。一般的な起業家のイメージとは少し違うかもしれません。人生を楽しく、おもしろく生きていくコツはあるのでしょうか?
〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

〈はなわ〉大ブレイクの裏側に大物ミュージシャンとの共演が!そして佐賀への感謝

2003年、地元への愛と自虐を込めた歌『佐賀県』でブレイク。近年は柔道に奮闘する3兄弟を育てる姿もお茶の間で人気の芸人はなわさん。さらに妻の誕生日に贈った歌『お義父さん』をライブで披露した映像は感動を呼び、公開からわずか20日間で100万回再生を突破。ベストファーザー賞も受賞しました。世間の注目を集め、惹きつける「はなわ家族」を育んだ独特な子育て術とは?
元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

元「あいのり」のクロちゃんがお金のトレーニングジムに通い 始めた理由。NY で話題のファイナンスジムってなに?

「ファイナンスジム」って、あなたは知っていますか? NY では人気上昇中らしいのです。
〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

〈是永瞳〉ドラマ「ハゲタカ」出演中。『第1回ミス美しい20代コンテスト』初代グランプリの金銭感覚

ドラマ「ハゲタカ」などで活躍中の新進女優・是永瞳さん。オスカープロモーション主催の『第1回ミス美しい20代コンテスト』でグランプリを獲得し、芸能デビューを果たしました。10代で活動を始める芸能人が多いなかでは、スロースタートかもしれません。女優を志したきっかけや夢を聞きました。
〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

〈草刈民代〉キャリア35年のバレエを完全引退。女優道をまい進する彼女が見出した試行錯誤の人生とは…

8歳の頃にバレエを習い始め、10代半ばでプロの道へ。日本で最も歴史ある全国舞踊コンクールのバレエ部門で第1位になるなど、まさに日本を代表するバレリーナとなった草刈さん。1996年、映画『Shall weダンス?』のヒロインに抜擢されると女優としても有名に。日本中に空前の社交ダンスブームを巻き起こしました。その後もバレエ界の第一線で活躍したのちに43歳で引退。新たなキャリアを築き上げています。常に自分を追い込み、磨き続けてきた彼女の人生観とは一体?

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部