2018年11月29日 更新

富裕層が持つ「目標達成力」を高めるために身につけたい3つのこと

年頭に立てた目標を達成できずに終わる方は多いと思います。目標を達成するためには、強い信念が必要です。財産を築いた富裕層はみな、それぞれが貫き通した信念があります。今回は富裕層たちの信念について調べることで、大富豪に至る信念の持ち方を考えたいと思います。

gettyimages (24456)

2018.11.2

信念とは諦めない心

gettyimages (24453)

アメリカ大統領ドナルド・トランプ氏は不動産で財産を築いたことで有名です。そんなトランプ氏は1990年、破産の危機に瀕していました。カジノの経営がうまくいかずに34億ドルもの負債を抱えたのです。当時を振り返り、トランプ氏は次のように語っています。
「ここで破産をして諦めるか、それとも挑戦を続けるのか」
この言葉で興味深いのは、挑戦を続けると表現していることです。このような窮地に立ちながらも、そこから抜け出すだけではなくさらなる前進を目指す言葉だからです。ここから、トランプ氏の単なる諦めない心以上の信念を感じさせます。
Amazonの創始者であるジェフ・ベゾス氏も同じように、「危険なのは進化しないこと」という言葉を発しています。

信念を貫くには柔軟性が必要

gettyimages (24460)

ジェフ・ベゾス氏がAmazonを黒字に転換させるまでの間、1兆円もの赤字を積み上げたのは有名な話です。しかしこれは単なる借金ではなく、投資家や株主からバッシングを受けながらも自ら大量投資を行った結果でした。
大量の商品を用意していつでも顧客に届けるためには、巨大な倉庫が必要と考え、倉庫こそAmazon最大の資産であると考えての投資でした。これは最高の顧客体験を実現しようという、強い信念のもとに行った行動です。自らを支える株主に背を向けてでも、顧客目線を貫く経営を続けたことで、今のAmazonを生み出しました。
このような強い信念を持ちながらもベゾス氏は熱心に勉強し、本を読んでさまざまな考え方を取り込んでいます。強い信念を貫くためには、自分自身が変わる必要もあることを知っているということです。今でこそベゾス氏は家族との時間を大切にし、“ワークライフハーモニー”(仕事と家庭の融合)を大事にしていますが、かつては激高しやすいタイプだったと語っています。ベゾス氏はこれを自覚し、怒りを抑えるための専属コーチを雇っていたとも言われます。
「Social Cohesion(ソーシャル・コヒージョン)に注意してください」
これもベゾス氏の言葉ですが、意味は慣れ合いや妥協はしないということです。周りの人間に迎合することなく、時には反発し合うこともいとわない点では、ビル・ゲイツ氏やスティーブ・ジョブズ氏と同じです。自分が信じる道を歩み続けるためには、時に周囲と対立することもあるでしょう。それを知っているからこそ、自分の感情をコントロールしようと思ったのではないでしょうか。自らの信念を貫くためには感情をコントロールすることの大切さを、ジェシー・リバモア氏も語っています。

29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

幸せな生き方をする億万長者の習慣とは?成功の秘密にせまる

億万長者というと、自分とは関係がないような気がしてしまいます。さらに、幸せとは言い難い人生を送っている印象が強いものです。しかし、世の中には、知名度は高くなくても、幸せな生き方をしている億万長者もいるようです。 岡崎太郎著『億万長者のすごい習慣』 より、上品で素敵な人生を送る億万長者の習慣をご紹介します。
お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちは「節約」でなく「倹約」している!資産を増やす鉄則とは

お金持ちの多くが「倹約」を心掛けています。質素に生活するお金持ちが少なくないということは、広く知られるようになってきました。それでも、「節約」と「倹約」との違いはあまり知られていません。お金持ちが「倹約」によって資産を増やす心得を紹介します。
富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層の欲しいものは目に見えない?お金に糸目をつけない「3つのもの」とは

富裕層が欲しいものと聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。都心部の高級マンションやクルーザー、節税対策にもなる高級リゾートホテルの会員権でしょうか。ところが、実際の富裕層が欲しいものは、「目に見えないもの」が大半なのですね。一般層とは発想から異なっています。
富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

富裕層の趣味「乗馬」はどう始めればいい?ビジネススキル向上も期待

「馬術」はオリンピック競技ですが、貴族、上流階級のたしなみだった趣味の「乗馬」は、日本では各地にある乗馬クラブで入門できます。名門クラブもリーズナブルなクラブもありますが、乗馬それ自体、ビジネスリーダーに必要な素養を養える要素を持っています。
富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層はなぜ高級賃貸マンションに住むのか|気になる家賃や間取りは?

富裕層と言えば、高級住宅街に豪奢な一戸建てを建築して住まうのが、従来のステレオタイプ的イメージでしょうか。昨今の富裕層では、ビジネス面・プライベート面の利便性や、変化するライフスタイルへの対応に注目し、都心部の賃貸物件に住まうケースも少なくありません。

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

STAGE編集部 STAGE編集部